赤いナンタケットバングル 〜半失敗談〜

息子が運転免許を取得したので、夕方のサッカーの練習へ自分で行ってくれるようになり、母親業のスローダウンが始まりそうな予感の日々です。こんな日を待ち望んでいたのに寂しい。外の空気を吸いながらボーッとサッカーの練習をする姿を見るのが楽しかったな〜なんて。

さて。ナンタケットバングルの赤バージョンが作りたくなったので、材料の染めにチャレンジ。ネットで調べたところ、アメリカで出回っているRIT というブランドのダイ(染め粉/染め液)を使うように書いてありました。布用だと思います。でも木用のダイ(染め粉)しか手元になかったので、木用で染めて編み始めたのですが、、、

なんと、編みこんでいくうちに赤があちこちに滲みだしてきてしまいました。染めた後、クリアのウレタン塗装もしたのにぃ。編み終わってから滲んだ赤をヤスってきれいにできればいいのだけど、赤があちこちに残ってしまう可能性もあるので、残り半分を編むのが無駄な気もしてきています。
とは言え赤ってやっぱりカワイイな〜!紺や黒も作ってみたいです。

トレーダージョーズで上のクッキーを買ってみました。ドライブルーベリーのグニョッが楽しい食感。

Save

ナンタケットバスケット 〜1コめの経過〜

ゆーっくりですが、バスケットのモールド作りで紹介したモールド(型)を利用して、やっとバスケットを編み出すところまでたどり着きました。

NantucketBasket1

編み出す前に、バスケットの底になる部分も作りましたよ(↓)。

BasketBottoms

これは旋盤で木を丸くして溝を入れればいいだけの話しなのですが、手持ちのツールにこんなに細い溝を入れれるツールがありません。しょうがないので、2枚の木を間に隙間をあけて糊付けする方法で作りました。

まだ編み終わっていませんが、バスケットをモールドから取り外すと、中はこんな感じ(↓)。

NantucketBasket2
 
シェーカーボックス作りに似ていて、かなり気をつかうクラフトです。想像していたよりも難しくて、ビシッと綺麗に編めなく手こずってるのですが、まだ1個目なのでしょうがないかな。
ケーンを引っ張っていると手も痛くなるので、また気が向いたときに進めます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...