ウィングバックチェア完成

Wingback Chair Upholstery

ウィングバックチェアの布張り終了。

買った時の状態と変更したのは、一部のウェルティング(パイピング)をなくしたこと。
たとえば(遠くて見えづらいですが)、もともとは背もたれ上部にウェルティングが2本入っていました(↓)。

Wingback Chair Upholstery

ウェルティングをなくした結果がこう(↓)。

Wingback Chair Upholstery

このようにウェルティング(パイピング)を入れずに処理する事を「ウォーターフォール」といいます。滝のように見えるからウォーターフォールと呼ぶんだと思います。多分ね(笑)。
ウェルティングを多く使うと、ガッチリと男性的な雰囲気に。ウォーターフォールにすると、ソフトで女性的な雰囲気になります。こういうことってあまり考えないけど、目指すインテリアがあって、そこへ家具を買い足すときなどにいい参考になるかも。

座ってみて思ったのですが、このウィング部分が、うたた寝時に頭を支えてくれてサイコーです。

クッションをどかすとこんな状態(↓)。ボタン見えるかな。

Wingback Chair Upholstery

トリムは買った時と同じように、ギンプ(リボンやトリムのようなもの)の上にタック(画鋲のようなもの)を並べて入れました。

Wingback Chair Upholstery

これが単純なんだけど、全部打ち込むのに数時間かかる作業でした。

Wingback Chair Upholstery

今回の布張りで一番苦労したのは、大きな柄の布を買ってしまったせいで、柄がつながるようにカットしなければならなかったところ。軽く発狂したくなったほど面倒だったー。

My Upholstery Books

そして上の2冊の本は、私のUpholstery(布張り)バイブル。
右の Upholstery Fundamentals はクラスを取ったときに買わされた本。
左の Singer Upholstery は以前自分で買った本。
両方情報満載で気に入ってますが、右の本は広く浅く、左は狭く深く書かれてる感じかな。

材料の購入先:

  • 布は安いというだけで決めてしまったFabric.com の Dakota Ocean
  • ギンプ(トリム)と新調したフォーム(スポンジ)は Jo-Ann
  • その他の Upholstery材料は全てサンディエゴのILO Distributions

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ウィングバックチェア用の布選び

もう1つのイスの布はりプロジェクト。

Wingback Chair Upholstery

リビングルームに置く予定のウィングバックチェア(中古)を買いました。
座面が広くて座り心地良さそうでしょ?
必要な布を計算するために布をはがし始めてから写真を撮ってないことを思い出したので、後部がすでにはがれていますが、地味なグリーンのベルベットです。

アームチェアの張り替えを終了させてからこのウィングバックチェアに取りかかろうと思ってるのですが、布選びに時間がかかりそうなので、ここ数週間すでに布へのアンテナを張り巡らせています。ロサンゼルスの布問屋街では欲しいのが見つからなかったので、オンラインで。現在やっと2つのデザインにまで絞りました。下のコラージュ写真中央のグリーンとピンクの柄がそれ。

Mood Board for Selecting Chair Fabric in Living Room

ソファやラブシートなどの大型家具なら無地を選ぶと思うのだけど、1人がけのイスなので、柄物でドーンと派手にしたいなぁと。柄のレイヤー化好きだし♪
でもダーリンに見せたところ、「花柄ぁ?」とイヤな顔。聞かないでオーダーしちゃえば良かった。

余談。
先週車のカギがなくて、徒歩で末っ子を小学校へ迎えに行った日。
家への道のりで、「抱っこ〜!」って大騒ぎするかと思ったら、テクテクと私の前を歩くじゃないですか。キョロキョロしながら、なんだか楽しそうでした。徒歩も悪くないなぁ。

G Walking Home

何ヶ月も前から末っ子に「ペインティングがしたい。」とせがまれていて、先週末やっと画材道具を出してあげたので、私も便乗して久しぶりにお絵描き。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...