キッチンに憧れのファームハウスシンク

キッチン用のシンクを買いました。
永遠の憧れで終わるんじゃないかと思っていたほど、ながーいこと夢見たファームハウスシンクです。

Blancoというドイツの会社のシンクで、購入先はBuild.com 。商品へのリンクはこちら→
White Cerana 33″ Single Basin Farmhouse Style Fireclay Kitchen Sink

幅33インチ(84センチ)。大きくて深いんですよ〜!

ルクルーゼとマグカップを入れてみました。大きさが把握できるかな?

シンクが届いてから分かったのですが、手前のコーナーRと奥のコーナーRの大きさが違います。キッチンのスタイルに合わせて、好きな方の丸みを手前に持ってくるようにできているのだそうです。なるほど〜。我が家は奥の大きいコーナーRでいく予定。

このシンクは増築工事が始まって間もなくの11月頭にオーダーしたのですが、4週間後にやっと届いたと思ったらガシャンガシャンと音がするんです。箱を開けなくても粉々になっているのは明らかだったので、配達のお兄さんにそのまま持って帰ってもらいました。さらに待つこと4週間近く。今回は他の運送会社で無事に届けてくれました。重さ約400lbs(181キロ)。このシンクを乗せるキャビネットの設計に時間かかった〜。

キャビネットのスタイルですが、上の写真のように、シンク下にカーテンを付けるというのもファームハウスシンクらしくてカワイイのですが、やっぱり下の写真のようにドアを付けてすっきりしたのを目指すつもりです。

そして水栓はMoen製

家を買った頃、どのプラマー(水道屋さん)に聞いてもみんな「Moen!」というので、水道関係はできるだけMoenを選ぶようにしています。
普通のレバーも付いてますが、モーションセンサーも付いているのでACアダプター(右のオレンジの封筒)も買わなくてはいけませんでした。電池というオプションもあるのですが、いちいち電池を取り替えるなんてイヤですよねぇ。
左の小さな箱はエアギャップ。カリフォルニア州ではこれが義務付けられているらしく、エアギャップがないと最後のインスペクションにパスできないと。でもこれいらないし、格好悪いし、水栓の蛇口と同じフィニッシュのがなくてガッカリだし、、、。ネットを調べてみたら、インスペクションをパスしたあと取り外して、カウンターの穴をソープディスペンサーに利用するというアイデアを見つけました。よっぽど気に入らなかったらそうします。

さらにはGarbage Disposal(生ゴミ処理機)。

これってゴーゴーうるさい上に詰まったり壊れたりが多いし、回ってるときに誰かが手を入れて指がもげちゃったらなんていう考えがいつも頭にあるから付けないでも良かったのだけど、絶賛されている商品を見つけたので、それならばと買いました。
InSinkEratorです。とっても静かで壊れないそうですよ。

2〜3日前に何日も降り続いた雨が止み、やっと昨日材木屋さんへ行ってキッチンキャビネットの材料を買ってくることができました。月曜日から製作開始!

ナンタケットブレスレット

まだ完成の1歩手前なのですが、ここ数ヶ月作りたいと思っていたナンタケットブレスレットをやっと!

手がつりそうになりながらも頑張った甲斐ありました。早く暖かい季節、こないかな。

キャップをまだ糊付けしていないので中途半端な状態の写真(↑)ですが、次はキャップも自作してみたいので、糊付け前にサイズを測っておこうと思い、まだこの状態なのです。

ビーズ織り機でブレスレット作り

末っ子のクリスマスギフトのリクエストのひとつがビーズ織り機でした。長女もやってみたいというので2台買い、冬休み中は私が教えながらビーズ編みに初挑戦。

末っ子は織り機が届くまで待ちきれなくて、ブレスレットのデザイン画をいくつか描いてたのですが、そういうところ私にそっくり〜。そして本当にデザイン通りに編み上げて、出来上がった初めての作品がこちら(↓)。

私と同じでチミチミした作業が好きなようで、黙々と作ってました。でも長く作りすぎてしまって、彼女の手首にはぶかぶか。結果私にプレゼントしてくれました。

上は末っ子の手ですが、長女が編んだブレスレット。白とゴールドの腕時計に合うように作ったそうです。

木製ネックレス

アプリコットの木のバール杢を使って、ネックレスを作ってみました。

necklace_apricot

ティアドロップ型なので木工旋盤で。

necklace_apricot1

こんなに小さなものでも準備、作業、仕上げ塗り、そして最後は金具や紐を通したりと意外と時間がかかります。でもこういう過程があるからこそ、自分で作った物への愛情って大きいんだろうな〜。

ボウタイ付きオレンジの木の器

以前ラフターンしておいたオレンジの木を、少しずつ仕上げています。

orangetreebowl_bowtie1

これには小さなヒビにボウタイ(バタフライ)を入れました。全てのヒビにボウタイを入れるわけではないのですが、これは入れた方がいい雰囲気でした。

orangetreebowl_bowtie

天板などの平らな部分に入れるボウタイとは違い、器に入れるボウタイは毎回緊張します。これはきっと何百回やっても緊張するんだろうな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...