ペーパーコードのスツール完成

サンディエゴは40度を超える日々が去り、最高気温が20度を切るシーズン到来。一気に寒くなりました。今年の初薪ストーブはいつになるかな。

どんどん編み進めていたペーパーコードのスツールを、やはり作り直しました。

スツールを組み立てながらすでに気になっていたことがあったのですが、編み始めてから出てくる「あー、ここはこうしておけばよかった。」と気がつく木工面の具合もあり、さらにはペーパーコードの編み具合も気になりだして、、、。結果、思い切って作り直してよかった。すぐにやり直したことで、再確認できました。

ホワイトオークを旋盤で挽いて作ったサポートの部分は、ちょっとデザインを変えてみました。こんなに小さなことでも意味があったみたいで、全体的にしっくりくる感じ。気に入っています。

座面のペーパーコードも、やっぱりカーブがあるとペーパーコードが横に流れていってしまって難しいのだけど、この間のよりは丁寧に編み上げれた。次回はもっとキレイに!目指すぞ。

ペーパーコードのスツール 〜ウォルナット&ホワイトオークで〜

2年前に実家の両親に作ったペーパーコードのスツールが、足に痛みがある父が立ち上がり易い高さなのだそう。で、ある日母と電話中に、「あと2〜3脚あったら家中に置いておけていいんだけどねぇ。」って。そんな事をさらっと言うんですよー。笑

と言うわけで、2〜3脚は無理だけど1脚製作中。(写真はドライフィットです。)
前回はスポルテッドのホワイトオークにブラックのペーパーコードで編んだのですが、今回はウォルナットとホワイトオークの組み合わせにナチュラル色のペーパーコード。

この木の組み合わせはReese’s のピーナツバターカップに見えますね。

ホワイトオークだけ、旋盤で丸くしてみました。

今回はドミノで作っています。8ミリのカッターを新しく購入しました。
明日組み立てて、明後日には座面の編みに入れるかな。

ボウタイ付き丸サービングボード

ドラマチックなヒビが入っているホワイトオークの使い道を散々悩んだ末、サービングボードにしました。

カッティングボード(まな板)でもいいのだけど、お肉とかを切った後にヒビの中まで洗いきれないことを考えると、やっぱりサービングボードと呼んでおいたほうが無難かな。

裏も表もなく両サイド使えます。片側はボウタイ2コ。反対側はボウタイ4コ。
ボウタイ(バタフライ)作りもハメ込み作業も慣れてはいるのだけど、何回やっても面倒です。今回は数が多いだけで平らな面に付けたので、その点は楽でした。器の曲線面だったりすると、もっと気を使います。

ざっくり切ったあとに旋盤で丸くして、周りにちょっとだけ角度を付けています。こうしないとテーブルに吸い付いちゃって、持ち上げたい時に結構な力を要し、テーブルから離れた瞬間にボードの上のお料理がすっ飛んでしまったりするんじゃないかと。、、、そんな経験があるのは私だけかな?

以前同じホワイトオークの板から、ボウタイ付き手鏡も作っています。

余談。
友人宅でのベトナム料理ディナー。フォーをいただいた後は生春巻き!

まるで手巻き寿司のように、自分で巻くんですよ。生春巻きの皮をお水にさっと通すのだけど、やりすぎると皮がペットペト〜。自分で好きな物(フライのお魚、パイナップル(!)、野菜など)を巻いてパクッ。

美味しかったです。

かんざし/ヘアスティック

友達に頼まれているかんざしを作りました。
写真の下から順にコア、ウォルナット、ホワイトオークです。どんな長さや太さが使い易いのか分からないということから、サイズが違うもので作るようリクエストされていたので、微妙にバリエーションを付けて。

左上の端にあるのはスティック状ではなくフォーク状のかんざしを作ってみたのですが、ヤスる前に自分の髪で試してみたら頭が痛くなったのでボツ。

娘の髪を借りて、写真撮影。
コア(↓)は木目がとってもキレイですよ。使用中は髪の毛で隠れてしまいますが。

ウォルナット(↓)。ちょっとハンドメイド感を出したくてリング部分にテキスチャーを付けてみたのですが、ビミョーです。

ほんのりスポルテッドしているホワイトオーク(↓)。

せめて1本は使い易いのがあるといいのだけど、なかったらマドラーにでもしてもらおう。笑

なんとこの記事はこのブログの500記事目でした!

ボウタイ付き手鏡

手鏡を作りました。

handheldmirror1

大きなヒビと木目がドラマチックなホワイトオーク製です。ヒビにはウォルナットのボウタイ(バタフライ)をつけて。

handheldmirror2

今週末はレネゲイドクラフトフェアなのですが、家の増築工事と重なり忙しく、ぜんっぜん準備ができてませ〜ん。キャンセルしようかとも思ったのですが、やっぱりがんばって出展します!この手鏡も持っていきます。

handheldmirror3

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...