増築工事 〜6週間を終えて〜

増築工事が数日前に6週間を迎えました。3ヶ月の予定と言われていましたが、もう終盤。
とーっても順調で良かったのですが、最後の仕上げがあまり上手じゃない上、社長さんが1週間の休暇でいない間にマネージャーさんのコミュニケーション能力が下がり、勝手なことをされてドンヨリ気分、、、。はぁっ。

addition_exteriorpaint1

追加でお願いした家全体のエクステリアのペンキ塗りも終わりました。やっと念願のグリーン色の家にになりましたよ。
はじめは上の写真のように角もグリーンだったのですが、「角はトリムと同じ白にするともっと素敵になるよ。」とマネージャーさんと社長さんの両人が別々に勧めてきたので、そこまで言うならとお願いしたら、、、。

addition_exteriorpaint2

こうなりました(↑)。なんかわざとらしく見えるー!がんばったけどオシャレになれなかった家、みたいな。家の表側もこんな感じなんです。でもお願いしてしまったので、あとで自分たちで塗り直します。

addition_exteriorpaint3

ドアはスタッコと同じ明るい方のグリーンに塗る予定ですが、もう少し考えます。
ちなみに使用した色は、スタッコの明るいグリーンがSherwin Williams のDried Thyme。サイディングの濃いグリーンはBehr のNight Mission。グリーン系スウォッチを100枚ぐらいは見比べたのでグリーンに詳しくなったかと思いきや、最後の方はグリーンがよく分からなくなりました。笑

そして現在、床タイルをインストールしてもらっている真っ最中。この作業はわざわざビルダーさんを断り、以前バスルームで2回雇ったことのある会社に依頼しました。ここのタイル職人さんが素晴らしくいい仕事をするので大好きなのです。

addition_floortiles

タイルはあれこれ悩みましたが、最終的にArizona Tile で見つけたブラジル産のスレートタイルに。天然石はメンテナンスが頻繁に必要だと言われたのですが、タイル選びの過程で色々と探せば探すほどホの字になってしまったので、がんばってメンテナンスします。が!あまりテキスチャーが多くて深いものは日頃の掃除も大変な気がしたので、控えめなテキスチャーを選びました。
仕上がりはできるだけ深い色がいいので、エンハンスシーラーというシーラーを塗ってもらいます。楽しみ。

増築のタイル選び

増築と既存のキッチンの床に必要なタイルと、キッチンのバックスプラッシュに使うタイルを選び中です。
床は天然のスレートと呼ばれる石(粘板岩?)のタイルにする予定。黒に近いダークな物を希望。
ピンタレストで見つけたインスピレーション画像をいくつかアップします(↓)。

slatetilefloor3

slatetilefloor4

トラディショナルだったりモダンだったり。スレートタイルは表面のテキスチャーで、それぞれのスペースが醸し出す雰囲気がコロッと変わるように思えます。

slatetilefloor

01a0215f7ea6873400da932f7d39e997

上の2枚の画像は(↑)ぽってりとしたカントリー調。

slatetilefloor2

素足じゃ痛いかも?と思うようなラフなテキスチャーも(↑)。

slatetilefloor5

四角や長方形だけじゃなく、ランダムな形がまざったのもありますよ。

slatetilefloor6

スレートタイルは、木の色とのコントラストがとにかく素晴らしくいい!と思うんです。

slatetilefloor8

タイルは目地の色や幅をちょっと変えるだけでもコロッとイメージが変わるので、そんなことも考えないと。

天然の石はメンテナンスに覚悟が必要ですが、メンテナンス不要の「スレートっぽい」タイルもあります。ヨーロピアン・タイル・アートというタイル屋さんから、スレートっぽいタイルのサンプルを数枚借りてきました。

europeanarttile8

写真上左下のタイルのテキスチャーが一番気に入ったのですが、色が明るすぎる気が。真ん中の小さなサンプル(実物は他のと同じく大きいです)はボコボコ感も色も黒くていいのですが、光沢が偽っぽい、、、。
悩んだ末、ホームデポのサイトで見つけた天然のスレートタイルを1箱注文してみました。これが到着したら見比べて決める予定です。

さて、ヨーロピアン・タイル・アートへ行った本当のお目当ては、ネットで見つけて一目惚れした、キッチンのバックスプラッシュ用のタイルを見ること。下がその画像。

cafe_water623_square_01

Walker Zanger という会社ので、タイル名は「Cafe」。上のブルーがWater Gloss で下の白がMilk Gloss。

cafe_milk4610_square_01

両色ステキだけど、私の気持ちはWater Gloss より。この手作り感た〜っぷりのテキスチャーと、色のまだら具合が好き。

europeanarttile9

写真上の右側のがその実物。目地の色が違うせいか、ちょっと違く見えます。店内の照明で色がずれて見えるというのもあるかもしれません。
写真上の左側のタイルは、似たようなタイルで他会社のもの。どちらかというとこっちのタイルの方がボッテリした手作り感が全面に出ていて気に入りました。

バックスプラッシュのタイルはキャビネットの設置後になるので、もう少しリサーチすることにします。

今回初めて行ったヨーロピアン・タイル・アートですが、店内の隅から隅までタイルで埋め尽くされるサンプルの量で、ここに行けば必ず何か見つかるだろうと思う充実感でした。

europeanarttile1

europeanarttile2

europeanarttile3

europeanarttile4

店名はヨーロピアンですが、扱っているタイルは世界中から。

europeanarttile5

サンプルのお持ち帰りは、1週間ぐらいで返却するなら無料だそうです。
接客も良くて、おすすめのタイル屋さんです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...