大学と秋の空

朝晩の涼しさが秋を感じさせてくれるけど、日中は夏に逆戻りしたような暑さが続いています。サンディエゴらしいなぁ。

balloons

上の写真は息子のサッカー練習のフィールドからの風景。
プレシーズンのトーナメントが終わり、本シーズンに突入しました。

子供たちの学校も始まりました。
そして私の大学はすでに4週目。引き続きキャビネット&ファニチャーテクノロジー科で、今学期はハンドツール(手工具)のコースを取っています。何時間にも及ぶ研ぎ作業で、手が真っ黒。洗っても洗っても指先は黒いまま。気が付いたら血が出るほど頑張ってたのに、まだまだ研ぎ足らないそうです(↓)。涙

sharpening

が、研ぎ石と水と刃物のコンビが、意外と目と耳に心地いいんですよ。
今学期の終わりには、手工具だけでシンプルなスツールを完成させるクラスです。キッチン用のスツールが欲しかったので、ちょうど良かった。楽しみ。

sunset

昨夜の裏庭からの夕焼け。出先からの帰り道で、ポコポコとした雲がぎっしり詰まった空が見えたので、「今日の夕焼けはいいかも〜♪」と期待をしながら帰宅したらドンピシャ!
ゴージャスなサンセットでした。

お隣りさんの家が売りに出されることになり、ご夫婦が「ここからの夕焼けと気球が見れなくなるのが寂しいわぁ。」と。我が家の前家主も同じことを言ってました。私たちも万が一引っ越しする日がくるとすれば、きっと同じことを思うんだろうな。

木から材木そして家具へ

以前「ビンテージカンナと家具製作プラン」に書きましたが、大学で取っている家具作りのクラスでちょっぴり面白いものを見せてもらいました。貴重な情報かどうかは分かりませんが、私は初めて見るものだったので自分の経験の記録として。

私が現在通っている大学(Palomar College)は、Cabinet & Furniture Technology(キャビネット&家具テクノロジー科)においては全米1位2位といわれるほどの大学で、サンディエゴの動物園やカリフォルニアのあちこちで切り倒され必要なくなった木が寄付されてきます。

木は数年間自然乾燥させる、もしくは窯に入れて一気に乾燥させるらしいのですが、ちょうど授業があった日に、3年ほど自然乾燥させた木を切るというので現場を見せてもらいました。
(iPhone撮影)

Wood cutting at school

ものすごい音とおがくず。鼻毛がいっきに真っ白になるほどです。笑
木の名前、ど忘れしてしまいました。

Wood cutting at school

切った部分に、写真の女子がスペーサーを入れていきます。

切った後、まだ家具作りに適していない湿度が高いものは、さらにこうして乾かします。こちらはウォルナット(↓)。

Wood drying at school

湿度がいい状態になると、Lumber Room (材木屋ならぬ材木室)で生徒達に買われていきます。
最終的にはこうして(↓)家具になっていくのですが、

My Furniture in Progress

私の家具作りは進みが悪くて(苦笑)、この日も本体組み立ててノリ付けするぞと意気込んでいたわりには時間切れ。涙
でも焦っちゃいけません。よーく考えないと、こんなことになりますから(↓)。

My Furniture in Progress

どこかちょっぴり短いの分かりますでしょうか。苦笑
全く焦っていなかったのに、なぜでしょう。しかもこのミスは、このプロジェクトの加工初日だったので、さっそくのガッカリでした。

今回の家具作りに選んだ木は Sipoというマホガニーの一種。
色気のある茶色で、作り終わってからフィニッシュをどうしようか、今から悩んでいます。
次は出来上がってからアップします。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

ビンテージカンナと家具製作プラン

Stanleyのハンドプレーン(カンナ)を購入しました。
1940〜50年代辺りのビンテージカンナ。$30。

Stanley Hand Plane
(ずっしり重いのでブックスタンドに最適♪)

アメリカの手工具屋さんと言えばStanleyだそうで、1860年代から製造されていたようです。(日本やヨーロッパの古くて伝統のある鍛冶屋さんとは比べ物にもならないと思いますが。)
Stanley のビンテージカンナは、ハンドル部分にチェリーウッドの木が使われているものが価値あるようで、私のもラッキーなことにチェリーウッド。肝心な刃の部分はサビサビのガタガタでしたが、研げば輝く状態だったので$30はお買い得だったと思います。

なぜビンテージカンナを購入したかというと、いきなりコレクターになったわけでなく(ブックスタンド用でもなく)、昨年に引き続き大学のCFT(キャビネット&ファニチャーテクノロジー)科でクラスを取っていて、中古カンナの購入が必須だからです。
今学期は「古いハンドプレーンを購入し、分解してお掃除。研いで実際家具作りに使う」というのが、実際の家具作り以外の小さな課題。
個人的には、ザラザラで艶をなくしたチェリーウッドハンドルもピカピカに蘇らせたいなと思っています。

メインの家具製作ですが、前学期はグランドファーザークロック製作で、すでに出来ている時計製作プランから好きなのを選べばいいだけだったのですが、今回の家具製作は自分でデザインしなければいけません。

Furniture Design
Pottery BarnBallard Designsのカタログで、家具デザインのヒント探し。)

水彩画材やクラフト道具、裁縫道具箱やミシン、さらにはカメラなんかも「す・べ・て」すっきり整理整頓できる家具を作りたいのですが、考えて、測って、計算して、線を引いて、気が変わって、線を消して・・・。
「ギャー」と叫びたくなるほど。
「家具のデザインなんて朝飯前。」と高をくくっていたら大間違いでした。
趣味で通っているクラスに、本職?と思うような時間を費やすこのごろ。笑
やっと仕上げて提出したプランは、「大きさのわりに作りが弱い。」(by 先生)とあっさりやり直し命令。クラスメイトの大半がすでに木材のカットに入っているのに、私は今週もプラン直しでデスクに向かっていたのでした。

残り12回のクラスで、本当に家具が完成するのか。
できあがったらアップします。

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...