生き返ったワイルドファイア

玄関前のワイルドファイア(バラ↓)。

増築の下水をつなげる際に邪魔になり、隣りにあったブラックマジックはサヨナラする羽目に。上の写真のワイルドファイアもダメージを受けたらしくボロボロになり、枯れちゃうんだろうな〜と思っていたのですが、2週間ほど前に新しい葉がつきだし、みるみるうちに元気を取り戻しました。雨のおかげかな?花もいくつか咲かせています。ウレシい〜!

上は今は亡きブラックマジックの写真で、以前の記事より。黒みがかった赤いバラって毒々しいけど好きだったんだよな〜。涙

今年の冬は寒いので薪ストーブが早速大活躍し嬉しいのですが、日中家に1人だけのときなどに薪ストーブを使うのはもったいないということで、この灯油ストーブをゲット。これも重宝しています。灯油は1ガロン2.5ドルぐらいで9〜12時間もつので、1日に1時間の使用で2週間近く。増築したスペースのフロアタイルが冷たいので、朝のキッチンにも大活躍です。

訂正:「灯油ストーブのキャパが2ガロンで、満タンにすると9〜12時間もつ」の間違いでした。

Save

突然現れたバラ

今春は玄関先のバラの真横に、見たことがないバラが咲きました。

rosa moyasii

かなりの量の花を咲かせて綺麗だったのですが、撮った写真(↑)は既に枯れだした時のもの。途中葉の裏にオレンジ色の粉がびっしりと付きだして、あっという間に黄色く枯れていきました。これはどうやらorange aecia(日本語ではサビ病かな?)という病気っぽいです。

このバラは植えていないので、なぜ突然咲き出したのか分からないのですが、Garden Answers Plant Identification というiPhoneアプリにバラの写真をアップロードしてみたところ、似たような花を咲かせる植物が8種類出てきました。その中から葉の特徴や説明が当てはまるのが3つ→Rosa Moyesii、Carolina Roses, Arkansas Rose、のどれかのようです。

BlackMagicRoses

上の写真は毎年楽しみにしているブラックマジックローズ。でも今春は去年の半分ぐらいしか咲きませんでした。突然咲いた上のバラの根っこがブラックマジックの根っこにギューギュー詰め状態で真横から出ているので、栄養を取られちゃったのかな?と思ったりしてます。

余談ですが、1年ぐらい前にどこかのお花屋さんからのEメールで、Craftsy の無料で見れるランドスケープのクラスのお知らせがありました。

Crafty_TransformYourGardenDesign

Transform Your Garden」というクラスで、最近になってやっと見たのですがとても良かったです。Rebecca Sweet さんという方が先生で、植物の色合い、テキスチャー、形、サイズなどの組み合わせ方をとても分かりやすく説明してくれています。
日々忙しいと、「無料」商品やサービスに対しても、それに時間を費やすことが高くつくような気がするのですが、これはコンピューターの前に1時間ちょっと座って聞く価値がありましたよ。学んだことをちゃんと使えるかと聞かれたら自信ないですが、ランドスケープ/ガーデニングに興味のある方にオススメです(英語です)。

今春のワイルドファイア

今年もワイルドファイア(バラ)が元気に咲いています。

WildFire1

第1弾(?)のバラたちはすでにほぼ咲ききっていて、枯れて落ちたか、落ちないのは切った状態。一部残りと、今は第2弾の蕾が少しずつ開きだしたところです。蕾を数えてみたら20コ以上あるので、近々もっと賑やかになりそうです。大した世話もしていないのに、去年より多く花がついてウレシい♬

WildFire2

過去記事を探してみたら、去年のアースデー(4月)にトレリスを設置していました。その時はこんなスカスカ状態(写真下↓)。

Roses_Trellis3

こうして成長を比べてみると、もっと愛着が湧いてきます。

WildFire3

庭、その後・・・/木の仕入れ

人並みに忙しく、目が回りそうな時期です。
夜はクタクタで何もできないので、工房へ行く前にブログをアップしておきます。

玄関前のバラがまた蕾をたくさん作っています。もう咲いてるのもいくつかありますよ。下はブラックマジック。

BlackMagic1

BlackMagic2

BlackMagic3

BlackMagic4

BlackMagic5

ブラックマジックほどではないですが、ワイルドファイアもカムバックしてくれてます。

WildFire1

クリーピングタイムは期待通りどんどんクリーピングしてくれて、DIYした下手っぴコンクリートステップの回りを囲ってくれてます。

CreepingThyme1

ハーブのタイムと同じで、いい香りがするんですよ。

CreepingThyme2

よーく見ると、小さな紫色の花が咲いてます。↓

CreepingThyme3

アリッサムは、ステップを歩くのが大変になるほど大きくなりました。

groundcover1

こんなに大きくなるとは思ってなかったのでステップの間に植えてしまったのですが、これではちょっと変なので、ステップ間にあった3つは横へ移動させました。

groundcover2

そしてそのうち2つはすぐダメになりました。がっかり。

さて話しはガレージ工房へ。
器用の木がなくなってきたので、また仕入れに行ってきました。

wood1

下はおおよそ40歳のオレンジの木です。

wood2

サンディエゴのバルボアパークの杉の木なども仕入れました。器にするのが楽しみです。

ケーニングレッスン2/新しいバラ

エルトンさんからケーニングの編み方を伝授してもらっています。初回レッスンはすでに編まれているケーニングをはめ込む方法でしたが、今回は1本1本手編みする方法。エルトンさんのクライアントであるアンティークショップから、練習用に古い椅子を借りてきました。

caningchair

ダニッシュコード編みに比べると、手への負担が軽くてラクチン・・・でも網目にとっても混乱します。気をつけていたのに、早速間違えて何列も解く羽目になりました。ケーニングは把握できるまで、ちょっと時間がかかりそうな予感です。

caningchair2

上は古いケーニング。中央に穴がボッコリでした。

先日届いたバラの根っこを埋めました。裏庭です。

NewRoses

長女と2人で穴を掘り出したのですが、土はかたいし、大きな石ころだらけだしで、6インチぐらい掘ってギブアップ。説明書に書いてある12インチまで、結局息子に掘ってもらいました。こんな質の悪い土でバラが育つか疑問ですが、もう埋めちゃったから手遅れ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...