クラスペディアと木のベース

トレーダージョーズで買ったクラスペディアというキク科の花を、以前作った一輪挿しに入れてみました。

木のベースとの相性がいい!(そして久しぶりにインスタグラムのアップしました。)
クラスペディアってたまに見かけるのだけど、名前を覚えておけません。見た目と名前が不釣り合いな感じがするからかな。レジの若いお姉さんは、「かわいい〜!何このボールみたいのぉ!」って興奮してました。とってもかわいい女性で、1本差し上げたかった。笑

トレーダージョーズではマカロンも買ってみました。
ん〜。色合いは好きなんだけどなぁ。

リビングルームにバンブーシェイド

リビングルームにもバンブーシェイドをつけました。

ここには長いことイケアのカーテンを使っていたのですが、いつかは他の窓とお揃いのバンブーシェイドにしたいと思っていたんです。まったく急いでなかったのですが、最近新しい家を買った姉がバンブーシェイドを注文した際、希望のデザインのものが取り扱い終了してたなんて言うので、同じ家で異なったデザインのバンブーシェイドになることを避けるため、今の内に買っておくことにしました。これでバンブーシェイドを付けたいと思っていた窓の全てにバンブーシェイドが付きましたよ。

幅広の方の窓はマックス幅を超えていたので、2枚で作ってもらい、トータル3枚。
この窓はカルデサックの通りに面しているのですが、あえてバンブーシェイドの裏にライナーを付けませんでした。外から家を見る時にライナーが見えると、なんとも残念な外観になるんです。でもライナーを付けないと、写真のように家の中も外も透け透けなので、ただいまカーテンを吟味中。

今週末は息子のサッカーのトーナメントでサンバーナーディノへ。サンディエゴも30℃超えで暑かったですが、サンバーナーディノは42℃。土曜日の帰り道に「なんだかケムイね。」と言っていたら、山火事が起きてました。

消防車が来ていたので、火事が小さい内に消されているといいんだけど、、、と思いながら帰宅後ニュースを見てみたら、大きくなってしまった様子。今週末だけでも南カルフォルニアでは約30箇所で山火事が起きているそう。でもトーナメントは日曜日も続行だったので、それほど大事にはなっていないのだと思います。そう願いたい。

土曜日の帰り道はトレーダージョーズに寄って、先日友人宅で食べて気に入ったチーズをゲット。ピザ生地も買って、ダーリンが前夜の残りものの照り焼きチキンでピザを焼きました。サラダとサンフラワーシーズも乗せて、美味しかった〜。

薪ストーブとセメントタイルのお掃除(いまさらですが薪ストーブの設置費)

もう1ヶ月まえぐらい前のことですが、かわいいかわいい薪ストーブの大掃除をしました。
この間の冬はいつもより寒くて、薪ストーブを設置した初冬でしたが早速大活躍。最後に使ったのは4月の頭だったかな?

ドアのガラスがピカピカですが、シーズンちゅうは真っ黒こげで、ストーブ内の炎が見えないこともしばしば。Windex で取れないしつこい汚れはMr.Clean を使ってこすりまくりました。

ストーブ下にアシュトレーがあるので、灰を掃いてそのトレーに落とすのですが、灰が空気中に舞って大変なことになるので、ゆ〜っくりゆ〜っくり。これが面倒ったら。
煙突内を通っているパイプのお掃除はプロにお願いするのですが、2年に1度でいいと言われたので今年はパス。でも冬の最後にめいいっぱい薪を入れてアッツアツに焚くと、パイプ内が熱でお掃除されるそうです。

薪ストーブが置いてあるセメントタイルも汚れがあちこちに。まずは雑巾掛けをして、それでも取れない汚れは紙ヤスリでゴシゴシ。220以上の細かいヤスリ紙で円を描くようにヤスリるとすっきり綺麗になります。

上の写真はヤスリがけ後。そしてMiracle Sealants Company から出ている511という仕上げ材を塗り、タイルメンテナンス終了です。

薪ストーブにかかる費用を記録していたのに、設置完了した時にブログに記録するのを忘れてたので、いまさらですが 載せておきます。前もってネットで調べた平均費用は、日本が100万円。アメリカが7000ドルとなっていました。我が家は、、、

暖炉の撤去作業費: $300.00
薪ストーブ(Vermont Casting のEncore Flexburn): $2799.00
セメントタイル: $459.75
モルタル(シンセット): $18.41
壁の修復作業費: $250.00
暖炉の設置費: $600.00
設置にかかる材料(パイプなど): $1,630.91
—————————————
合計:$6,058.07

もともと暖炉があったので撤去作業費がかかっていますが、なければかかりません。その代わりに壁に穴を開ける作業費がかかると思うので、ケースバイケースですね。タイルは下手っぴながらも自分で敷いたのですが、壁の修復作業はやる気になれずプロを雇いました。それと薪ストーブはアメリカ製を選んだので、国内生産品でお手ごろ価格だと思います(それでも高いお買い物ですが)。ヨーロッパからの輸入薪ストーブを見ていた時期があったのですが、倍以上のお値段でした。ちなみにうちの薪ストーブは日本では輸入品になるので、やはり倍ぐらいしているようです。
それと州外のお店から買うと消費税を払わずに済むので、州外でさらには送料無料のお店を探しました。

薪ストーブは私が欲しくて取り付けたものですが、シーズン中はダーリンと息子の方が楽しんでた気がします。男性は薪を焚くことにロマンを感じるなんてどこかに書いてあったのですが、おかげで私はあまり薪運びをせずに済みましたよ。

トレーダージョーズのこのSliced French Brioche というパンが(↑)甘くて美味しい♪

ほうきの枝で手作りシンプルリース

リースを作りました。

Wreath_Handmade

究極なほどにシンプルなリースですが、木工旋盤で作ったツリーを付けて私らしさを。あとで玄関のドアに掛ける予定です。

ベースとなる輪っかは、トレーダージョーズで売っていたほうき(小枝)を解いて作りました。このほうきはシナモンの香り付きなので、ホリデー気分アップするんですよ。

TJ_CinnamonBroom

$3.95とかだったかな?デコレーション用なので実際のほうきとしての役は果たせないようです。残った分はまたまとめてくくって、デコレーションほうきに戻します。

CakeByMyGirl

ダーリンと末っ子で作ったケーキ。
甘すぎず、なかなか美味しかった♪
「ダディが手伝ってくれて作ったの。私が手伝ったんじゃないのよ。」だって。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...