カスタムサイズのバスケットモールド

バスケットのモールド(型)の注文が立て続けに入っています。
今回はバスケットの材料店であまり見かけない(?)7インチのラウンド(丸)の8.5インチ高。

分かってはいたけど大きいです。そして重い。
材料はチェリー。ところどころにバール杢のような木目があったので、一番多く入ってる部分をわざと一番上に持ってきてみました。型って使われていない時でも置いてあるだけで可愛いので、ちょっとユニークな木目が目についたらもっといいかな、なんて思ったので。

このモールドは近々自分用にも作りたいです。
ちょうど初夏に日系のヘアサロンでペラペラめくった雑誌に、ナンタケットバスケットではないのですが丸型で背が高めのバスケットが載っていて、「かわい〜!」と思い携帯で写真を撮っていたんですよ。

どれもバケツっぽい感じがキュートなのかも。

ラウンド型といえば、以前作った小さくて頭でっかちな木箱の丸具合がとっても気に入ってるので、こんな形のバスケットが編めるモールドも作りたい(写真下左)。

大きさは直径10インチぐらいで。

バスケットのモールドは 公に「作ります!」「売ります!」と宣言してないのですが、ちょくちょく連絡をいただきます。今まだ3〜4個待っていただいてるのがあるのと旅行を控えていることもあり、11月以降になりますが、カスタムサイズでご注文承ります。ご興味のある方はmotokosmithあっとhotmail.comまでどうぞ。

タッパーズバスケット完成!

タッパーズのバスケットが完成しました。

反省点はいっぱいあるけど、次回の課題にするということで、とにかくウレシ〜♪
やっと使える〜。

実はレザーハンドルを付けようと思ったら、ノブを2個しか注文しなかったことが発覚。ハンドル2つなら、ノブは4個必要ですよね。これが木工だったら、ドアを2枚付けるのに、ヒンジを2個しか準備していなかった、、、みたいなミスでしょうか。それぞれのドアにヒンジ1つで、ドアがゆらゆらしている様子を想像しておかしくなりました。笑

だからバスケットのあっち側のハンドルにはノブが付いていなくて本当の完成ではないのですが、バスケットの材料店さんってばすごく時間かかるんです。多分一生懸命頑張ってくれてるのだろうとは思うのだけど、ノブを注文してから既に数週間。ということで、我慢できずに「完成!」の記事を書いてしまうことにしました。
これからはノブも旋盤で作ろ〜っと。自作した方が待ち時間だけでなく、金額的にも優しいですしね。

上はガレージ工房の作業台より。
左側のモールド作りから始めて、長い道のりだった。

ポンポンのキーチェーンはJ.Crew のこれ。→ Faux Fur Pom Pom
ちょうどモールへお買物へ行こうと思っていた日の朝に、J.Crew から届いたメールでこのキーチェーンを見かけて一目惚れ。「これ、飛ぶように売れてるよ。」と店員さん。だって可愛いもんね。8月はバースデーでJ.Crewから$20のギフトカードをもらってたので、それを使いました。

さてもう9月。アメリカはLabor Day で3連休です。週末まったりして、来週辺りから木工作業の合間を使って、新しいバスケットに取り掛かりたいな。

ナンタケットバスケットのタッパーズ

ナンタケットバスケットのタッパーズというモールドを作ってあったので編み始めたのですが、カーブ部分がモールドに沿ってくれなくて四苦八苦中です。

とりあえず今日はゴムだけでなく、クランプでギュー(↑)っとしてみました。ステーブが上手に収まらず既にやり直しをしてるので、またやり直しと思うと気が遠くなる、、、。

上の写真は昨日ステーブをさし終わったところ。ステーブを押さえておくゴムがぴったりじゃないせいか(?)、今日写真を見直してみたらステーブがモールドから浮いてることに気がついたのだけど、これが失敗の始まりだったりするのかな?
、、、学ぶことがいっぱいです。

ナンタケットバスケット 〜1コ目のリム〜

1個目のナンタケットバスケットが編み上がりました。このバスケットの前回の記事はこちらから

次の作業はリムの取り付けです。

basket_rims

リムを上の写真のように数日間留めて形を記憶させます。まさにシェーカーボックスを作った大学のウッドベンディング(曲木)の授業で習った技術!このあと小さいピンのような釘をリムに打ってバスケットに取り付けるという手順です。

2つ作ったバスケットモールドの内、もう1つの方はまだ使っていないのですが、普段使いの小ぶりなバスケット製バッグが欲しいので、それ用のモールド(型)を作っています。

basketmold3

バッグにするのは円柱じゃないので旋盤でモールドを作ることができません。そこで希望の形のテンプレートを作り、そのテンプレートを使ってルーターで何枚ものプライウッドを同じ形にカットし糊付けしました。まだ半信半疑なモールドの製作方法なので、バスケット作りにどう影響するか定かじゃないのですが、とにかく挑戦。上の写真は底になる部分からサイドへのカーブをカンナで削っているところ。

w1000_h1000

上の写真は、去年歯医者さんの待合室でめくって見ていた雑誌の1ページ(雑誌名忘れました)。カワイくて釘付けになり、「こんなバスケットのコレクションがあったら、お出かけごとに選べて楽しいだろうな〜。」なんて思ったのが事の始まり〜。

バスケットの編み作業は、日々のスケジュール上、木工やウッドターニングで木屑だらけになりたくない日中や、息子のサッカーや陸上の練習の待ち時間潰しに材料を持って行って出来るのがいいです。木工は当たり前だけど、出先に機械を持っていて暇つぶしに作業するというお手軽さがないのが難なんですよね。

drivinglessons

とは言え、夏休み中に上の子供たち2人が仮免を取ったので、彼らが運転するようになる日も目と鼻の先(上はインストラクターとの初日のドライビングレッスンの写真)。免許を取ったら自分たちで出かけるようになると思うので、スポーツの待ち時間をバスケットの編み編み作業に活用するというプランは、あっという間に終わりそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...