チェインソー仕事の日/ジョインターを売りました

持つだけでも大変なチェインソーを振り回して、丸太をカット。

これが本当に大変なんです。体力的にキツい作業はダーリンに頼んじゃえば楽なんだけど、自分で使う木には精一杯関わりたい。でも毎回手のひらの皮が真っ赤になって痛いし、後日の筋肉痛もツラい。

なのに切ってみたら意外と使えないのが多くて、半分近くは薪ストーブ用の木になりました。残ったのは上の写真の1.5倍ぐらいでしょうか。これらでまた少しずつ器を作る予定です。

以前ヨーロッパへ転勤になった軍人の方からもらったAtlas というメーカーのビンテージ・ジョインター(手押し鉋盤)を売ることにし、今年の6月に売った古いバンドソーと同じくCraigslist というクラシファイドに投稿したら、数時間で売れました。

さようなら〜。で、新しいジョインターを物色中です。

いつも行くハードウェア屋さんへ行ったらカウンターのホゼさんが、「キャビネット業をリタイヤする人が木工所を丸ごと売りに出してるよ。君どう?」とこんなチラシを見せてきました。

機械類も欲しいですが、広々としたスペースの木工所が欲しいです。

ウッドターニングのツール棚

ガレージ工房の改善作業が続きます。
ウッドターニング用ツールの半分が旋盤台内の収納に入らず溢れていたので、壁にかけれる棚を作って取り付けました。

WoodturningInGarageShop

ビフォアはこんなでした

WoodturningArea2

今日はチェーンソーで木を器サイズのブランク(ブロック)に切る作業をしたのですが、先日買ったメープルと、友人に器にしてほしいと頼まれている木がとーっても硬くて大変でした。

TurningBlocks

ウッドターニングは女性でもできる!と思うのですが、大きな丸太の運搬やチェーンソー作業はやはりキツく限界を感じます。腕立て伏せすれば力持ちになって、チェーンソーも丸太の運搬も朝飯前かな?と思いながら何もせず、早数年が過ぎてしまいました。

庭へのコンクリートステップ完成

庭のゲートへ続くコンクリートのステップを仕上げる前に、業者さんにお願いして、壊れていたスプリンクラーシステムを直してもらいました。

GardenPath2

同時に、スプリンクラーのバルブが上の写真の白いプランターの右側から出ていてイヤだったので、修理の際に50センチほど横(左)へ動かしてもらいました。そしてその移動したバルブの前に丸太を置き・・・

GardenPath4

さらにその上に植物を置くと、バルブが綺麗に隠れます。ウレシい。
ちなみに丸太はユーカリ。
丸太の前の石ころは、今回のステップ作りとスプリンクラーの修理で地面を掘った時に出てきた石ころの一部。石ころだらけでビックリしました。

スプリンクラーの修理が終わったので、やっと庭のゲートへ続くコンクリートのステップを完成させました。

GardenPath1

ステップの手前7コは1月に作業した分で、今回のは奥の6コ。今回もやっぱり大変でしたが、隣りのおじさんが一輪車を貸してくれたのでスムーズに作業できた気がします。やっぱり道具っで重要ですね。

GardenPath3

ステップ周りはアリッサムとクリーピング・タイムで埋めることにしました(写真上)。どちらも12〜16インチ間隔で埋めて、広がってくれるのを待ちます。

GardenPath5

まだ植えてないけど、ゲラニウムも買ってきましたよ。
あとは何を植えようかな。

余談。

数日前、我が家の裏にスカンク発見!

Skunk

日が落ちてすぐの時間帯で、かろうじてフラッシュなしで写真が撮れました。(フラッシュをたいちゃったらビックリしておなら攻撃されちゃうような気がします。)
サンディエゴに来てからスカンクが車に跳ねられて死んでいるのを何回も見た事がありますが、生きてるスカンクを見るのは初めて。「おなら攻撃されちゃったら1週間は仕事に来るなと言われるほど臭いけど、車に跳ねられちゃうぐらいトロい動物なので、それほど危険じゃない。」とラジオで言ってたのですが、どっちにしても怖いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...