ペーパーコードのスツール 〜座面あみあみ〜

サンディエゴは気温が上がったり下がったり。先週末の最高気温36℃も十分暑かったですが、今週は40℃の予報がついてる日もあります。なのに21℃なんて日もあるので、もうちんぷんかんぶん。
そんな極端な天候が続いているせいかどうかは分かりませんが、末っ子が肺炎になってしまいました。日本行きも延期。

先週の日中は、カウチで横になる末っ子を見守りながら、ペーパーコードのスツールの座面を編んでいました。

前夜に手袋をしないで編み出したのですが、分かってはいたけど手が真っ赤っかに。アイスパックで冷やしてから寝たので大事にはならなかったけど、ヒリヒリ痛かった〜。あみあみ系作業はいろいろやってきましたが、ペーパーコード編みは他と比べ物にならない痛みです。持っている男性用ゴルフ手袋が大きく、付けると作業がしずらくなると言う理由でついつい避けたくなったりするのですが、この痛さは半端じゃないので近々女性用を買おうと思います。

初めての試みで座面にカーブを付けました。これで座り心地にどれだけの変化があるのか半信半疑でしたが、違うものですねー。お尻が馴染みます。ほんのちょっとの手間だけど、かけるだけの甲斐がありました。
反対に、カーブを付けたことでペーパーコードを綺麗に整列させるのが難しくなったような気がします。もっともっと細心の注意を払って編むべきだったと反省。木工作業の面でも反省点があるので、作り直そうかな。

木工旋盤で作る器などもそうですが、こうして我が家では成功作と失敗作の間をさまよう微妙な木工品が増えていきます。

木口切りカッティングボード

今月は日本へ里帰り。端材を使って、友達に配るギフト用のまな板を作りました。

どれも小さめ。
これまで様々なサイズのまな板を作ってきましたが、自分で使ってみて思うのは、毎日使うまな板には小ぶりなものが一番!欲を言うならば、小ぶりまな板が2〜3枚ある状態がベストかな。さっさと料理してさっさと食べたい私の場合、途中でまな板を洗う羽目になるのが面倒なので、数枚あると手間が省けていいのです。お肉用、お魚用、野菜用と決めておければ尚いいです。

全てウォルナット。1枚を除いて、あとは木口切りにしました。英語で木口切りはEnd Grain と言います。小さな木口をいっぱい並べてできた柄が、箱にぎっちりつまったチョコレートのようで美味しそう。

先週出先で食べたもの。
Beard Papa’s のシュークリーム(↓)。韓国系カフェMochiでBeard Papa’s のシュークリームを扱っているというだけなので、プレーン味とチョコレート味だけしかなくてちょっとがっかり。抹茶味とか食べたかったんだけどなぁ。

友達とWholly Crapeブランチ(↓)。ただのバナナキャラメルクレープなのに、特別美味しかった〜。2時間居座ってもしゃべり足りなかったので、この後また他のカフェに移動(笑)。

メキシカンレストランのMiramar Fish and Tacos で、Octopus Taco(タコのタコス)!ここは家族で。

タコのタコスは初めて。プエルトバジャルタでも見かけなかったなぁ。お味はまぁまぁですが、何かが足りない。

ナンタケットバスケットのウッドベースの作り方

ナンタケットバスケットのウッドベースの作り方を、ブログを読んでくださってる方からちょくちょく聞かれます。ちょうど先日ウッドベースを製作中に写真を撮ったので、簡単な説明を。

私が使う方法は3種類です。(写真付き説明は最後の方法だけ。)

  • 旋盤で挽く

この方法は丸いウッドベースのみ可能です。
ガウジで荒削り、スクレーパーで綺麗にし、パーティングツールで溝を入れます。
市販のウッドベースの溝は1ミリ幅ぐらいだと思うのですが、1ミリ幅のパーティングツールというのがアメリカではどこを探してもありません。約2ミリ幅のパーティングツールを持っているのでそれで挽くと、ケーン・ステーブを指すにはぶかぶか。でもウッド・ステイブにはいいんじゃないかな〜と思います(ウッドステイブでバスケットを作ったことがないので、あくまでも予想ですが)。

  • 2〜3枚の木を糊付けて作る

これは一番面倒で時間のかかる方法です。
3番目の方法に必要な機械類が揃う方は、この方法で作る必要はないと思います。
まずバンドソーか糸鋸で木を切り、機械のサンダーや手ヤスリを使って最終的な形に整えます。これを2枚準備するか、1枚の木を2枚にスライスします。この方法の場合、溝になる高さを2枚の内の1枚に作る必要があります。トリマーで溝部分を作ってもいいですし、手工具で作ってもいいし、2枚の間にさらに小さい1枚を入れて3枚を糊付けするという方法もあります。

  • ドリルプレスにソーブレードを設置して作る

これは一番簡単で一番危険な方法です。挑戦する方はご自分の責任でお願いします。
まずバンドソーか糸鋸で木を切り、機械のサンダーや手ヤスリを使って最終的な形に整えます。

その後ドリルプレスにソーブレードを付け、溝を作りたい高さとソーブレードの高さを合わせます。スイッチをオンにし、準備したウッドベースをあてると下のような溝ができます。このソーブレードは1ミリ幅。

どんなソーブレードかというとこんなの(↓)。

ハイスピードスチール製です。Amazonの商品ページ→ 5-Piece High Speed Steel Saw Blade Set
サイズ違いで5つ入ってますが、奥行き3/5インチで1ミリ幅というのがまさにぴったり都合がいいので、私はそれを使っています。
Amazon の商品ページの写真ではDremel みたいな手持ち電動ツールに付けて使ってますが、ウッドベース作りでそんなことしたら、絶対にダメです。ドリルプレスで溝入れしてください。私はレザーの手袋を付けてがっつりウッドベースを握り、ゆっくりゆっくり進めます。無理にぐいぐい押し込んだり、ちゃんと握ってなかったりすると、木がすっ飛びます。(木がすっ飛ぶのはいいのだけど、その時に手がブレードを触ってしまったりしたら大事件です。)

この後バスケットの内側になる側に、トリマーでカーブを付けてできあがりです。

ペーパーコードのスツール 〜ウォルナット&ホワイトオークで〜

2年前に実家の両親に作ったペーパーコードのスツールが、足に痛みがある父が立ち上がり易い高さなのだそう。で、ある日母と電話中に、「あと2〜3脚あったら家中に置いておけていいんだけどねぇ。」って。そんな事をさらっと言うんですよー。笑

と言うわけで、2〜3脚は無理だけど1脚製作中。(写真はドライフィットです。)
前回はスポルテッドのホワイトオークにブラックのペーパーコードで編んだのですが、今回はウォルナットとホワイトオークの組み合わせにナチュラル色のペーパーコード。

この木の組み合わせはReese’s のピーナツバターカップに見えますね。

ホワイトオークだけ、旋盤で丸くしてみました。

今回はドミノで作っています。8ミリのカッターを新しく購入しました。
明日組み立てて、明後日には座面の編みに入れるかな。

ワークベンチにドロップイン小物入れ

私の小さなガレージ工房では、チープなワークベンチ(作業台)を2台くっつけて使っています。

ワークベンチって油断するとあっという間に作り途中の物でいっぱいになり、作業に差し支えます。そこで、2台の間に小さなものなら落として入れることができる物入れを作りました。

手持ちのプライウッドで作り、それぞれのワークベンチの後部にボルトで付けた単純な作り。

のり、ペンたて、充電器、使い途中のヤスリ紙、小さなクランプ、彫り途中のスプーンなどなど、いろいろ入れておけて便利です。

このドロップイン小物入れを付けたことでワークベンチの面積が増したので、大きな物の作業にもいいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...