増築のエクステリア 〜照明器具とドアの色〜

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

新しい勝手口ドアのライトには、こんな照明器具を選びました(↓)。

Ballard Designs のVerano Outdoor Wall Sconce という商品です。11月の20%オフの時期にゲット。うふふ。
郵送で届くカタログの商品ページはこんな風にスタイリングされています(↓)。

サイズが2つあって、勝手口ドアに付けたのは小さい方。ついでに玄関前のライトも新調することにして、こちらには大きい方を。

照明器具と壁との間に薄っぺらい木の棒を入れて真っ直ぐに保させているのですが、前もって壁の垂直さを確認したり、電気の線の穴を開ける位置をプランすればこんなことにはならなかったことが判明。あとで自分たちで直す予定だけど、ビルダーさん、もう少ししっかりしてくれないかなっ。

話しは戻り、同じ照明器具の小さい方をさらに2つ購入し、外壁にあと2つ(裏とサイドウォーク側に)あるライトも取り替えましたよ。

それと今悩んでいるのは勝手口のドアの色。グリーンの外壁にしたことで、玄関の木のドアが素敵に見えるようになって嬉しいのですが、勝手口のドアにはペンキを塗るグレードのドアを買ったので、すでにプライマー(白の下地)が塗られています。グリーンの外壁に黄色やオレンジなどの発色のいい色も素敵なのですが、けっきょく控えめ色にすることにして3色まで絞りました。

黒(↓)。

紺(↓)。

ラテのようなクリーム系(↓)。

フォトショップで上の3色をドアに塗ってみました。

古いコミュニティーに馴染ませることを考えるとクリーム系かなと思うけど、前の通りからこのドアは見えないので、あまり馴染ませる心配はしなくていいかな。どの色も素敵で捨て難く、なかなか決心がつきません。

ホールバスの照明

もともとマスターバス用に買ったライトフィクスチャー(照明器具)をホールバス(廊下にあるバスルーム)へ移動しました。

Hallbath_light

鏡の上にあるライトフィクスチャーです(↑)。これはこっちのバスルームにある方がしっくりくるので良かった。でも入居してすぐに電気屋さんに工事をお願いして天井にリセスライトを付けたので、本当は洗面上の壁のライトは必要ないし、誰も使ってない様子。ま、穴が開いたままは変だったので、やっと塞げて良かった。下の写真がフィクスチャーを付ける前の穴。

HallBath1

なんだか「間違い探し」みたいな2枚の写真でした。

問題はバニティを作った際にシンクの位置を前のよりも左にずらしたので、ライトフィクスチャーの穴も左に動かして取り付けないとスッキリしない状態になってしまいました。私は電気は分からないのでダーリンにお願いしたものの、「その内やる。」と言われて早数ヶ月。使わないライトの位置を動かすほどバカバカしいことはないので、ちょっとずれてるぐらいいいかって諦めてたりします。

マスターバスのバニティのペンキ塗り

いつものように気が向いたら進めている家のプロジェクト。
久しぶりにマスターバスの更新です。

MasterBath1

アッパーキャビネット(吊るし戸棚)はメイプル材の温かみと木目をそのまま残したいと早くから決めていたので、既にクリアのウレタンを塗っています。問題は下のバニティ(洗面台)の仕上げ。気持ちはグリーンかブルー系に揺らいでいたものの、思い切りがつかず時は立つばかり。でも今年になってグレーが頭によぎった途端、すっきり解決しました。

とは言えグレーって難しいー。Pinterest などでグレーのキャビネットを見れば見る程、どのグレーも素敵なので決めれないのです。しょうがないのでHome Depot からグレーのスウォッチをたくさんもらってきて、その中からイヤなのを落としていく方法で選択しました。

MasterBath_CabinetPaintColors

いざペンキ塗り。
物置小屋のペンキ塗りに続き、最近塗り作業が好きじゃないせいか、なかなか進まないったら。1回に1枚ずつ、気が向いた時にちんたら塗ってたら、ペンキを買ってきてから1ヶ月も過ぎていました。スローすぎだ。

MasterBath2

次はハードウェア(バニティのドアノブと引き出しのプル)です。なかなかピッタリなハードウェアがないので、手作りしようかな?と思ってるところです。

MasterBath_lights

それと。Rejuvenation のMist Double Sconce というライト(↑)が気に入って買いました。配達されるのに数週間もかかったんですよ。でも待った甲斐ありのカワイさです。
以前のライトは、Hall Bath で使っています。そちらも近々写真をアップします。

リビングルームのフロア

我が家のリビングルームはダイニングから6インチほど低い作りなのですが、この段差の側面を床材で埋めるのが面倒で、もうなが〜いことコンクリートがむき出しの状態でした。

FloorUpdate2

(IKEA カウチのカバーを久しぶりに洗ったので、シワシワですみません。)

先週末に息子の手を借りて、やっとその側面のコンクリートを床材でカバー。残っていた材料で間に合ったので、何も買わずに済みました。作業も意外と簡単で「なんでもっと早くやってしまわなかったんだろう?」といつものように思ったのですが、学ばないんです。笑
あとは上のトリムになる部分を作って、取り付けたら終了。いつになるかな。笑
ベースのモールディングは大分前に新調しました。

FloorUpdate1

写真の壁(左側)にあるスコンスのライトはもともとあったもので、ただいまカワイイのを探し中。早く取り替えたいな〜。

エントランスに木製ペンダントライト

エントランス(玄関)にペンダントライトを作りました。

PendantLight2

傘本体はタモで、上部のツンと細くなる部分はウォルナット。

PendantLight1

ペンダントライトを付けたことで、3年近くもむき出しだった天井の電気の穴がふさがってウレシい。

電気フィクスチャーのキットはコード部分がビニールでなくて、ちゃんとしたクロス製なのが気に入ってこれを購入。でも商品が届いたときに、キャノピー部分がチープなゴールドでがっかり。キャノピーも木で作ろうかな、と未だに悩んでいます。

PendantLight3

このタモ材は買ったときからヒビが入っていて、「光りがヒビから漏れるのもいいかも♪」と思い、乾燥の過程でヒビが広がることを期待していたのですが・・・ダメでした。
ヒビが入って欲しくないときには入るんですけどねぇ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...