薪ストーブとセメントタイルのお掃除(いまさらですが薪ストーブの設置費)

もう1ヶ月まえぐらい前のことですが、かわいいかわいい薪ストーブの大掃除をしました。
この間の冬はいつもより寒くて、薪ストーブを設置した初冬でしたが早速大活躍。最後に使ったのは4月の頭だったかな?

ドアのガラスがピカピカですが、シーズンちゅうは真っ黒こげで、ストーブ内の炎が見えないこともしばしば。Windex で取れないしつこい汚れはMr.Clean を使ってこすりまくりました。

ストーブ下にアシュトレーがあるので、灰を掃いてそのトレーに落とすのですが、灰が空気中に舞って大変なことになるので、ゆ〜っくりゆ〜っくり。これが面倒ったら。
煙突内を通っているパイプのお掃除はプロにお願いするのですが、2年に1度でいいと言われたので今年はパス。でも冬の最後にめいいっぱい薪を入れてアッツアツに焚くと、パイプ内が熱でお掃除されるそうです。

薪ストーブが置いてあるセメントタイルも汚れがあちこちに。まずは雑巾掛けをして、それでも取れない汚れは紙ヤスリでゴシゴシ。220以上の細かいヤスリ紙で円を描くようにヤスリるとすっきり綺麗になります。

上の写真はヤスリがけ後。そしてMiracle Sealants Company から出ている511という仕上げ材を塗り、タイルメンテナンス終了です。

薪ストーブにかかる費用を記録していたのに、設置完了した時にブログに記録するのを忘れてたので、いまさらですが 載せておきます。前もってネットで調べた平均費用は、日本が100万円。アメリカが7000ドルとなっていました。我が家は、、、

暖炉の撤去作業費: $300.00
薪ストーブ(Vermont Casting のEncore Flexburn): $2799.00
セメントタイル: $459.75
モルタル(シンセット): $18.41
壁の修復作業費: $250.00
暖炉の設置費: $600.00
設置にかかる材料(パイプなど): $1,630.91
—————————————
合計:$6,058.07

もともと暖炉があったので撤去作業費がかかっていますが、なければかかりません。その代わりに壁に穴を開ける作業費がかかると思うので、ケースバイケースですね。タイルは下手っぴながらも自分で敷いたのですが、壁の修復作業はやる気になれずプロを雇いました。それと薪ストーブはアメリカ製を選んだので、国内生産品でお手ごろ価格だと思います(それでも高いお買い物ですが)。ヨーロッパからの輸入薪ストーブを見ていた時期があったのですが、倍以上のお値段でした。ちなみにうちの薪ストーブは日本では輸入品になるので、やはり倍ぐらいしているようです。
それと州外のお店から買うと消費税を払わずに済むので、州外でさらには送料無料のお店を探しました。

薪ストーブは私が欲しくて取り付けたものですが、シーズン中はダーリンと息子の方が楽しんでた気がします。男性は薪を焚くことにロマンを感じるなんてどこかに書いてあったのですが、おかげで私はあまり薪運びをせずに済みましたよ。

トレーダージョーズのこのSliced French Brioche というパンが(↑)甘くて美味しい♪

ダストブラシ

メープル材でダストブラシのハンドルを3本作りました。長いのを1本と短いのを2本。

dustbrushes1

機械物の細かい部分のお掃除に最適です。私の場合は木工の機械(特に木工旋盤の入り組んだ部分)や、ミシン、コンピューターのキーボード部分が頭に浮かびます。

形はコロンとしたシンプルさを追求してみたつもりで、結構気に入ってます。計って作っていないので、3本ともビミョーに形が違いますが。これもクラフトフェアへ持って行く予定。

dustbrushes2

ハンドルに穴がある方が便利かなーと思ってあけてみたのですが、レザーコードを付けてみたら、なんか違う。これは使う人が自分で気に入った紐を付ける方がいいのかなぁ。そんな小さなことに悩んでます。

お掃除週間 〜末っ子の部屋〜

感謝祭の1週間は子供たちの学校がお休みなので、「家のプロジェクトを手伝ってもらお〜♪」なんて張り切り気分だったのですが、小さな怪我をしました。オリーブ材の器をウッドターンする準備の過程で左手中指の第一関節を打撲し、1.5倍ぐらいに膨れ上がりむらさき色に。涙
声も出ないほど痛かったのですが指は曲げれたので骨折はしていないだろうと思い、アイスパックで冷やす日々。指先って何をするにも物に触れるので、ぶつける度にうずくまる数日でしたが、やっと落ち着いてきました。

そんな理由でこの1週間は木工をあきらめ、お掃除に専念。

groom2

特に時間をかけたのが末っ子の部屋。
バービーなどのお人形類の1/3ほどを処分し、キープするお人形はIKEAから写真上のバスケット(RIFFLA)を買ってきて収納。バスケットの中はまだ着せ替え用の細い服などでぎっしりですが、まとめておけるだけで気分はスッキリ。

groom1

久しぶりのIKEAでは、フクロウの可愛いクッションカバー(GULÖRT)も買いました(↓)。まさかの$5。

groom4

だいーぶ前に作ったハートの小さな飾り棚(↓)。ここもぜ〜んぶ拭き掃除。

groom5

掃除中に気がついたのですが、IKEAのMALM(引き出し)の上段が壊れていました。

groom3

この引き出し、すっごく重たいわりには作りが貧弱です。
新しいのを買いたくないので、放ったらかしの造り付けクローゼットの下部に引き出しを付けて、洋服の収納を確保しようかと考え中。

キッチンの小さなオアシス

パントリー製作、完成してないけどすでに嬉しくて、ここ数日はいつもよりキッチンのクリーニングを頑張っちゃってます。気分が良くなって(調子に乗って?)、キッチンカウンタートップにクリーニングサプライ、サボテン、ハンドローションが集う小さなオアシスを作ってみました。

Oasis in Kitchen

カラフルで小さなものの集まりって、見てるだけでワクワクする目のオアシス。
Mrs.meyer’sカウンタートップスプレー は、評判を読んでほんの数日前に買ったばかり。5月に取り付けたとりあえずなIKEAのカウンタートップは安価だったせいか(?)、最近汚れが目立つんです。このカウンタートップスプレー、パッケージがかわいい上に私が好きなバーベナの香り。
もちろんカウンタートップ、すっきりキレイになりました!

What I Got on Black Friday

上の写真は今年のBlack Friday(感謝祭翌日の大々的なセール)で買ったCrate & Barrel のティーインフューザーとミニマフィンパン。子供たちのクリスマスプレゼントも買ったけど、今年はあまり興奮するほどの収穫はなく、不完全燃焼でムズムズ感が残りました。自分に何も買えなかったからかな。でも姉と初めて一緒のBlack Fridayショッピングだったので、「2人でフラフラ&ランチができて楽しかった」という意味での収穫はありました♪

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

カスタムマットで水彩画完成

自分で描いた末っ子の水彩画と手作りピクチャーフレーム、完成しました。

Watercolor Portrait

さんざん悩んだマットの色ですが、どうも単色だと落ち着かない気がしたので、2色選んでレイヤー化しました。

Watercolor Portrait

今回初めて利用したのはpictureframes.com前回の途中経過の記事でマットの無料サンプルを送ってくれた会社です。

絵とフレームは自分の手作り、ガラスとマットはカスタムオーダー。なんだか面倒で長い道のりでしたが、こうして絵をはめてみると・・・うれしい♪
中古マイホームはプロジェクト続きで散らかっているので、そこへ画材を広げる気になれなくて描いてませんが、ちょっぴり描きたい気分になってきました。

ガラスは近所のDiscount Glass & Mirror Inc.というガラス屋さんで注文。名前にディスカウントと付くとサービスもディスカウントで雑かと思いきや、とても対応が良く、カットも素早くてスムーズなガラス屋さんでした。これからはここにお世話になりましょう。

Chandelier

去年の暮れに取り付けてから、1度も拭いていないシャンデリア。
普通だったら年に1回拭くぐらいで十分だと思うのですが、ホコリのたつプロジェクトが何回かあったので、今日やっと気合いを入れてテーブルの上によじ登って拭きました。
ガラスの少ないシャンデリアにして正解。これだけでもけっこう面倒。
終って下から見てみると・・・何も変化なし。
天井が高いのでシャンデリアも遠くて、汚れなんて目に付かないのかも。
自己満足なお掃除でした。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...