木口切りカッティングボード

今月は日本へ里帰り。端材を使って、友達に配るギフト用のまな板を作りました。

どれも小さめ。
これまで様々なサイズのまな板を作ってきましたが、自分で使ってみて思うのは、毎日使うまな板には小ぶりなものが一番!欲を言うならば、小ぶりまな板が2〜3枚ある状態がベストかな。さっさと料理してさっさと食べたい私の場合、途中でまな板を洗う羽目になるのが面倒なので、数枚あると手間が省けていいのです。お肉用、お魚用、野菜用と決めておければ尚いいです。

全てウォルナット。1枚を除いて、あとは木口切りにしました。英語で木口切りはEnd Grain と言います。小さな木口をいっぱい並べてできた柄が、箱にぎっちりつまったチョコレートのようで美味しそう。

先週出先で食べたもの。
Beard Papa’s のシュークリーム(↓)。韓国系カフェMochiでBeard Papa’s のシュークリームを扱っているというだけなので、プレーン味とチョコレート味だけしかなくてちょっとがっかり。抹茶味とか食べたかったんだけどなぁ。

友達とWholly Crapeブランチ(↓)。ただのバナナキャラメルクレープなのに、特別美味しかった〜。2時間居座ってもしゃべり足りなかったので、この後また他のカフェに移動(笑)。

メキシカンレストランのMiramar Fish and Tacos で、Octopus Taco(タコのタコス)!ここは家族で。

タコのタコスは初めて。プエルトバジャルタでも見かけなかったなぁ。お味はまぁまぁですが、何かが足りない。

ペーパーコードのスツール 〜ウォルナット&ホワイトオークで〜

2年前に実家の両親に作ったペーパーコードのスツールが、足に痛みがある父が立ち上がり易い高さなのだそう。で、ある日母と電話中に、「あと2〜3脚あったら家中に置いておけていいんだけどねぇ。」って。そんな事をさらっと言うんですよー。笑

と言うわけで、2〜3脚は無理だけど1脚製作中。(写真はドライフィットです。)
前回はスポルテッドのホワイトオークにブラックのペーパーコードで編んだのですが、今回はウォルナットとホワイトオークの組み合わせにナチュラル色のペーパーコード。

この木の組み合わせはReese’s のピーナツバターカップに見えますね。

ホワイトオークだけ、旋盤で丸くしてみました。

今回はドミノで作っています。8ミリのカッターを新しく購入しました。
明日組み立てて、明後日には座面の編みに入れるかな。

ウォルナットのテーブルスプーン

先日新しい方法で研いでみたフックナイフを使って作ったウォルナットのスプーンが完成。

上は器部分を削ったあとにバンドソーでスプーンの形に切ったところ。

チェリーの方は以前作ったテーブルスプーンで、もう1年ぐらい使っています。今回作ったウォルナットのスプーンもテーブルスプーンとして作ったのですが、器部分から持ち手への角度を変えて作りました。上の写真でスプーンの横顔の違いが分かると思います。
使いやすさや持ちやすさは実際に使って比べようと思っていますが、見た目はチェリーのスプーンの角度の方がいいな〜。

後ろ姿。

オイルを3コートほど塗って、洗って。
ダーリンにあげました。

ホワイトオークのラウンドペンダント

ずっと作ってみたかった丸のペンダント。ホワイトオークです。

ラウンドペンダント

チェーンが似合うかな。黒い紐の方がいいかな。好みですね。

これはウッドターナーのお決まりな形のペンダントみたいです。
旋盤でぽっくり膨らんだ丸を作ったら一度外し、中心をずらして設置し直したあと、今度は小さめの凹んだ丸を削ります。

ラウンドペンダント

2週間前の日食を見ながら、「あのペンダント、皆既日食みたい。」って思いました。膨らんだ丸が太陽で、凹んだ丸が月。次回作るときはEclipse(日食)ペンダントと呼べるよう、紐用の穴を開けないスタイルに挑戦してみようかと思います。

末っ子とお揃いペンダントを付けてセルフィー。

昨日、7月ごろに見つけたベトナム人経営の肉まん屋さんでタロイモまんを試しに買ってみたら、、、

オイシかった〜♪ 甘さがちょうどいぃ〜。

いまさらだけどタロイモと紫芋は違うのか?と思い検索したら、ベトナムにお住まいの日本人女性のブログを見つけたのですが、この2つのお芋は形状がまったく違うそうです。
彼女が作った紫芋のスープも、買わされてしまったから作ったタロイモのチップスもすっごく美味しそうなんですよ。

イングリッシュウォルナットの一輪挿し

先日アップした一輪挿しと同じイングリッシュウォルナットの木から、さらに一輪挿しができあがりました。

下のは英語でエンド・グレインと言って、年輪が旋盤を回す人に面するように設置して挽いたもの。

そしてこちらはロング・グレインと言って、できあがった時に木が立っていた状態(もしくは逆さまの状態)になるように設置して挽いたもの。

同じ木から作った一輪挿しでも、まったく違う表情になります。

木工を始めた頃から使っているBosch のオービタルサンダーに、フェスツールの掃除機のホース口がぴったりなことに気がつきました。

サンダーに付いてきたホコリ集めのケースみたいなのがあまり使い物にならなかったので、嬉しい発見。出るホコリを瞬時に吸い取ってくれるので、サンディングが快適になりましたよー。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...