サンクレメンテのショップ

とーっても素敵な日本人の方との出会いがあって、彼女に会いにサンクラメンテへ行ったのですが、その時に寄った近くのホームデコレーションのお店と、昨日の記事のアートを買ったビンテージショップをご紹介します。

まずはTuvaluというホームデコレーション(家具やインテリア雑貨など)のお店(↓)。

「海」と「ボーホー」なテイストを強く感じるお店で、どことなく雰囲気がSerena & Lily に似てるけど、Tuvaluはホームアクセサリーや本、ジュエリーなどの小物も扱っているし、あまりテーマにこだわり過ぎていない崩した感じが入りやすいかな。

アイキャンディなお店なので近所にあったらちょくちょく覗きに行っちゃいそうですが、私は滅多にお買い物する機会がなさそう。まさにSerena & Lily です(笑)。

でもこの自転車が可愛かった!

お値段1600ドル〜。

Tuvaluを見終わって駐車場に向かって歩いていたところで見つけたのがLa Casa Verde de Granada

「グラナダ通りの緑の家」という店名が付いているだけあって、お家なショップです。正式にはグラナダ通りではなく、住所はAvenida Granada (アヴェニダ グラナダ通り)となっていて、緑なのは外壁ではなくて窓枠など。

店内も家の造りで、ダイニング、ベッドルーム、キッチンに分かれていて、それぞれの部屋にふさわしい商品がぎーっしりと並べられています。

裏庭もガーデングッズがところ狭しと置かれていますよー。

裏庭の商品の量に驚いて、おもわず「雨の日はどうするんですか?」と聞いてしまいました。「急いでできるだけ店内に運んで、あとはビニールシートでかぶせるの。」だそうです。「でも去年の冬とか、サンディエゴは雨の日多かったですよ。」としつこい私。「サンクレメンテも雨多かったわよー。去年は大変だった〜。」と。

これは物置小屋?それとも離れかな?店名のVerde(緑)色です。私が買ったアートはここ(↓)にありました。

キャッシャーの女性はオーナーの娘さんで、奥で商品を入れ替えていた年配の男性(お父さん)がオーナーだそう。とてもフレンドリーで、後から気がついたのですが、閉店時間を大幅にはみ出していたのに、そんなことは一切言わずに長々と店内を見させてくれました。
バイヤーが8人いて、毎日次々とビンテージ品を仕入れてくるので、商品のターンオーバー(入れ替え)を早くさせるために値段を低く設定しているらしいです。私たちがいた間も他のお客さんたちがたんまりお買い物していたので、まさにターンオーバーが早い様子でした。
ランドリールームに飾ったアートの他に、末っ子にねだられてビーズのブレスレット($12)と、私もバングルブレスレット($8)を買いました。「絶対に掘り出し物が見つかるはず」と思うオススメのお店です!

ビンテージラグをタペストリーに&アートの移動

とーっても可愛い柄のビンテージ・キリムラグを見つけました。

DiningRoom_NewRug1

サイズが微妙なので、欲しいのに敷くスペースがなく悩んでいたところ、はっと思いついたのがタペストリーとして使うアイデア。ギャラリーウォールにしたいのに、なかなか好きな絵に出会えなくて足踏みしていたダイニングの大きな壁にいいかもと思ったのです。

DiningRoom_NewRug2

もっと大きなラグ(タペストリー)でも合いそうなほど大きな壁だけど、家が小さいのにここだけドドーンとしててもね。・・・という意味で、サイズ的にピッタリな気がします。

そして、上の壁にあったアートの一部は、先日付けたスコンスライトの横へ持っていきました(↓)。

DiningRoom1

なかなかシックリ。

ゴッホとカール・ラーションの絵は、暖炉の方へとりあえず移動。こちらは配置を考えてから写真を撮ってブログに書こうと思ってるのですが、今日(3月30日)はなぜか毎年必ず思い出すゴッホの誕生日なので、なんとなく「とりあえず」な写真でもアップしておきたかった。笑

LivingRoom_VanGogh

ゴッホの絵はプレゼントだったので悩んだのですが、フレームが気に入らなかったのでちょっと前に作り直したばかりでした。

Frame

Leckerlee 缶とビンテージティーポットの話し

今日はなんてことのない、「興奮したわりには、結果なし」みたいなクダらない記事です。

去年のホリデーシーズンに買いそびれて、今年こそは見逃さないようにとEニュースレターにも登録しておいたLeckerlee のクッキー。
Lebkuchen(レブクーヘン=ドイツのジンジャーブレッドクッキー)がどうしても食べたいとかいうんじゃなくて、缶が欲しいんです。ただそれだけ(笑)。日本では缶が目当てで何かを購入することを「缶買い」っていうんですよね?
そして10月の半ばごろ、「今年も時期がやってきました。11月に販売開始です!」なんてメールがLeckerlee から送られてきたので、久しぶりにウェブサイトを訪れてみたら・・・

leckerlee
*上のキャビネットの写真はLeckerlee のロケーションページより。

うゎー、やっぱり可愛い。このカラフル感がたまらないです。
そして棚にディスプレイされているティーポットたちもステキ。特に上から2段目の棚のグリーンの。シルバー&ブラックのコンビのもいい。
2年前にマイホームを買って引っ越してきたとき、従兄弟の結婚式でもらった素敵なブルーの南部鉄器ティーポットがないことに気が付き、探しても探しても出てこないので、諦めて新しいのを探そうと思っていたんだ。・・・という言い訳付きで、上の写真のようなビンテージ調ティーポット探しに火がつきました。
ラグやタイル探しとかと同じで、理想に近いもの探しが何ヶ月も何年も続くのかと思っていたら、偶然にも上の写真と全く同じグリーンのビンテージティーポットをeBay で発見。「有名ブランドが19◯◯年に出した◯◯」とか言うんじゃない限り、ビンテージで同じ物に出会う確率ってとっても低いですよね?
ちょっと悩んだのだけど、「誰かに買われちゃう前に!」と思ってやっぱり購入。悩むほどの値段でもなかったのですけどね。

vintage teapot

そして届きました。
・・・が残念なことに欠けてるんです。2カ所も。売り手さんは「完璧な状態です。」って言ってたのに。早速メールをしてみたら、「欠けてるの、気が付きませんでした。返金します。」ってすぐに対応してくれたのでホッとしました。
でもこのティーポット自体はやっぱり可愛いので、ガッカリです。
メーカー名は分かりませんが日本製。

ちなみに。未だにLeckerlee 買ってません。笑
1缶5枚のLebkuchen 入りで$30と高め(1枚あたり$6!)。その上送料もかかるので、1年に1缶ずつ集めていこうかしらとか思ってるところです。
赤い缶だけはWilliams Sonoma で扱っているそうですよ。

本「modern vintage style」

先日久しぶりに Anthoropologie へ行ったら、セールのラックに modern vintage style が!

Book: modern vintage style

いつか買いたいと思って、アマゾンのアカウントのSave for Later(日本のアマゾンでは「カートに保存した商品」)に長いこと入れてあった本です。
「間違ってセールラックに入っちゃったんだろうな。」と思いながらも値段をチェックしたら、定価$29.95に$9.95の札。がっつり掴みました!

Book: modern vintage style

Emily Chalmers さんというスタイリストが買いたインテリア本で、「好きな物をなんでもミックスしちゃいましょ」という何でもありを勧める方です。そうだよね、好きな物や色に囲まれるのが一番ハッピー。

Book: modern vintage style

壁一面の本棚(↓)、うちもプランしています。ちょっとタイプがちがうけど。

Book: modern vintage style

ピンクの屋根裏部屋(↓)。柱まで鮮やかなピンクがカワイイ♪

Book: modern vintage style

イギリスの国旗が(↑)。
ちょうどオリンピックの開会式を観ながらタイプしているところでした。
普段テレビはほとんど見ないけど、むこう2週間は釘付けになりそうです。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ビンテージ・リンカーン大統領のコロンボトルな置物

今年中学生になる息子が、リンカーン大統領のファンです。
オバマ大統領の話しをしていても、ワシントン大統領の話しをしていても、もしくはラッシュモア山の話しをしていても、
「どの大統領の話し?エイブラハム・リンカーンはね・・・」
とウンチクスイッチがオンになり語り出す息子。
小学校低学年の歴史の授業でリンカーン大統領のことを学んで以来すっかり虜になったらしく、ここ数年、私たちはリンカーン大統領ストーリーを幾度となく聞かされています。しかも学校の授業や図書館の本で新たなリンカーン情報をゲットすると、ウンチクが長くなるんです。熱心に語る姿は可愛いのですが、ちょっぴりウザイこともあるかな。笑

ただリンカーン大統領でもワシントン大統領でも、得意に語れることはおおいに応援したいのでリンカーングッズを探していたら、こんな物に出会いました。

Lincoln

1970年代にAVONから発売されていたリンカーン大統領型コロンボトルを、ピンクに塗りまくって置物に変身させたもの。またまたetsyでの買い物です。
こういうアイテムを英語ではUpcycle(アップサイクル)されたものと言います。

ファイアープレイスのタイル探し中記事を書いて以来ファイヤープレイスのプロジェクトは全く進んでいませんが、このリンカーンはいずれマントルの上に飾ろうかなと思っています。
玄関を入ると、ファイヤープレイスはすぐ目につく位置にあるので、これでお客さんが来るたびに「リンカーン!」となり、息子にリンカーンを語れる機会が増える狙いです。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...