プライウッドの端材収納ラック/蠍が出た

造り付け家具を作ると中途半端なプライウッドがたくさん残ります。いままでこれらを壁に立てかけておいたのですが、いろいろなサイズの物が何十枚にもなると在庫管理が難しくなるし掃除も面倒くさくなるので、収納ラックを作りました。

上の写真の赤いキャスターの付いた物が、今回作ったその収納です。
前部分にはアルミのチューブ(パイプ)を利用して、小さな端材も管理しやすくデザインしました。

アルミはハックソーで切ります(息子の手↑)。

本体に使ったプライウッドは、家具を作った時のマホガニーの残り。接合は端材の収納だからネジでいいかなと思ったのですが、なんとなく気になったので見えてしまう部分だけはドミノで繋ぎました。

キャスターは回転式でロック付き。1つに対して300パウンド(136キロ)までの重量を支えられるというのを買いました。ということは4つで1200パウンド。どのぐらいの重さになるか検討がつかなかったのですが、1200パウンド(544キロ)支えれれば大丈夫だよね?

収納の後ろの片側だけは、微妙に大きい端材を出っぱらせて収納できるよう、サイドをオープンにしておきました。

早速手持ちのプライウッドを入れてみたら、このオープン部分が役に立つ〜(↑)。

キャスター付きなので、必要あればサッと動かせる収納のできあがり!便利になりました。

小さなスコーピオン発見!
1年に1匹ぐらいの割合で家の中に現れます。スコーピオンって動きがスローなので、いつも死んでる?って思うのですが、生きています。ツンツンすると海老反りになります。
この家で初めて蠍を見つけた時は、私にとっては生まれて初めて生で見る蠍だったので怖くなり、ちょうどその翌日にあった子供の健康診断でドクターに相談しました。「万が一、家族の誰かが刺されたりでもしたら、救急へ連れて行った方がいいですよね?」と言う私に「連れて行きたいなら連れて行ってもいいけど、サンディエゴにデンジャラスなスコーピオンはいないから、大丈夫よ。あっはっは。」と笑われました。そんなものなのか。
裏がキャニオンなので、ガラガラ蛇も2回見ました。おっちょこちょいのガラガラ蛇が多いらしく、2回ともちょうど出かけるのに車を出したお隣りのおばさんに引かれてました。
ラクーン(たぬき)やウサギ、スカンクはちょくちょく見るのですが、去年の夏は生まれて初めてポッサムの親子(3匹のベビーを連れたママポッサム)を見ました。隣りのおじさんによるとポッサムは意地悪なので、ちょっかいを出すと仕返しされるからやめておいた方がいいということです。(意地悪じゃなくても、ちょっかい出したら仕返しされますよねぇ。笑)私はポッサムに限らずどの動物も怖いので、ちょっかいどころか一目散に逃げます。
コヨーテも現れるようですが、私には犬との区別がつきそうもないと思うので、教えてもらわないと分からないだろうな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...