ペーパーコードのスツール 〜ウォルナット&ホワイトオークで〜

2年前に実家の両親に作ったペーパーコードのスツールが、足に痛みがある父が立ち上がり易い高さなのだそう。で、ある日母と電話中に、「あと2〜3脚あったら家中に置いておけていいんだけどねぇ。」って。そんな事をさらっと言うんですよー。笑

と言うわけで、2〜3脚は無理だけど1脚製作中。(写真はドライフィットです。)
前回はスポルテッドのホワイトオークにブラックのペーパーコードで編んだのですが、今回はウォルナットとホワイトオークの組み合わせにナチュラル色のペーパーコード。

この木の組み合わせはReese’s のピーナツバターカップに見えますね。

ホワイトオークだけ、旋盤で丸くしてみました。

今回はドミノで作っています。8ミリのカッターを新しく購入しました。
明日組み立てて、明後日には座面の編みに入れるかな。

黒いペーパーコードのスツール 〜両親にプレゼント〜

座面がペーパーコードのスツールを作りました。
これに挑戦するのは2回目で、1脚目はこんな感じに仕上がっています
そして下の写真が今回のもの。

DanishCord_Stool

今回は実家の両親のために。・・・とは言っても、母が縫い物をしたり、つるし雛を作ったりする部屋で使うのがメインです。

stool1

スツールの木工作業部分は、サンディエゴで。前回のスツールも十分に頑丈にできたのですが見た目がちょっぴり華奢過ぎたので、今回は足を太めにしました。高さは母のリクエストに合わせて。
これを日本へ持って行き、日本のお店で黒いペーパーコードを注文して編んだのですが、編み終わってから間違えを1箇所発見(涙)!上下を繰り返して編まなくちゃいけないのに、上を2回繰り返してしまったところがあります。はぁ。

stool2

1脚目と同じく、スポルテッドのオークを使っています。黒い線がキレイ〜。
残りの材であともう1脚作れるかどうか微妙ですが、作れたら、3脚目は丸足にしようと思っています。

ペーパーコードのスツール

小さいですが、久しぶりに家具を作りました。

DanishCordStool1

座面がペーパーコードのスツールです。前々からペーパーコード編みに挑戦してみたかったのです。
ペーパーコードは、アメリカではダニッシュコードと呼びます。有名なウェグナーの椅子の座面にも多いですが、もともとデンマークからやってきたものなので「ダニッシュ」コードみたいですよ。

DanishCordStool5

リサーチをし、サンプルの棒にコードを何度も巻いてみたりと色々試してから本番に取り掛かったのですが、それでも初めてなので反省点がいくつか。
それと、手への負担を甘く考えていました。皮の手袋を用意しなかったので、途中ガーデニング用の手袋でやってみましたが思うようにいかず、やはり素手で。半分を過ぎたころから本格的に痛くなり、何度も休みながら編みました。真っ赤っかでヒリヒリー。

DanishCordStool2

椅子が必要で作ったわけではないので、ここと言って置き場所がなく、とりあえずダイニングの窓際に置いてプランター台にでも・・・と思って写真を撮りました。子供達がダイニングテーブルで宿題をするので、本やコンピューターなどの荷物置き場になりそうな予感。

DanishCordStool3

・・・なぜか、床に映る座面の影にワクワクします。

DanishCordStool4

スツールに使った木はホワイトオークです。

wood

かれこれ1年半以上前、通っていた木工所が閉まってしまったときの片付けで「持っていけ〜!」ともらった木なのですが、今年になりいざプレーナーにかけてみたら、スポルテッドされているゴージャスなオークでウレシくなりました。

spaltedWhiteOak

同じサイズのスツールならあと2つ。ちょっと大きいのだったらあと1つは作れるので、今回のペーパーコード編みの反省点を忘れない内に、またすぐ作りまーす!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...