三輪挿しと小物たち@レネゲイドクラフトフェア

レネゲイドクラフトフェアが終了しました。

RenegadeFC

今回は売上目標を立てました。現実的な目標と夢のような目標(笑)を立てたのですが、なんと・・・初日に夢目標達成!そして大勢の人たちからのコメントがとにかく嬉しかった〜。褒められまくってちぎれました。その中でも以前のお客さんが声をかけてくれて、「7月のレネゲイドで買った器、本当に気に入ってるよ!」とか、「嫌いなお掃除も、あなたのダストブラシがあるから頑張れるの!」とか(笑)。実際に持って帰ってもらってからの感想は、涙が出そうになるほど嬉しかったです。

フェアではやはり小物類が多く旅立ちます。
下の写真は自信作の三輪挿し。

Vase

アイデアをスケッチした後のサンプル製作で何回か作り直して時間がかかってしまったので、完成品ができた時にはフェア間近。結局3つしか持って行けれませんでしたが、頑張った甲斐あり3つともお嫁に行きました♪

3BudVases2

底部をブラス(真鍮)にしていることで重みが増すので、お花や雑草を挿した時に安定感を保てます。

3BudVases3

ツリー型のオーナメントも作りました(写真下)。

HandmadeButtons

この間作ったボタンも2個セットで4袋だけ持って行きました。こちらは1袋しか売れませんでした。今回のフェアの小物の中では、唯一お客さんの気を引かなかったアイテムです。可愛くてお気に入りのボタンなのに、なんでだ?手にとってもらった回数もせいぜい10回ぐらいと少なかった。他のものはいっぱい触ってナデナデしてもらえたのですが。

その他には先日ブログにもアップしたティーライトスタンドや、ツリー、キノコ、洋梨などの置物類やスプーンなど、ほとんどの小物が新しいオーナーのものへ旅立ちました。私の定番となりつつあるツリー型ボトルストッパーはやはり一番人気。そして小さ目の器類、足つきのナチュラルエッジ、ジュエリーディッシュなどもほとんどお嫁に行きましたよ。

とにかくいっぱい買っていただいたので、ディスプレイがすかすか。これでは見た目がよくないので、売れたら在庫でディスプレイを埋めれるぐらい準備万端で出店したい!というのが次回の目標(今回の反省点)です。

ここ数週間のウッドターニングで腕がもげそうなほど重いので、とりあえず今日は木工をお休みしました。明日からまたがんばりまーす!

初めてのクラフトフェア終了!

週末、初めてクラフトフェアに出店してきました。

RenegadeCraftFair

写真(↑)は初日の土曜日にテーブルのセッティングをしてすぐに撮ったもの。あっという間の2日間で、気がついたら他に何も写真を撮っていませんでしたが、やっと会えた人、サイトで見たと言って探してきてくれた人、その場で知り合った人などなど、とても楽しい時間を過ごせました。

なんとLA Times のサイトに載ったレネゲイドクラフトフェアの記事「Renegade Craft Fair returns to Grand Park in DTLA」に、私の作品の写真とリンクが使われていたようで、私の英語サイトへの訪問数がびっくりする数になっています。フェア中、「見たよ。」と声をかけてくれる人が多く、委託やホールセールの依頼も数件いただきました。ありがたいです。これからゆっくり色々考えてみようと思います。

他の出店者の方たちとも出会えて楽しかった〜。なんと同じくサンディエゴに住む日本人の出店者の方もいたんですよ。そしてお隣りのブースでグリーティングカードを売っていたヴィヴィエンとは会った瞬間から意気投合し、またすぐにでも会いたいのですが、彼女はテキサスから来ていたのです。「来年の夏にまた!」と言ってハグして別れたのですが、早速翌朝にはソーシャルメディアで探して連絡をくれました。遠くてもいつでも繋がれる時代でヨカッた。
私はひとりでこつこつと物を作る時間が大好きなのですが、同じく物作りをする人たちとフェアという形で会える機会ってサイコーだ!と思える機会でした。

最後に、私がフェアで唯一買ったもの(↓)。

seasonalvegis

Young America Creative の月ごとの旬の野菜と果物がリストされているカレンダーみたいなポスターです。お魚バージョンもありました。フレーム作って、キッチンに飾ろうっと。

ロサンゼルスの布問屋街へ

ロサンゼルスの布問屋街(Garment District)へ行ってきました。
ダウンタウンにあるFashion Districtの真横に位置し、Maple Ave. と9th St.が交差する辺りが中心部です。

Garment District in L.A.

この問屋街へ足を踏み入れてまず思ったのは、「ティファナ!」。ギューギューに立ち並ぶお店の様子が、まさにメキシコのティファナです。布を動かさないと奥の布が見れないような状況で、優雅なショッピングからはほど遠いです。

そんな凄まじい問屋街の中にも、きちんと商品を陳列するこギレイなお店が数件。
(キレイな陳列でホッとしたせいか、写真を撮ることを思い出しました。)

Garment District in L.A.

上の写真はIKAT布のセクション。姉が好きな布です。

Garment District in L.A.

今回は張り替えをする家具の布を探すために、ホームデコレーション用の布屋さんのみを回りましたが、アパレル系の布屋さんもたくさん見かけました。(外から見た感じだと、どれもハロウィーンコスチューム用の布屋さんにしか見えなかったけど。)

Garment District in L.A.

ピンクに適度な量のオレンジが入ったサーモンピンクの無地の布が欲しかったのですが、ピンク過ぎたり、逆にオレンジ過ぎたり・・・。結局普通のピンクで妥協する羽目に。
問屋街と言えども、ないものはないですね。
でも色々な布を見て回るの楽しかった。
トリムも豊富でしたよ。

Garment District in L.A.

大好きなポンポンの棚には軽く興奮しましたが、「必要ないものは買わない。」と言い聞かせてグッと我慢。

Garment District in L.A.

でもやっぱり買ってくれば良かったー。ポンポンって食べちゃいたいくらいカワイイ。

写真下のスウェーデンからというユニークなテキスチャーのポンポンなんて、写真を見れば見るほど買ってこなかったことに後悔。しかもお値段$4.95。似たような商品をネットで見たことあるけど、もっともっと高かった。

Garment District in L.A.

車で行かれる方へ。
ごった返したエリアなので、ぶつけられたりする心配を考えると、路上ではなく立体駐車場に駐車することをおススメします。
公衆トイレは有料です(50セント〜1ドルほど)。フードコートでご飯を買った場合は、レシートを見せるとトイレの利用が無料になるので、レシートはなくさないように。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...