新しいクローゼットに棚を付けて整理整頓

増築でできた新しいクローゼットに、物の出し入れがしやすいよう棚を付ました。

4段とも壁に木の棒をネジで留めてプライウッドを乗せる式の棚にするつもりだったのだけど、上の2段は浅い棚のため、両サイドの木をネジで留める柱が壁の後ろにない様子だったので諦め、L字ブラケット式の棚に変更しました。

上2段は空きボトルや瓶、使っていないケトルや水切りカゴなど。
ランドリールームにあるクローゼットですが、とりあえず収納したのは今の時点でキッチンから溢れているものが多いです。でもキッチンにもっとキャビネットが増えるので、いずれ収納の方向性が変わる可能性が高いかな。

下2段は電気鍋などと、アイロン&洗濯用品。床スペースはヒーターとクーラーボックス。11年前に日本から引っ越してきたときに持ってきた物干し竿も。

裏のキャニオンに、鮮やかな色をした鳥を発見。

2〜3本の枝に止まった後、あっという間に飛び去っていきました。

今年の春はキャニオンから上がってくる虫の数も種類も多くて、ドアの開け閉めをチンタラやっていると家の中にまで入ってきてしまって嫌だったー。ここ10日間ぐらいで、やっと落ち着いてきたところです。

ランドリールームの必需品

増築でランドリールームを建ててから、洗濯がとっても楽しくなりました。

キッチンの真横という動き易いロケーションで、窓からさんさんと太陽光が降り注ぎ、風通しがいいので吊るして乾かす洗濯物も、屋内なのにあっという間に乾きます。日々の仕事も環境が良くなると、こうも楽しく取り組めるものなんですね。

そんなランドリールームにいくつか必需品を購入しました。
まずは絶対取り付けると決めていた物干し竿。竿のスタイル、デザイン、値段には数ヶ月悩んだんですよー。結果、アメリカのThe New Clothesline Company というお店のLofti Laundry Drying Rack (ロフティ ランドリー・ドライング・ラック)を買いました。プリー式で、洗濯物を吊るす作業時には紐を緩めて降ろします。作業後は天井近くまで引っ張って上げます。設置が大変でしたが、使いやすいです!

同じ会社から、ほんの数カ月前まで木製のタイプも売られていたのですが、なぜか今は扱っていないようです。でもアルミ製の方が軽いし、メンテナンスが楽ちんなので、これを選んで正解でした。
その他の木製タイプではニュージーランドのGeorge and Willy という会社がこんな素敵なプリー式物干し竿を作っています。

クオリティ良さそうなのでお値段が張るのは当たり前なのですが、外国から買うとなると送料がイタイです。
イギリスのdevol というお店のLaundry Mail(写真下↓)もシンプルでいいですが、「プリー部分のハードウェアさえ買えば、自分で作れそう。」なんて思ったりもしました。

節約を考えて、Home Depot のこれにしようかとも、、、(↓)。
3-Rod Laundry Liftという商品で、3本の紐に分かれているタイプなのが使い易そうです。

物干し竿と共に鳥さんの洗濯バサミ(↓)も注文したのですが、可愛いだけで役立たずなので、これはおすすめできません。

さて次の必需品はランドリーバスケット。結婚してすぐに買ったラバメイドのランドリーバスケットが最近割れてしまったので新しいのを買いました。Oversized Seagrass Basketです。

west elm のサイトで見つけてデザインが気に入ったのでサイズを確認してお店へ買いに行ったのですが、「想像してるより小さかったら残念だな〜。」と思っていたら、想像よりもひと回り大きくて感動。どれぐらい大きいかって、10歳児が収まってしまうほど大きいんです。

お店へ行ったら「在庫にあるもの全て25%オフ!」のセール開催中で、さらにウレシくなりました。ムフフ。

次の必需品はゴミ箱。どんなゴミ箱を買おうかと考えている時にフッと目に付いたのが、以前無料でもらったマグネット付きの小さなコンテナのurbio。洗濯で出る糸くずや小さなゴミ、あとドライヤーシートなどをさっと入れるのに完璧です。

上のように使いやすいところに付けて使っているのですが、これは本当にグッドアイデアでした。

余談ですが、ガレージのランドリーでする洗濯物は、なぜか癖のある水の匂いがしていたんです。ランドリールームが出来て新しい洗濯機と乾燥機を買ったので、匂いの問題はなくなるだろうと期待していたのですが、まだ匂いがしました。匂いが染み付いてしまってる可能性もあるかなと思っていた矢先に、こんなサンプルをもらったので使ってみたら、、、

ほわーんといい香り。リネンクローゼットのタオルの引き出しを開けると、この香りが充満しててウレシくなります。1回使ったら次の4〜5回は使わなくても香りが維持できる様子なので、そんなに高くつかないはず(?)と思って、しばらく使ってみてます。

ランドリールームがオープン

増築の一番の目的だったランドリールームで、やっと洗濯ができるようになりました。

1月に洗濯機と乾燥機をオーダーしたのですが、在庫がない状態だったので配達まで1ヶ月以上!2月の終わりにやっと配達されたと思ったら、洗濯機のホースに穴が。修理屋さんが来てくれるまで、さらに2週間。その後プラマー(水道屋さん)を探して、昨日やっと我が家のランドリールームがメデタク機能するようになりました。

が!なんと昨日初めて洗濯機を回してみたら、水漏れ。上の写真で洗濯機と乾燥機が奥の壁に寄せられてないのはそのせいです。水漏れはホースからではなく洗濯機の下からなので、修理にきてもらわなくちゃいけないのはプラマーじゃなくて洗濯機の会社かな?と思ってたのですが、今日の洗濯では水漏れなし。でももう少し様子を見ます。

ちなみに、洗濯機と乾燥機はキャビネットで囲うプランです。その方が見た目もいいし、広々としたカウンタートップがあった方が洗濯物がたたみ易い。

上の写真はキッチンからのドアに立って撮ったもの。洗濯機を壁の定位置に押したら、もうちょっとスペースが広くなります。バンブーシェイドも設置しました。

この家を買ってから5年半。ガレージでのランドリーが不便だったとは言えすっかり慣れてしまっていたので、ランドリールームという一つの部屋で洗濯物の仕分けをして、自然乾燥物は干して、他は乾燥機に放り込んで、その場で畳んで、、、、という作業がすべて動かずにできてしまうのがなんだか不思議。しかもバンブーシェイドを上げると太陽光がさんさんと入ってきて、自然乾燥のランドリーも乾くのが早い。窓を開けると裏のキャニオンからの風が気持ち良いんですよー。ここ数ヶ月間は雨が良く降ったので、青々としたキャニオンを眺めるのも好き。

去年買った木製のアイロン台は見た目が好きなので立てかけておこうかな〜と思ってるのですが、邪魔になるようだったら横のクローゼットに収納する予定です(まだクローゼットのドアを塗ってません)。

トイレもまだトイレットペーパーホルダーや、ドアのハンドル件ロックなど、買う物、取り付ける物が残ってます。マットはぴったりサイズを探すのが難しかったのですが、World Market で見つけた写真の丸いバスマットがいい感じ。お手頃価格なので、色違いも買っておこうかな。

話しはランドリールームに戻りますが、上の写真の位置にランドリールーム用のシンクが入る予定です。もちろん私がシンク台など作る予定。

Save

でもランドリーシンクを取り付ける前に、ちょうど反対側の外壁にガーデンシンクを取り付けたいという話しになっていて、そうすると内側の壁から穴を開けての作業の方が都合がいいらしいので、まずはガーデンシンクです。

増築にバンブーシェイド 〜のぞき見防止〜

増築で増えた窓にバンブーシェイドを付けました。

シェイドは特に急いで買うつもりがなかったのですが、お隣りのおじさんがうちの家の中をギョロギョロと見ているところをダーリンが目撃してしまい、ちょっと怖くなったところで勢い付いて購入しました。いいおじさんなんですけどね、およその家の中や家庭事情を知りたくてしょうがないのがちょっぴり難なのです(笑)。

バンブーシェイドを開けるとこんな感じ(↑)。
今回のバンブーシェイドも息子の部屋やダイニングの窓のとお揃いです。ウィンドーシルを付けるので、1/2インチほど短く注文しました。

こちらはランドリールームの幅広な窓(↓)。

バンブーシェイドを1枚で作れるサイズ以上の幅の窓なので、2枚にする羽目に、、、。

ランドリールームはペンキが中途半端なので、バンブーシェイドはペンキを塗ってから取り付けます。なぜここだけまだペンキを塗っていないかというと、ポケットドアの取付けに気に入らない部分があり、ビルダーさんが直しに戻ってきてくれるはずだったから。でも結局最後の支払いをしないでいいというので、ドアの修理はなしで和解することに。ドアの気に入らない部分というのも、ま〜大したことじゃないので、直さないでペンキ塗りに進みます。

こちらはトイレのバンブーシェイド(↑)。裏はキャニオンなので誰に見られることもないだろうと思うのですが、バーベキューとかすることがあるので、バンブーシェイドの裏面にプライバシーライナーを付けてもらいました。

すこーしずつ気温が上がってきて、ここ1週間で春が咲き出しましたよ。

ペンキ塗りとベースモールディングの取り付け

増築スペース内のランドリールーム、クローゼット、キッチンのペンキ塗りとベースモールディングの作業を進めています。

ランドリールームもキッチンも造り付けのキャビネットが入るので、ペンキ塗りやベースモールディングを付けるのはキャビネットが入らない壁のみ。キャビネットが入る壁は全ての設置作業が終わってから、残っているスペースにベースモールディングを付けます。

ベースモールディングは前もってそれぞれのサイズにカットしペンキを塗っておきます。同時進行で壁のペンキを塗り、両方乾いたところでベースモールディングをエアコンプレッサーでバンバン付けます。ベースモールディングは付けてから塗る人も多いようですが、床や壁をカバーしなくちゃいけなくなるので、前もって塗っておいたほうが少し楽ができる気がします。
壁とベースモールディングの間にコーキングを入れ乾かした後、ベースモールディングと同じセミグロスのペンキでコーキングも塗ります。コーキングを塗らないと、ベースモールディングの上に乗る埃が取りづらくなるのです。

上はクローゼットの中。ハーフバスの面積が小さくなったのは、このクローゼットが欲しかったため。収納しやすいように棚を付ける予定です。

クローゼットのドアはペンキを塗るグレードのものですが、木のポケットドア(スライドドア)と同じくシェーカースタイルにしました。このドアの色は当分決まりそうにないので、とりあえず白に塗り、後で色が決まったら塗り直します。

上の写真はキッチンのテーブルとベンチを置くところ。ベンチも造り付けになるので窓の下の壁は塗らなくていいのに、ついつい勢いついて塗ってしまいました。

1週間ほど前にBosch(ボッシュ)のガスレンジとディッシュウォッシャーが配達され、まだまだ不便ながらもお料理ができるようになりました。マイホームを買ってからのこの5年間、前の家主が置いていった火力の低いレンジを使っていたので、新しいレンジでお湯が沸ける早さに驚いています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...