キッチンドア 〜ペンキ塗りとドアノブ設置〜

キッチンドア(勝手口)の色の候補を3色に絞ってからダーリンに見せたら、クリーム系色がいいというのでこうなりました(↓)。

ドアのロックとハンドルのセットはKwikset という会社のAvalon という商品です。

このドアのある家の側面は眩しすぎるといっても過言ではないほどの太陽光で、2トーンぐらい濃い目のペンキにしないと実際の色より明るく見えるんです。それを念頭に入れて色選びしたのに、塗ってみたら予想以上に明るくて、まるでイエロー。
でももう塗っちゃったし、耐えられないほど気に入らないわけじゃないので「しばらくこれでいきましょう。」ということになりました。

少しずつ庭も作っていく予定なので、草花が加わったらドアの色もいい感じになるのでは?と期待してます。

ちなみにドアのロックとハンドルのセットは、同じものをエントランス(玄関)のドアにも。そしてドアノブのタイプを家の廊下からガレージへのドアに付けました。どれもスマートキーというシステムが付いているロックで、ロックスミス(ロックの匠)を呼ばなくても、自分で全てのドアのロックを同じ鍵に合わせられるという優れものなのです。

ペンキ塗りとベースモールディングの取り付け

増築スペース内のランドリールーム、クローゼット、キッチンのペンキ塗りとベースモールディングの作業を進めています。

ランドリールームもキッチンも造り付けのキャビネットが入るので、ペンキ塗りやベースモールディングを付けるのはキャビネットが入らない壁のみ。キャビネットが入る壁は全ての設置作業が終わってから、残っているスペースにベースモールディングを付けます。

ベースモールディングは前もってそれぞれのサイズにカットしペンキを塗っておきます。同時進行で壁のペンキを塗り、両方乾いたところでベースモールディングをエアコンプレッサーでバンバン付けます。ベースモールディングは付けてから塗る人も多いようですが、床や壁をカバーしなくちゃいけなくなるので、前もって塗っておいたほうが少し楽ができる気がします。
壁とベースモールディングの間にコーキングを入れ乾かした後、ベースモールディングと同じセミグロスのペンキでコーキングも塗ります。コーキングを塗らないと、ベースモールディングの上に乗る埃が取りづらくなるのです。

上はクローゼットの中。ハーフバスの面積が小さくなったのは、このクローゼットが欲しかったため。収納しやすいように棚を付ける予定です。

クローゼットのドアはペンキを塗るグレードのものですが、木のポケットドア(スライドドア)と同じくシェーカースタイルにしました。このドアの色は当分決まりそうにないので、とりあえず白に塗り、後で色が決まったら塗り直します。

上の写真はキッチンのテーブルとベンチを置くところ。ベンチも造り付けになるので窓の下の壁は塗らなくていいのに、ついつい勢いついて塗ってしまいました。

1週間ほど前にBosch(ボッシュ)のガスレンジとディッシュウォッシャーが配達され、まだまだ不便ながらもお料理ができるようになりました。マイホームを買ってからのこの5年間、前の家主が置いていった火力の低いレンジを使っていたので、新しいレンジでお湯が沸ける早さに驚いています。

増築内のハーフバス

増築内のハーフバス(トイレ)が使えるようになりました。
アメリカのバスルームはシャワーが付いているタイプがフルバスで、これは日本のバスルームと同じくトイレのみなので1/2バス(ハーフバス)と呼びます。

壁にタイルを付けたいと思っていたのですが、アイデアがまとまるのを待ってるといつまで経ってもトイレが使えないので、とりあえずペンキを塗ってベースモールディングを付けました。

窓は裏のキャニオンに面しているのでプライバシー問題はないのですが、近々バンブーのシェイドを付ける予定。
トイレは他2つのバスルームと同じくtotoのワンピース型。便座が丸いタイプ(Round)と長丸タイプ(Elongated)があるのですが、長丸タイプの方が確実に座り心地がいいので、このバスルームにも長丸タイプを。

シンク選びにいろいろ迷ったわりには、小さなバスルームで窮屈になるのが嫌だということになり、こちらの小さな小さなウォールマウントのコーナーシンクで落ち着きました。コーナーシンクもいろいろ出回っているようなのですが、一つ穴の蛇口用にできているコーナーシンクはオプションが少なかったです。蛇口はKohler のこれ。この蛇口、お水の流れ具合がサラ〜っと静かでとってもエレガントなんですよ。

増築工事が6週間を過ぎたときの記事にタイルを敷いてもらっている最中の画像を載せましたが、終わったあとのタイルをアップし忘れていました。ブラジル産の天然スレートタイルです。格好良くて気に入ってるのですが、冬はキーンと冷た〜い!

サンセットの光りが入ってきたところをパシャり。

これからトイレットペーパーホルダーやタオルハンガーを選んだり、ドアにロックを買ってインストールしたり、トイレットペーパーの収納を考えたり、、、と、たかがハーフバスでも考えることやることがたくさんです。

増築工事 〜6週間を終えて〜

増築工事が数日前に6週間を迎えました。3ヶ月の予定と言われていましたが、もう終盤。
とーっても順調で良かったのですが、最後の仕上げがあまり上手じゃない上、社長さんが1週間の休暇でいない間にマネージャーさんのコミュニケーション能力が下がり、勝手なことをされてドンヨリ気分、、、。はぁっ。

addition_exteriorpaint1

追加でお願いした家全体のエクステリアのペンキ塗りも終わりました。やっと念願のグリーン色の家にになりましたよ。
はじめは上の写真のように角もグリーンだったのですが、「角はトリムと同じ白にするともっと素敵になるよ。」とマネージャーさんと社長さんの両人が別々に勧めてきたので、そこまで言うならとお願いしたら、、、。

addition_exteriorpaint2

こうなりました(↑)。なんかわざとらしく見えるー!がんばったけどオシャレになれなかった家、みたいな。家の表側もこんな感じなんです。でもお願いしてしまったので、あとで自分たちで塗り直します。

addition_exteriorpaint3

ドアはスタッコと同じ明るい方のグリーンに塗る予定ですが、もう少し考えます。
ちなみに使用した色は、スタッコの明るいグリーンがSherwin Williams のDried Thyme。サイディングの濃いグリーンはBehr のNight Mission。グリーン系スウォッチを100枚ぐらいは見比べたのでグリーンに詳しくなったかと思いきや、最後の方はグリーンがよく分からなくなりました。笑

そして現在、床タイルをインストールしてもらっている真っ最中。この作業はわざわざビルダーさんを断り、以前バスルームで2回雇ったことのある会社に依頼しました。ここのタイル職人さんが素晴らしくいい仕事をするので大好きなのです。

addition_floortiles

タイルはあれこれ悩みましたが、最終的にArizona Tile で見つけたブラジル産のスレートタイルに。天然石はメンテナンスが頻繁に必要だと言われたのですが、タイル選びの過程で色々と探せば探すほどホの字になってしまったので、がんばってメンテナンスします。が!あまりテキスチャーが多くて深いものは日頃の掃除も大変な気がしたので、控えめなテキスチャーを選びました。
仕上がりはできるだけ深い色がいいので、エンハンスシーラーというシーラーを塗ってもらいます。楽しみ。

増築工事 〜3週間半を終えて〜

seaholly

増築工事の経過をもう少し頻繁に記録しておくつもりでいたのですが、トランプが当選したショックから立ち直れず(笑)、前回の記事からあっと言う間に10日以上過ぎてしまいました。(上の写真は近所のお花屋さんから買ってきたシーホリー。)

増築部分に窓とドアが入ったので、先週の木曜日にもともとあったキッチンの壁が取られました。

additioninprogress1

数日後にはフレームもなくなりましたよ。

additioninprogress2

もともとあったキッチンの天井はソフィットと言って通常よりも低く、うちの場合は7.5フィートの高さになっていたのですが、増築部分の8フィートに合わせるため、ソフィットが取り除かれ、新しい天井の骨が入りました。

additioninprogress3

外側の作業も着々と進んでいます。
下の写真の左側の窓は、デスクを置いてオフィススペースにしている部屋の窓の外側。

additioninprogress5

もともとあった窓の半分以下のサイズになったのですが、昨日ふっと外側を見に行ってみたら、まるでもともとこうだったかのようにスタッコのつぎはぎ作業も終わりキレイになっていました。同じサイズの右側の窓はトイレの窓です。

増築部分の外壁はサイディングになりますが、もともとの家の外壁はサイディングとスタッコが両方使われています。でも既存のサイディングが増築部分のサイディングとサイズが違うしボロボロだったので新調してもらうことにしました。さらに家全体のペンキ塗りも追加でお願いしました。今週末私たちに与えられた宿題は、ペンキの色を決めること。

additioninprogress4

ということで、グリーン系のスウォッチを数十枚もらってきた中から8色に絞った色のサンプルを買ってきました。サイディングのグリーンに濃いめを選んで、スタッコに明るめのグリーンを使おうというプランです。サンプルを塗る直前まで「多分これに決めるんだろうな。」と思っていた色があったのに、塗った途端によく分からなくなり振り出しに戻った気分です。早く決めないとー。

今週は気温が下がった上、増築部分の隙間から冷たい空気が入ってくるので、薪ストーブが大活躍しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...