ランドリールームの必需品

増築でランドリールームを建ててから、洗濯がとっても楽しくなりました。

キッチンの真横という動き易いロケーションで、窓からさんさんと太陽光が降り注ぎ、風通しがいいので吊るして乾かす洗濯物も、屋内なのにあっという間に乾きます。日々の仕事も環境が良くなると、こうも楽しく取り組めるものなんですね。

そんなランドリールームにいくつか必需品を購入しました。
まずは絶対取り付けると決めていた物干し竿。竿のスタイル、デザイン、値段には数ヶ月悩んだんですよー。結果、アメリカのThe New Clothesline Company というお店のLofti Laundry Drying Rack (ロフティ ランドリー・ドライング・ラック)を買いました。プリー式で、洗濯物を吊るす作業時には紐を緩めて降ろします。作業後は天井近くまで引っ張って上げます。設置が大変でしたが、使いやすいです!

同じ会社から、ほんの数カ月前まで木製のタイプも売られていたのですが、なぜか今は扱っていないようです。でもアルミ製の方が軽いし、メンテナンスが楽ちんなので、これを選んで正解でした。
その他の木製タイプではニュージーランドのGeorge and Willy という会社がこんな素敵なプリー式物干し竿を作っています。

クオリティ良さそうなのでお値段が張るのは当たり前なのですが、外国から買うとなると送料がイタイです。
イギリスのdevol というお店のLaundry Mail(写真下↓)もシンプルでいいですが、「プリー部分のハードウェアさえ買えば、自分で作れそう。」なんて思ったりもしました。

節約を考えて、Home Depot のこれにしようかとも、、、(↓)。
3-Rod Laundry Liftという商品で、3本の紐に分かれているタイプなのが使い易そうです。

物干し竿と共に鳥さんの洗濯バサミ(↓)も注文したのですが、可愛いだけで役立たずなので、これはおすすめできません。

さて次の必需品はランドリーバスケット。結婚してすぐに買ったラバメイドのランドリーバスケットが最近割れてしまったので新しいのを買いました。Oversized Seagrass Basketです。

west elm のサイトで見つけてデザインが気に入ったのでサイズを確認してお店へ買いに行ったのですが、「想像してるより小さかったら残念だな〜。」と思っていたら、想像よりもひと回り大きくて感動。どれぐらい大きいかって、10歳児が収まってしまうほど大きいんです。

お店へ行ったら「在庫にあるもの全て25%オフ!」のセール開催中で、さらにウレシくなりました。ムフフ。

次の必需品はゴミ箱。どんなゴミ箱を買おうかと考えている時にフッと目に付いたのが、以前無料でもらったマグネット付きの小さなコンテナのurbio。洗濯で出る糸くずや小さなゴミ、あとドライヤーシートなどをさっと入れるのに完璧です。

上のように使いやすいところに付けて使っているのですが、これは本当にグッドアイデアでした。

余談ですが、ガレージのランドリーでする洗濯物は、なぜか癖のある水の匂いがしていたんです。ランドリールームが出来て新しい洗濯機と乾燥機を買ったので、匂いの問題はなくなるだろうと期待していたのですが、まだ匂いがしました。匂いが染み付いてしまってる可能性もあるかなと思っていた矢先に、こんなサンプルをもらったので使ってみたら、、、

ほわーんといい香り。リネンクローゼットのタオルの引き出しを開けると、この香りが充満しててウレシくなります。1回使ったら次の4〜5回は使わなくても香りが維持できる様子なので、そんなに高くつかないはず(?)と思って、しばらく使ってみてます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...