Chevronサービングトレー 〜まな板チャレンジのつづき〜

一番下に、我が家の鯉のぼりの写真をアップしました。

Chevronまな板チャレンジ、しばらくガレージにほっぱらかしかと思いきや、思いもよらずほぼ完成です。

Chevron Serving Tray
*仕上げを塗ろうか悩み中。

周りにオレンジの木(名前ど忘れ)を入れたのは、前々回の記事に登場させた例のイタリア人木工おじさんのアイデアです。彼のイタリアンな提案に賛成していないのに、勝手に木を細くカットしてきて手渡され「ノー」といえず流されてしまいました。
幼いころから「やだ」「ノー」と言うことに全く障害を感じなかった私ですが、年のせいか人並みに情けが出てきたようです。笑

真四角にしたので(なってしまったので)、まな板ではなくサービングトレーということにします。先日Sushi Hut(アメリカの寿司デリ屋さんです)をお持ち帰りしたので、乗っけてみました。

Chevron Serving Tray
*Sushi Hut、美味しくなかったです。

ハイカラなChevronまな板になる予定が、イタリア人木工おじさんがオレンジの木を入れたせいで(?)、いかにも「木工おじさん」的な人が作りそうなアイテムに見えます。ま、たまにはこんなのも悪くないかな。気のせいか、ずれてしまったジグザグの一部が目に飛び込んでこなくなりました。

日本はこどもの日ですね。
最近子供たちが「お寿司食べた〜い。」と頻繁に言うので、先日上のお持ち帰り寿司を買ってしまったのですが、こどもの日まで待ってこのサービングトレーを登場させれば良かったと後悔。
サンディエゴはメキシコとの国境沿いのせいか、5月5日はメキシコのCinco de Mayo(シンコ・デ・マヨ)という祝日で賑やかです。
そんな中、我が家は負けずに日本の鯉のぼりを泳がせています。

両親が見たいだろうと思い、我が家の鯉のぼり写真を撮り追加しました。
賃貸暮らしでは出せるところが少なかったので、久しぶりに日の光を見る鯉のぼりです。

Koinobori for Japanese Kodomo no hi Celebration

まだまだ家の中が酷いので外に費やす時間がなく、写真は入居してから全く変わっていない玄関先です。後ろに写っているバラなんて、バラなのにまるで雑草のよう。

ポールを受ける金具が鯉のぼりのポールとサイズが合わないのでしっかり固定できず、紐がグルグル巻きになってますが、出すことができただけで満足。
風に泳いだ瞬間の写真を取りたかったのですが、そよ風程度しか吹いてくれないので豪快な泳ぎはなかなか見れなそうです。

Koinobori for Japanese Kodomo no hi Celebration

あとで検索したら、黒い真鯉が一番上にこなくてはいけないみたいでした。この虹色のはアメリカ人に「ここはゲイの家族ね。」なんて思われてしまいそう。笑

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。ブチュッとクリックおねがいします!

手作り木製トレーのフィニッシュ

去年のことですが、ブラックウォールナットで深めのトレーを作りました。
木工を始めて2作品目とかだったのでその時は何も思わなかったのですが、ちょっぴり知識が付いてきたせいか(?)ジョイント(角のつなぎ目)の隙間が気になる気になる。
木目がキレイなウォールナットをペンキで塗り潰してしまうのは悲しいので、隙間をウッドフィラーで埋め、角だけ白いペンキを塗るというフィニッシュにしてみました。

*「フィニッシュ」とは、家具や木工作品にヤスリをかけたりオイルを塗ったりする仕上げ作業のことです。

Handmade Wooden Tray

ちょっとモダンな感じに変身。

この後オイルを塗り込んだらブラックウォールナットの木目がさらに美しく浮き上がるはずなのですが、これは無垢のままでいいかな。

Handmade Wooden Tray

「ウレタンだけは塗った方がメンテナンスが楽かな。」なんてしつこくあれこれ繰り返し思うのだけど、裸っぽい感じのままがいいよね。

このトレーは、郵便物や子供達が持って帰ってくる物の一部保管所として作りました。日々忙しくて1週間ぐらい郵便物の整理が出来ないと、ダイニングテーブルに山ができるんです。ほとんどがジャンクメールやクーポン付き広告などですが、お買い得情報は見逃したくないので(主婦の基本!)、座ってゆっくり目を通すまでとっておきます。

Handmade Wooden Tray

ショッピングカタログや大きめ郵便物もすっきり収まるサイズで重宝しています。
もちろん写真は「山」をどかして撮ったので、本来の姿ではないです。笑

ペンキを塗るエリアを囲むのに使うペインターズテープですが、大学の先生おススメの3M ScotchBlue™ Painters Tape for Delicate Surfacesを買い、手持ちのテープ数種類と使い比べてみました。
インテリアのペンキ塗りや絵を描くのにマスキングとしてテープを使う人は経験があると思いますが、テープがきれいに剥がれなかったり、剥がれたはいいけど表面にダメージがあったり、さらにはテープとの境目部分のペンキが盛り上がってしまったり、ペンキを少し剥がしてしまったり・・・と問題あれこれ。
もちろんペンキの種類や技術で違いも出たりすると思いますが、このテープは問題を最小限に食い止めれる感じ。
他のブランドや3Mの他の商品に比べて50セントぐらい高いかもしれまんせんがおススメです!

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...