増築にバンブーシェイド 〜のぞき見防止〜

増築で増えた窓にバンブーシェイドを付けました。

シェイドは特に急いで買うつもりがなかったのですが、お隣りのおじさんがうちの家の中をギョロギョロと見ているところをダーリンが目撃してしまい、ちょっと怖くなったところで勢い付いて購入しました。いいおじさんなんですけどね、およその家の中や家庭事情を知りたくてしょうがないのがちょっぴり難なのです(笑)。

バンブーシェイドを開けるとこんな感じ(↑)。
今回のバンブーシェイドも息子の部屋やダイニングの窓のとお揃いです。ウィンドーシルを付けるので、1/2インチほど短く注文しました。

こちらはランドリールームの幅広な窓(↓)。

バンブーシェイドを1枚で作れるサイズ以上の幅の窓なので、2枚にする羽目に、、、。

ランドリールームはペンキが中途半端なので、バンブーシェイドはペンキを塗ってから取り付けます。なぜここだけまだペンキを塗っていないかというと、ポケットドアの取付けに気に入らない部分があり、ビルダーさんが直しに戻ってきてくれるはずだったから。でも結局最後の支払いをしないでいいというので、ドアの修理はなしで和解することに。ドアの気に入らない部分というのも、ま〜大したことじゃないので、直さないでペンキ塗りに進みます。

こちらはトイレのバンブーシェイド(↑)。裏はキャニオンなので誰に見られることもないだろうと思うのですが、バーベキューとかすることがあるので、バンブーシェイドの裏面にプライバシーライナーを付けてもらいました。

すこーしずつ気温が上がってきて、ここ1週間で春が咲き出しましたよ。

キッチンドア 〜ペンキ塗りとドアノブ設置〜

キッチンドア(勝手口)の色の候補を3色に絞ってからダーリンに見せたら、クリーム系色がいいというのでこうなりました(↓)。

ドアのロックとハンドルのセットはKwikset という会社のAvalon という商品です。

このドアのある家の側面は眩しすぎるといっても過言ではないほどの太陽光で、2トーンぐらい濃い目のペンキにしないと実際の色より明るく見えるんです。それを念頭に入れて色選びしたのに、塗ってみたら予想以上に明るくて、まるでイエロー。
でももう塗っちゃったし、耐えられないほど気に入らないわけじゃないので「しばらくこれでいきましょう。」ということになりました。

少しずつ庭も作っていく予定なので、草花が加わったらドアの色もいい感じになるのでは?と期待してます。

ちなみにドアのロックとハンドルのセットは、同じものをエントランス(玄関)のドアにも。そしてドアノブのタイプを家の廊下からガレージへのドアに付けました。どれもスマートキーというシステムが付いているロックで、ロックスミス(ロックの匠)を呼ばなくても、自分で全てのドアのロックを同じ鍵に合わせられるという優れものなのです。

増築工事 〜6週間を終えて〜

増築工事が数日前に6週間を迎えました。3ヶ月の予定と言われていましたが、もう終盤。
とーっても順調で良かったのですが、最後の仕上げがあまり上手じゃない上、社長さんが1週間の休暇でいない間にマネージャーさんのコミュニケーション能力が下がり、勝手なことをされてドンヨリ気分、、、。はぁっ。

addition_exteriorpaint1

追加でお願いした家全体のエクステリアのペンキ塗りも終わりました。やっと念願のグリーン色の家にになりましたよ。
はじめは上の写真のように角もグリーンだったのですが、「角はトリムと同じ白にするともっと素敵になるよ。」とマネージャーさんと社長さんの両人が別々に勧めてきたので、そこまで言うならとお願いしたら、、、。

addition_exteriorpaint2

こうなりました(↑)。なんかわざとらしく見えるー!がんばったけどオシャレになれなかった家、みたいな。家の表側もこんな感じなんです。でもお願いしてしまったので、あとで自分たちで塗り直します。

addition_exteriorpaint3

ドアはスタッコと同じ明るい方のグリーンに塗る予定ですが、もう少し考えます。
ちなみに使用した色は、スタッコの明るいグリーンがSherwin Williams のDried Thyme。サイディングの濃いグリーンはBehr のNight Mission。グリーン系スウォッチを100枚ぐらいは見比べたのでグリーンに詳しくなったかと思いきや、最後の方はグリーンがよく分からなくなりました。笑

そして現在、床タイルをインストールしてもらっている真っ最中。この作業はわざわざビルダーさんを断り、以前バスルームで2回雇ったことのある会社に依頼しました。ここのタイル職人さんが素晴らしくいい仕事をするので大好きなのです。

addition_floortiles

タイルはあれこれ悩みましたが、最終的にArizona Tile で見つけたブラジル産のスレートタイルに。天然石はメンテナンスが頻繁に必要だと言われたのですが、タイル選びの過程で色々と探せば探すほどホの字になってしまったので、がんばってメンテナンスします。が!あまりテキスチャーが多くて深いものは日頃の掃除も大変な気がしたので、控えめなテキスチャーを選びました。
仕上がりはできるだけ深い色がいいので、エンハンスシーラーというシーラーを塗ってもらいます。楽しみ。

ホワイトオークのケーキペダスタル

友達がオーダーしてくれたケーキペダスタルできあがり〜。

cakepedestal1

彼女いわく、幼少時代からあったのを覚えているという手持ちのガラス製ケーキドームの写真を送ってもらって、それに合うようにペダスタルを作りました。シンプルに、昭和のぽってり感を出しながら、でもあまりビジュアルが重たくならないようにしたかったので、材料はホワイトオークで。

cakepedestal2

色があまり深くならないように、仕上げは水性です。
気に入ってもらえるといいな〜。

今日は朝から雨が降っていたと思ったら、虹が出たり、ザーザーぶりになったり、晴れたり、曇ったり。忙しいお天気でしたが、それでもビルダーさんは増築工事を頑張ってくれてました。

additionexterior

勝手口のドア周りの外壁材も付いてきて、「あ〜ん、サイディングってやっぱりカワイイ〜。」とワクワク。早くペンキが塗られた姿が見たい。

増築工事 〜3週間半を終えて〜

seaholly

増築工事の経過をもう少し頻繁に記録しておくつもりでいたのですが、トランプが当選したショックから立ち直れず(笑)、前回の記事からあっと言う間に10日以上過ぎてしまいました。(上の写真は近所のお花屋さんから買ってきたシーホリー。)

増築部分に窓とドアが入ったので、先週の木曜日にもともとあったキッチンの壁が取られました。

additioninprogress1

数日後にはフレームもなくなりましたよ。

additioninprogress2

もともとあったキッチンの天井はソフィットと言って通常よりも低く、うちの場合は7.5フィートの高さになっていたのですが、増築部分の8フィートに合わせるため、ソフィットが取り除かれ、新しい天井の骨が入りました。

additioninprogress3

外側の作業も着々と進んでいます。
下の写真の左側の窓は、デスクを置いてオフィススペースにしている部屋の窓の外側。

additioninprogress5

もともとあった窓の半分以下のサイズになったのですが、昨日ふっと外側を見に行ってみたら、まるでもともとこうだったかのようにスタッコのつぎはぎ作業も終わりキレイになっていました。同じサイズの右側の窓はトイレの窓です。

増築部分の外壁はサイディングになりますが、もともとの家の外壁はサイディングとスタッコが両方使われています。でも既存のサイディングが増築部分のサイディングとサイズが違うしボロボロだったので新調してもらうことにしました。さらに家全体のペンキ塗りも追加でお願いしました。今週末私たちに与えられた宿題は、ペンキの色を決めること。

additioninprogress4

ということで、グリーン系のスウォッチを数十枚もらってきた中から8色に絞った色のサンプルを買ってきました。サイディングのグリーンに濃いめを選んで、スタッコに明るめのグリーンを使おうというプランです。サンプルを塗る直前まで「多分これに決めるんだろうな。」と思っていた色があったのに、塗った途端によく分からなくなり振り出しに戻った気分です。早く決めないとー。

今週は気温が下がった上、増築部分の隙間から冷たい空気が入ってくるので、薪ストーブが大活躍しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...