息子の部屋が白くなりました

あっと言う間に夏休みも終わり。我が家は今週から一人すでに登校しています。他2人はあと1週間ちょっとで開始。

夏休み中に(もう1ヶ月ぐらい前ですが)、息子がグリーンだったベッドルームを白く塗りました。気が長いと言うか、要領が悪いと言うか、、、こんな小さな部屋のペンキ塗りに4〜5日かけてました。

whiteroom_iz

私もグリーン好きだけど、息子が選んだグリーンは好きじゃなかったので、白に塗りたいと言ってくれて内心ほっ。どんなグリーンだったかはこちらからどうぞ

*ベッドを末っ子にあげて以来、床にお布団で寝ています。作らなくちゃいけないものがたくさんあるので、ベッド作りに着手するのは先になりそうです。それと、ベースモールディングの上がまだグリーンなのは、モールディングをもっと背の高いものに変えるからです。

drawerpulls

上の写真はここ数日かけて作った引き出しのプル(取っ手)。息子の部屋のビルトインクローゼットに取り付けるものです。あともう少しきれいにヤスったらオイルを塗って、クローゼットがいよいよ(やっと)完成です。

手作りベッド完成

長女のために作ったベッドが完成しました。

Handmade Bed for My Child

ベッドにペンキを塗る前の画像は、先月の記事(いただきもの手作り木工風鈴/手作りベッド)でアップしています。

4つ角はBed Rail Fastner(ベッドレールファスナー)というハードウェアで組み立てるタイプのベッドにしたので、木工作業はあっと言う間でした。
問題はその後。タイル屋さんにガレージを陣取られてフィニッシング作業ができなかったり、忙しかったり、気がそれたり、かったるかったり・・・で、ペンキ塗りをするまでに1ヶ月もかかってしまいました。

ペンキの色ですが、くすんだグリーンを長女に提案したところあっさり了解。なかなか難しい年頃で、好みとかも親が知らないうちに変わっていたりするので、どんな返事がくるかと思っていました。今回は「I love this green!」だそうです。良かった。

Floetrol

ペンキにはFloetrol を足してます。(ホコリだらけボトルの写真でスミマセン。)ペンキの10%ぐらいの量を入れてよく混ぜます。ブラシの線などが残らないようにする優れもので、薄め液の仲間です。もちろんスプレーしたペンキのキレイさには勝てませんが、Floetrol を使ったときの違いは一目瞭然。

全体的に角張ったベッドなので、足だけちょっぴり斜めにカットして柔らかみを付けてみました。分かるかな?

Handmade Bed for My Child

ベッドの内部が上の写真にちょっぴり写ってますが、マットレスを支えているのはパイン材12本。ダーリンが「寝てる間に折れて落っこちそう。」って言うんです。私は大丈夫だと思うのですが、まぁ落ちたところで床まで20センチ。長女は頑丈にできてるので、サバイブするでしょう。
万が一壊れたら、ご報告しますね。笑

長女が赤チャンのころから使っている家具セットのナイトスタンドを横に置いてみたら、大きくてヘッドボードが隠れちゃいました↓

Handmade Bed for My Child

でもナイトスタンドが大きいんじゃなくて、ベッドが小さいんです。窓枠にヘッドボードがぶつからないようにとか、腰が掛け易い高さがいいなとか、いろいろ考えて小さめ(低め)にしました。部屋も小さいのでちょうどいいのですが、ナイトスタンドとの兼ね合いは考えなかったー!次は小さめのナイトスタンド作り?笑

Handmade Bed for My Child

マットレスはIKEA。IKEAのマットレスってどんなものかと思ったのですが、本人は「気持ちいい♪」って。一番硬いのを選んだのですが、それでも柔らかいです。どんなマットレスでも体が痛くならない子供が羨ましい。
シーツセットもIKEAです。

次は壁にステンシルで色づけして華やかにしたいなと思っています。壁にテキスチャーがあるので、壁紙はちょっと難しいかなと思うんです。
入居した時に一番酷い状態だったブルールーム。スローだけど少しづつ見違えってきたでしょう?過去のブルールーム関連の記事はこちらからどうぞ。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

端材でケーキ屋さんごっこ用おもちゃ家具

ピンクルームマスターベッドルームにワードローブを作った時の端材(MDF材)で、末っ子のケーキ屋さんごっこ用おもちゃ家具を作りました。

Bakery Counter for My Daughter

この上にPlexiglass(日本ではアクリルガラスのことかな?)で作ったケーキのショーケース部分があったのですが、下駄箱作りをしている時にぶつかって半分壊れた状態になってしまったので外す羽目に。しょせん端材で作ったオモチャなので丸ごと処分しようとも思ったのですが、子供達に壊されるか邪魔になるまで使うことにして、ざっくりペンキ塗りしました。色はピンクルームのワードローブに使った同じピンクです。

Bakery Counter for My Daughter

中側は本棚として使います。

Bakery Counter for My Daughter

置く場所がなくて長いことスーツケースにしまってあった子供達の本を、ここに収納。もちろんこれだけじゃ全部収まらないので、末っ子レベルの本だけをとりあえず出してきました。
余談ですが、長いこと本がなかったお陰で図書館へ通う癖がついて良かったです。夏休みの3ヶ月間は、少なくとも週に1回。多い時は週3回も図書館へ足を運びましたよ。これからも続けよう♪

Bakery Counter for My Daughter

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト4週目

週末を利用して進めているピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト、4週末を終えてやっと本体のペンキ塗りが終了しました。
このプロジェクトの1週目2週目3週目はそれぞれのリンクから見てね。

Wardrobe Project in Pink Room

ようやくビジョンが形になってきた感じ♪

前回のステップで勢いがついていたので、「ペンキ塗ってクローゼット用ロッドを取り付けたら、来週には次のブログ記事書けるぞ。」と張り切っていたのですが、配達屋さんのミスでロッドを引っかけるフランジ(両サイドの金具)がなくなってしまい送り直してもらったため、こんなに時間がかかってしまいました。こういうことあると、やる気なくなっちゃうんだよね。笑
送り直してもらったフランジが到着した数日後、ガレージにいた息子にご近所さんが「これお宅の荷物だよね。」と言ってフランジの入った小包を持って来てくれました。配達屋さんが間違った住所に届けてしまったということなんだろうけど、できればもう少し早く持ってきて欲しかった。2週間近くもたってるんですけどー?笑

Wardrobe Project in Pink Room

ペンキの色選びですが、私は「赤!」ダーリンは「白!」末っ子は「ピンク!」
大きな物だからやっぱり赤は圧迫感あり過ぎるかなと思うけど、ピンクルームに白なんて退屈すぎ。結局ピンクになりました。ピンクルームと名付けた部屋だから当たり前と言えば当たり前かな。部屋の壁が極めて薄いピンクなので、コントラストが付くように濃い目のピンクで話しがまとまったのですが、その「濃い目ピンク選び」は想像以上の難題でした。
赤だったら好きな赤は数個に限られているのであっさり決定できるのだけど、ピンクはどれもカワイイ。紫が入ったラベンダーのようなピンクは若いころから大好きだし、グレー入りのピンクもシックでいい!オレンジがかった珊瑚ピンクも好き。
混乱してきたのでフォトショップでピンクのサンプルファイルを作っていたある日、デスクの上に転がっていたハローキティーのメモ帳のピンクがカワイク見えて「これだ!」と決定。メモ帳片手にHome Depotへ行ったはいいけど、他のピンクを見てまた悩み、最終的にはBEHR(ペンキのブランド)のサンプルカラーの中から選びました。さっさとHome Depotに行っておけば良かった。笑

作業中に外遊びから戻ってきた末っ子(↓)。汚い手足でよじ登られて、さっそく汚されました。でもピンクワードローブに喜んでくれたので、汚したの許すぅー。笑

Wardrobe Project in Progress

ヤスリかけを怠ったためミルマーク(機械の刃物の跡)が残ってるのが悔やまれますが、ペンキはスプレーしたかのようにキレイに塗れました。MDF材はペンキの付きが本当にいいです。そしてこのピンクは大正解!とても気に入ってます。

目の前のベースモールディングはまだ置いてあるだけなので、早く釘を打たないと。釘の頭をJoint Compoundで隠してキレイにしたら「さー、次はドアと引き出し作り!」といきたい所だけど、収納できる時点まで到達したのでちょっとお休み。というのはマスターベッドルームの収納スペースも確保したいので、先にそっちの本体作りを進めたいんです。
今回このプロジェクトで反省点がいくつかあるので、早速それをマスターベッドルームで活かして再度挑戦です(というとまるでピンクルームをテストに使ったみたいに聞こえますが、そうじゃないですよ。)

狭い部屋なので正面写真が面倒なのですが、100%完成したら、ベッドを動かしてでも正面写真を撮ってアップします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト3週目

Wardrobe in Progress

週末を利用して進めているビルトイン(作り付け)ワードローブのプロジェクトです。3週末目なのですが、必要な道具がないので注文したり忙しかったりで1ヶ月半ぶりになってしまいました。
(このプロジェクトの1週目2週目はそれぞれのリンクから見てね。)
「よし再開!」と思ったらダーリンが左手の親指を骨折したのでさらに延期になってしまいそうでしたが、1人ででも進めたいエネルギーが湧いてきたので今週末は頑張って次のステップへ。

まずは土曜日。朝から材木屋さんへ行きFace Frameにする材料を調達。
ペンキを塗ってしまうのでPoplar(ポプラ)で作ります。PoplarとPineはペンキに適している材木ということですが、他の木に比べるとはるかに安いのでペンキに適してなくても使ってるかも。笑
ちょっぴり話しは飛びますが、姉に木精占いというものを教えてもらいました。誕生日から自分の木(木精)を見つけるのですが、私はなんの木なんだろうとワクワクしていたらポプラ。えーっ、ペンキに塗られちゃう安物の木ぃー?がっかり。
自分の木の家具などを家に置いておくといいらしいんですが、ポプラなんてそこら中に置いてあるよって話しです。苦笑
SQ Lifeというサイトの木精うらないから自分の木精と性格や運命が読めますが、すごくよく当たっていましたよ。

本題に戻り・・・。
土曜日はFace Frameをカット。日本語名が分からないのですが、要するに家具の本体(箱部分)の表側で顔(Face)役をしてくれるフレーム(Frame)です。以前使ったFace Frameを付ける前の写真(↓)と見比べれば、Face Frameがなにかお分かりいただけるでしょう。

Wardrobe Project in Pinkroom

Face Frame作り、サクサクッと数時間で作り終わると思ったのに、木工所にいるイタリア人の木工おじさんが私の周りをウロウロして、あーでもないこーでもないとキツイ訛りの英語でおせっかいを焼いてくるので終りませんでした。涙
スケジュール通りにいかなくて気分はドンヨリだったけど、土曜日の夜は友人宅でパーティーだったので早めに切り上げました。女子オンリーパーティーは朝の3時まで続いたので(楽しかった〜♪)、日曜日は3〜4時間の睡眠でまた木工所。前日終らなかった分を切り、イタリア人木工おじさんのおせっかいが始まる前に急いで去りました。笑

最近オッチョコチョイが目立つので、念のため長めに切っておいたFace Frameを、帰宅後にピンクルームのワードローブに合わせながら最終的なサイズ調整。
本体への付け方は色々あると思いますが、どうせペンキを塗ってしまうので真正面からネジで止めました。ネジの頭は表面より引っ込んでしまうぐらい深く留めると、Joint Compoundでツルッツルにカバーできます。

Wardrobe in Progress

ワードローブ中段の片側はお布団の収納になるので、お布団を三つ折り収納できる奥行きにしました。本体(Face Frameぬき)の奥行きは24インチ(約61センチ)。嫁入り道具で両親が買ってくれたお客さん用のお布団を試し入れしてみた(↓)。ってなんだか最近嫁入りしたみたいな響きだなー。笑
お布団がぴったり収まって気持ち良い♪

Wardrobe in Progress

ワードローブ手前にはベースモールディングを付けます。写真(↓)はベースモールディングの切れっ端を置いてみたところ。ワードローブの底部より少しだけ低くなるようにしました。
Face Frameをくっつけてワードローブの奥行きが埋まったところで、ウッドフロアの最後の約2列分をやっと敷けることになったのですが、最後の1列はカットせずに済みました。木の伸縮に必要なスペースを残さないといけないのですが、もちろんモールディングの厚み以下でないとそのスペースが隠れないので、細くカットする羽目になることがほとんどなので今回はラッキーでした。

Wardrobe in Progress

1人でもプロジェクト進めるぞとか張り切ってたくせに、結局Face Frameの取り付けも骨折中のダーリンに手伝ってもらってしまいました。

次のステップ → ネジの穴や隙間などをJoint Compoundで埋め、ヤスってキレイにします。そしたらやっとプライマーとペンキ塗り。

ブログランキングに参加しています。
ワードローブ作り、頑張るからポチッとクリックよろしくね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...