間違った色でペンキ塗り 〜スライドドア周りのフレーム〜

ランドリールームの増築で入れたスライドドア2枚の周りのフレームに、や〜っとペンキを塗りました。
ペンキ塗りが本当にキライだと思うこのごろですが、市から増築工事の検査でインスペクターがやって来るので、「終わってますよ。キレイでしょ?」感を出すために塗っておいた方が有利かな?と。(実際はペンキ塗りは終わってなくてもインスペクションにはパスできるそうです。)

フレームやトリム、モールディング類は白いセミグロスで塗ると決めているのですが、在庫がなかったので買いに行ったらなぜかスイスコーヒーというちょっぴりアイボリー気味の色を間違えて買ってきてしまいました。そうとも知らずに塗ってしまい、気がついたのは翌朝。

白い壁との微妙な色の違い、わかるでしょうか?
ダーリンは私がこの色をわざわざ選んで塗っているのだと思っていたそうです。ちょっと聞いてくれれば良かったのにー。でもこの色の方が逆に木のドアとの間に立体感が出ていいかも?という話しでまとまり、このままにすることになりました。塗り直したくないので、自分で自分にこんな理由をこじつけるしかありません(笑)。

ランドリールームの増築工事は今年はじめに終わっているのですが、実はまだ市のファイナルインスペクションが終わっていません。
工事終了間際で納得のいかないことがいくつかあったのでビルダーとの契約を切ったのですが、その際、市からのインスペクションの説明をしてくれなかったんです。私が「あれ?インスペクションに来てもらわなきゃいけないんだよね?」とダーリンに言って調べてもらったころには、既に増築工事許可の期限が切れていました。理由を添えて延長のリクエストを申請するように指示されたのでそれに従い、その後半年ほど待たされて、やっと昨日許可が下りたところです。
請求された延長金は127ドル。これで180日間工事の許可が延びるそうです。まずは今日ラフ・インスペクションに来てもらい、ファイナル・インスペクションまでにやっておかなくてはいけないことをいくつか指示されました。
インスペクターは厳しいとか、機嫌が悪いと無意味な変更や追加を言いつけてくると聞いたことがあったのでドキドキしていたのですが、私たちが分かり易いように説明してくれる優しい方だったし、やらなくちゃいけないことも特に難しいことではないのでホッとしています。

ランドリールームがオープン

増築の一番の目的だったランドリールームで、やっと洗濯ができるようになりました。

1月に洗濯機と乾燥機をオーダーしたのですが、在庫がない状態だったので配達まで1ヶ月以上!2月の終わりにやっと配達されたと思ったら、洗濯機のホースに穴が。修理屋さんが来てくれるまで、さらに2週間。その後プラマー(水道屋さん)を探して、昨日やっと我が家のランドリールームがメデタク機能するようになりました。

が!なんと昨日初めて洗濯機を回してみたら、水漏れ。上の写真で洗濯機と乾燥機が奥の壁に寄せられてないのはそのせいです。水漏れはホースからではなく洗濯機の下からなので、修理にきてもらわなくちゃいけないのはプラマーじゃなくて洗濯機の会社かな?と思ってたのですが、今日の洗濯では水漏れなし。でももう少し様子を見ます。

ちなみに、洗濯機と乾燥機はキャビネットで囲うプランです。その方が見た目もいいし、広々としたカウンタートップがあった方が洗濯物がたたみ易い。

上の写真はキッチンからのドアに立って撮ったもの。洗濯機を壁の定位置に押したら、もうちょっとスペースが広くなります。バンブーシェイドも設置しました。

この家を買ってから5年半。ガレージでのランドリーが不便だったとは言えすっかり慣れてしまっていたので、ランドリールームという一つの部屋で洗濯物の仕分けをして、自然乾燥物は干して、他は乾燥機に放り込んで、その場で畳んで、、、、という作業がすべて動かずにできてしまうのがなんだか不思議。しかもバンブーシェイドを上げると太陽光がさんさんと入ってきて、自然乾燥のランドリーも乾くのが早い。窓を開けると裏のキャニオンからの風が気持ち良いんですよー。ここ数ヶ月間は雨が良く降ったので、青々としたキャニオンを眺めるのも好き。

去年買った木製のアイロン台は見た目が好きなので立てかけておこうかな〜と思ってるのですが、邪魔になるようだったら横のクローゼットに収納する予定です(まだクローゼットのドアを塗ってません)。

トイレもまだトイレットペーパーホルダーや、ドアのハンドル件ロックなど、買う物、取り付ける物が残ってます。マットはぴったりサイズを探すのが難しかったのですが、World Market で見つけた写真の丸いバスマットがいい感じ。お手頃価格なので、色違いも買っておこうかな。

話しはランドリールームに戻りますが、上の写真の位置にランドリールーム用のシンクが入る予定です。もちろん私がシンク台など作る予定。

Save

でもランドリーシンクを取り付ける前に、ちょうど反対側の外壁にガーデンシンクを取り付けたいという話しになっていて、そうすると内側の壁から穴を開けての作業の方が都合がいいらしいので、まずはガーデンシンクです。

増築にバンブーシェイド 〜のぞき見防止〜

増築で増えた窓にバンブーシェイドを付けました。

シェイドは特に急いで買うつもりがなかったのですが、お隣りのおじさんがうちの家の中をギョロギョロと見ているところをダーリンが目撃してしまい、ちょっと怖くなったところで勢い付いて購入しました。いいおじさんなんですけどね、およその家の中や家庭事情を知りたくてしょうがないのがちょっぴり難なのです(笑)。

バンブーシェイドを開けるとこんな感じ(↑)。
今回のバンブーシェイドも息子の部屋やダイニングの窓のとお揃いです。ウィンドーシルを付けるので、1/2インチほど短く注文しました。

こちらはランドリールームの幅広な窓(↓)。

バンブーシェイドを1枚で作れるサイズ以上の幅の窓なので、2枚にする羽目に、、、。

ランドリールームはペンキが中途半端なので、バンブーシェイドはペンキを塗ってから取り付けます。なぜここだけまだペンキを塗っていないかというと、ポケットドアの取付けに気に入らない部分があり、ビルダーさんが直しに戻ってきてくれるはずだったから。でも結局最後の支払いをしないでいいというので、ドアの修理はなしで和解することに。ドアの気に入らない部分というのも、ま〜大したことじゃないので、直さないでペンキ塗りに進みます。

こちらはトイレのバンブーシェイド(↑)。裏はキャニオンなので誰に見られることもないだろうと思うのですが、バーベキューとかすることがあるので、バンブーシェイドの裏面にプライバシーライナーを付けてもらいました。

すこーしずつ気温が上がってきて、ここ1週間で春が咲き出しましたよ。

キッチンドア 〜ペンキ塗りとドアノブ設置〜

キッチンドア(勝手口)の色の候補を3色に絞ってからダーリンに見せたら、クリーム系色がいいというのでこうなりました(↓)。

ドアのロックとハンドルのセットはKwikset という会社のAvalon という商品です。

このドアのある家の側面は眩しすぎるといっても過言ではないほどの太陽光で、2トーンぐらい濃い目のペンキにしないと実際の色より明るく見えるんです。それを念頭に入れて色選びしたのに、塗ってみたら予想以上に明るくて、まるでイエロー。
でももう塗っちゃったし、耐えられないほど気に入らないわけじゃないので「しばらくこれでいきましょう。」ということになりました。

少しずつ庭も作っていく予定なので、草花が加わったらドアの色もいい感じになるのでは?と期待してます。

ちなみにドアのロックとハンドルのセットは、同じものをエントランス(玄関)のドアにも。そしてドアノブのタイプを家の廊下からガレージへのドアに付けました。どれもスマートキーというシステムが付いているロックで、ロックスミス(ロックの匠)を呼ばなくても、自分で全てのドアのロックを同じ鍵に合わせられるという優れものなのです。

増築工事 〜6週間を終えて〜

増築工事が数日前に6週間を迎えました。3ヶ月の予定と言われていましたが、もう終盤。
とーっても順調で良かったのですが、最後の仕上げがあまり上手じゃない上、社長さんが1週間の休暇でいない間にマネージャーさんのコミュニケーション能力が下がり、勝手なことをされてドンヨリ気分、、、。はぁっ。

addition_exteriorpaint1

追加でお願いした家全体のエクステリアのペンキ塗りも終わりました。やっと念願のグリーン色の家にになりましたよ。
はじめは上の写真のように角もグリーンだったのですが、「角はトリムと同じ白にするともっと素敵になるよ。」とマネージャーさんと社長さんの両人が別々に勧めてきたので、そこまで言うならとお願いしたら、、、。

addition_exteriorpaint2

こうなりました(↑)。なんかわざとらしく見えるー!がんばったけどオシャレになれなかった家、みたいな。家の表側もこんな感じなんです。でもお願いしてしまったので、あとで自分たちで塗り直します。

addition_exteriorpaint3

ドアはスタッコと同じ明るい方のグリーンに塗る予定ですが、もう少し考えます。
ちなみに使用した色は、スタッコの明るいグリーンがSherwin Williams のDried Thyme。サイディングの濃いグリーンはBehr のNight Mission。グリーン系スウォッチを100枚ぐらいは見比べたのでグリーンに詳しくなったかと思いきや、最後の方はグリーンがよく分からなくなりました。笑

そして現在、床タイルをインストールしてもらっている真っ最中。この作業はわざわざビルダーさんを断り、以前バスルームで2回雇ったことのある会社に依頼しました。ここのタイル職人さんが素晴らしくいい仕事をするので大好きなのです。

addition_floortiles

タイルはあれこれ悩みましたが、最終的にArizona Tile で見つけたブラジル産のスレートタイルに。天然石はメンテナンスが頻繁に必要だと言われたのですが、タイル選びの過程で色々と探せば探すほどホの字になってしまったので、がんばってメンテナンスします。が!あまりテキスチャーが多くて深いものは日頃の掃除も大変な気がしたので、控えめなテキスチャーを選びました。
仕上がりはできるだけ深い色がいいので、エンハンスシーラーというシーラーを塗ってもらいます。楽しみ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...