キッチンキャビネットの本体インスタレーション

またプエルトバジャルタ旅行へ行ってました。写真をアップロードしたら旅行記を書きたいと思います。

さて。一昨日帰宅し、昨日はキッチンキャビネットのインスタレーションを頑張りました。

ファームハウスシンクは400パウンド(181キロ)。ダーリンと2人で持ち上げてキャビネットの上に乗せることはできたけど、その後数時間、腰がベロンベロンで怖かった。

「ファームハウスシンクを乗せるキャビネットは丈夫に作ってください。」と説明書に書いてあったので、普通0.75インチのプライウッドを両サイド1枚づつで組み立てるところ、4倍(写真上)にしてみました。ちょっとやりすぎた?と思うほど頑丈になりましたよ。

シンク早く使いたいな〜♪

ガスレンジの左側にも幅狭のキャビネットを(↑)。ここに入る引き出しは調味料用になる予定。

上の写真は、キャビネットの脚を入れたところ。
基本キャビネットはすっきりとしたユーロのスタイルが好きなのですが、ちょっぴり重みのある雰囲気を出したいな〜と思ったので、キャビネットとキャビネットの間にスペーサーで一定の隙間を確保し、そこへ脚を。本物の脚と違って家具の重みを支えているわけではないので、なんちゃって脚です。

リビングルームにファームハウスな棚

リビングルームの暖炉の上に棚を取り付けました。
古材を買ってきて作った、ちょっとファームハウス調な棚です。

LivingRoom_FarmHouseShelf

マントルピース上のデコレーションは天井が高いせいか(?)なかなか難しく、ずーっと悩んでいたのです。
ジャンボサイズの絵を買おうと思っていたのですが、本当に好きだと思える絵に出会えず。出会えたところで買えるのかっていう問題もあります。
そしたら先週、この画像を見てハッとしました(↓)。

Emily_Henderson_Target_Fall_Kitchen

右上の木の棚(↑)がイイ!(写真はこちらより。)
何がイイって、大きさや古材というインパクトのある材質が空っぽの壁を埋めてくれる感じがするし、棚だから、小物でちょくちょくアレンジできるのもイイ。さらには、いずれ暖炉を取り払ってストーブにするときにも対応できる。
というわけで、マネして似たような棚を作ってみました。なんとなく⭕️✖️ゲームがしたくなるデザインの棚です。

camera

上のカメラは父が若いころに使っていたもので、8月に一式もらって帰って来ました(↑)。古いカメラの形ってカワイイ♪

AfricanMan

こちらの像は成田空港で買いました。なんと1000円!タンザニア製なのですが、黒檀なのに1000円って!びっくりしました。違うサイズやポーズもあったので、いくつか買っておけば良かった・・・。

余談。
昨日の夜のサンディエゴの空はすっきりと雲のない空で、家の前から綺麗なスーパームーンをみることができました。

SuperMoon

望遠レンズが欲しいなー。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...