木工で出る端材の活用法 〜バスケット編〜

手作りに材料の残りはつきものです。お裁縫で出る端切れのように、木工でも端材が山積みになります。去年の秋に薪ストーブを入れたので、どうしようもないほどの細かい端材は、燃やして暖をとるのに役立たせることができるようになったのがとても嬉しいです。

何かに使えそうだけど、なかなか出番がやってこないだろうな、というような中途半端な大きさの木材もたくさん残ります。 そんな端材がバスケット作りに役立つんですよ〜。
キッチンの造り付けベンチに使った端材では、ナンタケットバスケットの10インチオーバル型を作りました。

スプレー塗装中。
大きめの型は重くなりがちですが、軽い木なのでちょうど良かったです。

細長く残っている材はウッドステイブに。まだケーンステイブでしかバスケットを編んだことがないので、これでウッドステイブに初挑戦できます。

上はテーブルソーで大雑把にスライスしたウォルナット。
ウッドステイブは底の方を曲げなきゃいけないので、曲木の木を選ぶ時と同じように木目がまっすぐなものだけを使います。

その後ドラムサンダーにかけて均一の厚みに整えます。

ホワイトオークも細長いのがいっぱい残っていたので、ウッドステイブにしました。

ホワイトオークはいろんな形とサイズの端材がいっぱいあるので、新しく作った10インチオーバル型用にウッドベースも作りましたよ。

長女がタッパーズのバスケットが欲しいというので、ついでにチェリーのタッパーズ用ベースも(写真上左)。

こうして端材を役に立たせることができると、ガレージ工房も気分もスッキリです。

末っ子作の小さなナンタケットバスケット完成

サンディエゴは久しぶりに雨です。恵の雨ですが、風付きなのがイヤだな。

去年の夏休みの終わりに末っ子が編んだ、小さなオーバルのナンタケットバスケットが仕上がりました。

これ用に木のハンドルを作ったのですが、フライパンや鍋に入る短さなので、スチーマーは使わず、手っ取り早いフライパンで煮て曲げました。
曲木には木目がまっすぐなものを選ぶのが成功への第1歩(↓)。

メープルを曲げましたが、曲がらなかった時のことを考えてチェリーもいくつか用意しておきました。

ドラムサンダーに120番のヤスりを付けて厚さを整えたので、手でのヤスリは150から220番まで。どっちにしても濡らすと毛羽立つので、曲げて乾燥してからまたヤスる必要があります。

作ったハンドルの厚みは1/8インチ。3ミリちょっとです。長さが10インチ近くあるので、直径が足りるフライパンにお湯を沸かし、沸騰してからハンドル投入。10分強で曲がりました。あらかじめ作っておいたハンドル用のシェーパー(型)にクランプで留めるのですが、ハンドルが折れないように慎重に曲げます。

曲がりました。
2〜3時間してシェーパーから外すとスプリングバックで両端1インチほど広がりましたが、クランプで希望の幅まで両端を絞めて留めておいたら、数時間ですぼまりました。でもこれはあくまでも薄いからできたのだと思います。普通だったらスプリングバックを計算に入れて、シェーパーを作り直さないといけないと思います。

バスケットの仕上げのクリアコートには、お気に入りのDEFT を使いました。ウッドターナーの間で人気のスプレーラッカーなのですが、30分で乾いて重ね塗りができるし、とにかくとっても綺麗につきます。どこのブランドもSelf-Leveling(自ら均一の厚みに塗られる)フォーミュラで作られていますと書いてはあるのですがイマイチで、でもDEFTは本当にキレイですよ〜。私はサテンの光沢が一番好き。オススメです。

バスケットが出来上がりに近ずいて、ハンドルを付けるのに必要なノブとワッシャーがないことに気がつきました。ノブはメープルのスクラップを使って旋盤で自作しましたが、ワッシャーは買いに行かないと。なのでハンドルは今のところ仮止め状態です。

末っ子はお兄ちゃんのサッカーの試合で毎回退屈するので、これからはこのバスケットにレゴや小さなお人形を入れて持っていくのだそう。
少々編み目が荒いですが、10歳児には上出来なファーストナンタケットバスケットではないかと思います。

末っ子のバスケット用ノブを作ったついでに、Aさんに頼まれていたノブも作りました。思いがけないことに小さなスクラップが役に立ちます。

ナンタケットバスケットにチートリム/友人のバスケット作り

だいぶ前の話しなのですが、私のファーストナンタケットバスケットのリムをチーターリムに変えたくて、旋盤でメイプルのリムを作って取り替えました。

はじめに付けたリムは通常のラップするタイプで、その時の記事はこちら
チーターリムはトラディショナルじゃないから、チーター(騙し)リムと呼ばれてるんですね、きっと。旋盤で挽いたリムの溝にエポキシノリを垂らして、バスケットをぽこっとはめました。

今、同じエリアに住む友達のAさんがナンタケットバスケットに挑戦しています(↓)。写真は彼女のフェイスブックより借りました。

タッパーズです。私のタッパーズ完成品はこちら。実は10月後半に、私は2個目を編み終えています。日本の母にプレゼントしました。
Aさんは自宅でもう編み終えたとのことなので、来週ガレージ工房にてリム製作です。お喋りしながらやると何でも楽しい。

11月に京都へ行った時に清水寺の前の飴やさんで買った梅の飴。誰も食べないからテーブルに乗せてみたら、少しずつ食べてくれるようになりました。

タッパーズバスケット完成!

タッパーズのバスケットが完成しました。

反省点はいっぱいあるけど、次回の課題にするということで、とにかくウレシ〜♪
やっと使える〜。

実はレザーハンドルを付けようと思ったら、ノブを2個しか注文しなかったことが発覚。ハンドル2つなら、ノブは4個必要ですよね。これが木工だったら、ドアを2枚付けるのに、ヒンジを2個しか準備していなかった、、、みたいなミスでしょうか。それぞれのドアにヒンジ1つで、ドアがゆらゆらしている様子を想像しておかしくなりました。笑

だからバスケットのあっち側のハンドルにはノブが付いていなくて本当の完成ではないのですが、バスケットの材料店さんってばすごく時間かかるんです。多分一生懸命頑張ってくれてるのだろうとは思うのだけど、ノブを注文してから既に数週間。ということで、我慢できずに「完成!」の記事を書いてしまうことにしました。
これからはノブも旋盤で作ろ〜っと。自作した方が待ち時間だけでなく、金額的にも優しいですしね。

上はガレージ工房の作業台より。
左側のモールド作りから始めて、長い道のりだった。

ポンポンのキーチェーンはJ.Crew のこれ。→ Faux Fur Pom Pom
ちょうどモールへお買物へ行こうと思っていた日の朝に、J.Crew から届いたメールでこのキーチェーンを見かけて一目惚れ。「これ、飛ぶように売れてるよ。」と店員さん。だって可愛いもんね。8月はバースデーでJ.Crewから$20のギフトカードをもらってたので、それを使いました。

さてもう9月。アメリカはLabor Day で3連休です。週末まったりして、来週辺りから木工作業の合間を使って、新しいバスケットに取り掛かりたいな。

ナンタケットバスケットのタッパーズ

ナンタケットバスケットのタッパーズというモールドを作ってあったので編み始めたのですが、カーブ部分がモールドに沿ってくれなくて四苦八苦中です。

とりあえず今日はゴムだけでなく、クランプでギュー(↑)っとしてみました。ステーブが上手に収まらず既にやり直しをしてるので、またやり直しと思うと気が遠くなる、、、。

上の写真は昨日ステーブをさし終わったところ。ステーブを押さえておくゴムがぴったりじゃないせいか(?)、今日写真を見直してみたらステーブがモールドから浮いてることに気がついたのだけど、これが失敗の始まりだったりするのかな?
、、、学ぶことがいっぱいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...