カスタムサイズのバスケットモールド

バスケットのモールド(型)の注文が立て続けに入っています。
今回はバスケットの材料店であまり見かけない(?)7インチのラウンド(丸)の8.5インチ高。

分かってはいたけど大きいです。そして重い。
材料はチェリー。ところどころにバール杢のような木目があったので、一番多く入ってる部分をわざと一番上に持ってきてみました。型って使われていない時でも置いてあるだけで可愛いので、ちょっとユニークな木目が目についたらもっといいかな、なんて思ったので。

このモールドは近々自分用にも作りたいです。
ちょうど初夏に日系のヘアサロンでペラペラめくった雑誌に、ナンタケットバスケットではないのですが丸型で背が高めのバスケットが載っていて、「かわい〜!」と思い携帯で写真を撮っていたんですよ。

どれもバケツっぽい感じがキュートなのかも。

ラウンド型といえば、以前作った小さくて頭でっかちな木箱の丸具合がとっても気に入ってるので、こんな形のバスケットが編めるモールドも作りたい(写真下左)。

大きさは直径10インチぐらいで。

バスケットのモールドは 公に「作ります!」「売ります!」と宣言してないのですが、ちょくちょく連絡をいただきます。今まだ3〜4個待っていただいてるのがあるのと旅行を控えていることもあり、11月以降になりますが、カスタムサイズでご注文承ります。ご興味のある方はmotokosmithあっとhotmail.comまでどうぞ。

小さなオーバルバスケット用リムのモールド作り

末っ子がバスケットを編みたいというので、去年作った小さなオーバルのバスケットモールドで挑戦させてみました。私がざっくりステーブを刺して、末っ子は編む作業を。夏休み中だったのですが、ガレージで3時間ぐらい木工作業をして戻ってきたら、もう編み終わったというのでびっくり。もちろんステーブは流されまくって大変なことになっていたのですが、本人は「できた〜♪」と大喜び。「早く使いたいから、リム付けて〜!」と、耳にタコが出来るほど言われています。

上の写真の左側に写るリムのモールドが、去年本体のモールド(上の写真左後方)を作ったときに一緒に作ったリム・モールド。Lightship Baskets of Nantucket という本の(113ページの)説明通りに作ったリムのモールドなのですが、これを使って曲げたリムがバスケットにフィットしませんでした。この間タッパーズ用のリム・モールドを作った時は気をつけて作ったのに〜。材料と時間と労力の無駄をしてしまいました。あ、でもこの本、リム・モールドの作り方以外は正確で、説明も理解しやすいですよ。
写真の中央のリム・モールドが、やっと完成した正しいサイズのものです。これで末っ子に「まだ〜?」と言われなくて済みます。

モールド作りで使うテンプレートが増えつつあります(↑)。木工作業でもそうですが、同じものを繰り返し作る時のためにテンプレートを作るので、テンプレートは増える一方。

Delsからノブなどが届きました。

下はThe Basket Maker’s Catalogで注文したもの。

この材料店ではケーンの染め液をオーダーしがてら、ナチュラルと黒いケーンも買ってみました。どこのお店のケーンがベストかな?使い比べてみようと思います。ここのウェブサイトには、ビギナーには嬉しいバスケット情報がたくさんありますよ。

長女が「見かけたから」と言って買っておいてくれた私の好きなキャンディー。アメリカらしいパケージでしょ。
滅多に見かけないから数年に1回ぐらいしか食べないのですが、左側のMary Jane は、歯の健康に悪そうなぺーったりと歯にくっつくタイプです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...