ドリルプレスのテーブル作り

可動式フェンスやクランプなど、便利な機能がついたドリルプレス用のテーブルを作りました。

DrillPressTable1

真ん中はドリルで穴だらけになるので、取り替えができる作り。

DrillPressTable2

何回か使って、早速穴ぼこ(↓)。

DrillPressTable3

ドリルプレスのテーブルは初めて作ったので、これから改善しなくちゃいけないところが出てきそうですが、とりあえずテーブルがなかったころに比べたら、とっても作業し易くなりました。

さよならパームツリー/憧れのコブルストーン

家を売りに出すことにしたお隣りさんが、キレイにして少しでもいい値段でスムーズに売却したいということで、あちこちの業者を雇いリモデルをしました。
そこで我が家との境界線にある中途半端なフェンスを直すということになったのですが、うちの巨大パームツリーの半分がお隣りさんの敷地内に入ってしまっていてフェンスの邪魔になるので、切り倒さないといけなくなりました。

sidewalk1

このサイドウォーク側はどんより汚くて、写真をブログに出すのが恥ずかしいですが、ビフォアということで。笑
大きくなってしまった問題のパームツリーは、我が家の1番目の家主が植えたらしいです。奥にある今にも倒れそうなボロ小屋は2番目の家主が建て、手前のサビサビ小屋は3番目の家主が買ってきて設置したと聞いています。ちなみに、パームツリーのメンテナンスを怠りボーボーにさせたのは4番目の家主(私たち)です。笑

珍しい種のパームツリーだと売れるそうですが、このパームツリーはフツーなので、お金を稼ぐどころか切り倒し作業に平均$1000ほど払う羽目になるというのを以前ネットで読んでいました。「うちが誰かを雇って切り倒すべきなのか、、、」と夫婦で話していた矢先、お隣りさんがあっさり手配してくれていました。嬉しいホッ。費用は大きいのと小さいパームツリーの2本で$1000だったそう。

outside2

切り倒しの作業ですが、ハシゴとチェインソーで木を上から少しずつ切り、上の写真の奥にある緑のトラックの後ろに投げ込み粉々にするという方法でした。$1000するからにはもっとハイテクな作業かと思っていました。

outside_1

上が切り倒された後。大きなパームツリーだったので、なくなってすっきりしました。
そしてフェンスがなかった部分にフェンスが足されました。

outside_3

上の写真が小さいパームツリーがあった位置。フェンスの向こうのお隣りさん側は、新しい木が数本埋まり、地面は砂利で埋め尽くしたようです。

と言うのはすでに2ヶ月前の話し。
こんなことや、デニスさんちのお庭をタイムリーに拝見したせいで、そろそろ家の外にも手をかけていきたいな〜なんて思うようになってきました。
フェンスの骨組みは両家の物らしいので、まずは我が家側にもフェンスを付けたい。
ランドスケープは、金銭的に無理そうだけどずーっと前から憧れているのはコブルストーンと呼ばれる石畳。時にベルギアンブロックペーバーとも呼ばれるオシャレな石。

かわいいワンコが立っているのが、そのコブルストーン。
私がインスタグラムでフォローしているsandrajuto さんのギャラリーに現れるコブルストーンの道並みが、それはそれは素敵なんです。

本物のコブルストーンは御影石で出来ているそう。こんなお店や、ヨーロッパのアンティークのコブルストーンを専門に扱うお店などもあるそうですが、人工的に作られたものでも素敵な雰囲気を醸し出すタイプはなかなか高いです。

しょうがないので、リーズナブルにできそうなサイドウォークのイメージをリサーチしてみた結果、こんな感じでコンクリートの周りに石をバラまくようなスタイルなら可能かなー(↓)。

sidewalk

Better Homes and Gardens のDo-It-Yourself Landscaping より。

もちろん私にバラとか育てられるわけがないので、上の写真のように賑やかにはなりませんが。夢が広がります・・・。

バラの格子フェンス

追記あり。

玄関前のバラの背が高くなり過ぎてダラーンとなってしまったので、今年の春に糸で引っぱり起こしたら葉っぱの表側が壁を向いてしまったので、葉の裏側を見るというなんとも情けない姿になっていました。
お花屋さんに勤めていた友人に相談したら、4〜6ヶ月後ぐらいにちゃんと太陽向き(表向き)の新しい葉が生えてくるから大丈夫。・・・とその通り。ここ数週間で新しい葉が咲きだしました。でもやっぱり糸が見苦しかったので、テキトーな格子を作り、糸は外しました。

trellis

1枚$3ぐらいのスギの木のフェンス材を3枚買ったので、材料費は$9。1インチ幅に切り、格子状にネイルガンで打って作ったのですが、気に入ろうか入らないか悩んでいるところ。気に入ることにしたら、ちゃんとネジで留めて頑丈にしたほうがいいかも。
デニスさんによると、スギ材は設置してから1年ほどでグレー色になってくれるようです。楽しみ。

Trellis2

全体的にワインレッド色だった新葉が、現在すこーしずつ緑色に変化中。

ちなみにこのバラを植えた前家主が、バラの根元に「ブラックマジック」という名前のタグを残しておいてくれました。検索してみたら、その名の通り黒っぽいバラを咲かせるバラで、USDA Zone は7aから10bまで。我が家は10a なのでブラックマジックの環境には合っているようですが、この家を買って早3年、黄色とピンクしか咲いていません。なぜだろ?

追記:

blackmagic

一番外側の花びらだけが黒っぽい赤のバラが咲きました。あまりに小さくて、つぼみを見逃してました。黄色とピンクのバラしか咲いてないと思った私の記憶はあてにならないですね〜。笑

先週末行われた、近所のエアショー。家の前からですが、ある程度は楽しめます。

MiramarAirshow4

MiramarAirshow1

MiramarAirshow2

10月はBreast Cancer Awareness Month (乳がん意識向上月間)。
下の写真はこの月間中のロゴとなるピンクリボン型です(一緒に見ていたお隣りのおばさんに言われて気が付きました)。女性の皆さん、今年の検査はお済みですか?

MiramarAirshow3

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...