フロントポーチにもブリックを 〜今日の外作業〜

フロントポーチ(玄関先)の薪木置き場にしているところの地面が土と石ですっきりしなかったので、ここにもパティオと同じくブリック(レンガ)を並べました。

もともとはこんなんでした(↓)。

土や石だと、枯葉やその他のゴミが落ちてるときに箒で掃きずらいので手で拾っていたのですが、これが億劫で、、、。ブリックを並べたことで見た目もスッキリだし、これからはササッと掃けるのが嬉しい。

小さなスペースなので、掘って、砂を敷いて、ブリックを並べるのがアッという間でした。ここはランニングボンドというシンプルなパターンで並べました。

その後、一番上の写真にも写っている玄関先のブーゲンビリアを掘って抜くことに。4年半前に買ってきて植えたのですが、通りに立つと、これのせいでバラが見えずらくなります。なぜこんな所に植えてしまったのか、自分が理解できない、、、。とは言えスクスク育って大分大きくなったので、できればキープしたい。ダメもとで大きなプランターに移してみました。

根っこもなるべく傷つけないように頑張って掘ったのですが、葉っぱが一気に元気を失いました。涙

ブーゲンビリアはほぼ何もせずに育ってくれるのでお世話は簡単なのですが、環境の変化が大嫌いで、置き位置やプランターを変えたりするとダメになるらしいです。だからあまり期待はしてないのですが、でも頑張ってサバイブしてくれないかなー。

パティオ用にホースを買いました。

「オリーブグリーン」という色がカワイイ。しかもホースが通常より細くて、柔軟性があります。ホースにしてはちょっと高いけど、これにして正解。赤いノズルは「赤」に乗り気じゃなくて悩んだのだけど、レビューが素晴らしいので信じて購入。本当に使い易いのでヨカッた〜。

ホースのホルダーはリール式やデザインがコテコテな物にも心が揺れましたが、結局シンプルなウォールマウント式ので落ち着きました。

ブリックパティオプロジェクト 〜完成直前〜

ブリックパティオプロジェクトの続きです。
毎日筋肉痛なのがキビシイですが、作業自体は楽しく、ダーリンと冗談を言い合いながら進めています。子供達もときどき手伝ってくれてます。

上の写真は今日の午後の状態ですが、前回の記事の後までさかのぼって、やったことを記録しておきます。

ブリック(レンガ)を並べる作業が端っこまで到達したら、ヘリングボーンのパターンからエッジのパターンへ切り替えます。エッジはブリックを真っ直ぐ並べるパターンにすることにしました。そしてパティオのエッジの終わりにはProFlex というプラスチックのエッジングを打ちます。

こんなの(↑)。ProFlex は細く繋がっている部分を切れば曲がるので、丸いエッジにも使えます。この部分は奥行き2フィートのガーデニングスペースを残したので、エッジングを境にガーデニング用の土を入れました。

ブリックはそのままの形で置ける物は置き終わっているのですが、カットしなくちゃいけないものは、ダーリンがカットしてはめ込んでいる最中です。形がどれも違うので、ひとつひとつ測ってカット。時間がかかります。やることがなくなった私は、完成しているエリアだけ仕上げの砂をまき始めました。デッキブラシでブリックの隙間に砂を詰め込みます。

仕上げの砂用に、下の写真のPolymeric Sand というタイプの固まる砂を買っておいたのですが、これはブリックとブリックの間に最低1/4インチ以上のギャップがないと使えないと書いてあるじゃないですか。砂が粗いのかも?

結局ブリックの下に使ったMasonary Sand という砂を仕上げにも使うことにしました。タイルの目地入れのように、ブリックの隙間を砂で埋めると、とつぜん完成した感じになり嬉しくなります。

水をまくと隙間の砂が下がるそうなので、また砂をまく。これを2〜3回繰り返して出来上がりだそうです。まだ1回目の水まきもしていないので、明日の朝は水まきでスタートです。

裏のコンクリートパティオで待機していたビストロセット。予定通り、キッチンドアの前のエリアに移動してみました。

パティオもそろそろ完成なので、ガーデニングのスタートです。まずは上の写真に写る木などを植えます。この続きは明日〜。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...