ブレックファーストヌックのベンチにニトリのシートクッション

2週間ちょっと日本へ行ってました。
持って帰って来たものの一つが、ブレックファーストヌックのベンチ用シートクッション。

本当は小さめ座布団を買ってカバーを作るつもりでいたのだけど、小さめ座布団がどこにも売ってなかったのです。そんな時に見つけたニトリのシートクッション。740円と激安な上、色も気に入ったので買ってしまいました。

鉢植えを置いている部分を除いて、買って来た6枚のクッションがぴったり収まりました。これのせいでスーツケースがパンパンッでしたよー。

ちなみに、こういうクッションは手洗いができないものだと勝手に思い込んでいたのですが、できるんですね。

今日は散らかっている家中の掃除。途中、叔母にもらった茶の菓(京都限定お菓子)で一息つきました。ホワイトチョコのまろやか〜な甘みと抹茶クッキーの苦味のコンビがとってもオイシイんですよ。

ブレックファーストヌックに造り付けのベンチ

キッチンの窓側にブレックファーストヌック用スペースを確保してあるのですが、そこに壁から壁までの長いベンチを造り付けました。

収納があるベンチ(座面が上に開くタイプか、座面下が引き出しタイプ)も考えたのですが、ビジュアルな重さでスペースが窮屈に見えてくるのが嫌だったので、ブラケットに板を乗せるだけのシンプルなベンチに。これだと掃除機をかけるのも楽だし、バスケットなどを使ってベンチ下に収納の確保も可能!

ベンチを支えるのに使用したのは、ハードウェアや木工関係の便利道具を開発販売しているFastCap のSpeedBrace というブラケット(写真下)。2つで900パウンド(408キロぐらい)を支えてくれるのですが、この壁にある柱の全部にブラケットを取り付けたので、6コ使いました。

下の写真はブラケットのガイドになる棒を取り付けたところ。

ブラケットのコーナー部分がカットされている作りなので、壁に取り付けた棒の下部にブラケットを押し当てると全部のブラケットが均等の高さになって取り付け簡単だよ、ということみたいです。

ベンチの高さはダーリンと話しあって決めたのですが、2つあるコンセントの高さと同じだったので、ベンチの板に穴を開けてコンセントへのアクセスを確保。それとベンチの板の両サイドに2箇所づつヒビが入っていたので、「あ〜メンド〜!」と思いながらも後からヒビが進んでしまったら大変なので、バタフライ(ボウタイ)を入れました。ウォルナット製です。これから2〜3インチの厚みのベンチクッションを作るか買って敷く予定なので、あまり見られることがないバタフライになります。

そのうちブレックファーストヌック用のテーブルを作りたいと思ってますが、今は脚が折りたたみ式の簡易テーブルを使っています。壁際でホッとする上に日当たりが良くて、お茶やコーヒーをさっと入れれるキッチン内という便利な位置なので、心地よいスペースになって家族の皆んなが気に入ってくれてるのが何よりもウレシい♪
クッションやピロで飾ったら、また写真をアップします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...