薪ストーブ設置に向けての準備 〜完了〜

先週の記事「薪ストーブ設置に向けての準備」で、ストーブの設置の予約日を延期する羽目になりました。床のタイル面積が足りていなかったのです。

tiles_woodstove1

「小さいリビングルームに、そんな大きなタイル面積は、、、う〜。」と嘆いてみたのですが、薪ストーブ取り付け屋のおじさんによると、「説明書に従って燃えない素材の床面積を確保するのは、あなたとあなたの家族の安全のためです。」だそうで、結局タイルを足しました。

1列8枚で3列足したのですが、何を嘆いていたのか、、、そんなに違和感ないかも(写真上)。
まだウッドフロアとの間に入れるトランジションピースという木の床材を入れていませんが、ちょっと忙しいのでこの状態で薪ストーブの設置に入ってもらいます。
ちなみに、なんとタイルを敷くのがちょっとだけ上手になってました!もちろん真っ平らに敷けたわけではないのですが、今回の3列は足を踏み入れるエリアなので、比較的スムーズな仕上がりになって良かったです。

tiles_woodstove2

この(↑)タイルとドライウォールのつなぎ目にちょっと悩みました。分厚いセメントタイルを単純に置いてしまうと、タイルの側面を見ることになります。それって何だかオカシな気がするのです。かと言って、ドライウォールの側面も見苦しい。結局セメントタイルを45℃にカットして、両側面を隠すことに。タイルは必要な枚数しか買わなかったのでドキドキでしたが、騙せる程度の小さな失敗で済み、無事に45℃のつなぎができました。

tiles_woodstove3

オカシなこと、もうひとつ(↑)。
暖炉のマントルピースがあったので、ベースモールディングが両サイド共、途中で切れています。部屋の隅から隅までベースモールディングを付ければ?という提案があったのですが、それは何だかスッキリこないのです。ここ数日の間、真剣に考えているのだけど、いいアイデアが浮かびません。

persimmons

ダーリンの職場の方から柿をいただきました。ウレシい。でもちょっとシブそうなので、渋柿を甘柿にする方法を検索しています。

薪ストーブ設置に向けての準備

古いガス暖炉を取り除いてもらった壁の穴を、薪ストーブの設置に向けて準備です。

woodstoveready

まだペンキ塗りが終わっていない箇所がありますが、暖炉があったのが遠い昔のことのように、スッキリきれいになったでしょ。

元暖炉があったところのフロアタイルには、4年前にDIYしたセメントタイルと同じ物を。

fireplacehole_tiles

Tierra Y Fuego (タイル屋さん)に、同じセメントタイルがあるかなと心配したのですが、ありましたよ〜。ホッ。

cementtiles

店内で見た時に、なんとなく色の濃さや褪せ具合が違う気がしたのですが、家に持ち帰って比べたら同じ。またまたホッ。

cementtiles2

前回のDIYでタイルを敷く難しさを痛感していたので、今回は業者さんにお願いしようと思ったのですが、足で踏むことのない床だし、そもそもセメントタイルはオールドワールドを醸し出すタイルなのだから、綺麗に並んでいなくても許される!と自分に言い聞かせ、またまたDIYしました。

fireplacehole_tiles2

2回目だから少しは上手になってるでしょ〜と期待したものの、初回より下手っぴかも。

さてドライウォール。周辺の壁の「ノックダウン」というスタイル名のテキスチャーに合わせなくてはいけないので、DIY予定ですでに釘打ち済みだったドライウォールをはずし、業者さんにお願いしました。

fireplacehole_drywall

このドライウォール屋さん、もうすっちゃかめっちゃかで。細かいことを書き出したら止まらなくなりそうなので書きませんが、それなりに仕上がったのが奇跡のようです。

そして今日、薪ストーブを設置してくれる業者さんが事前確認で来てくれたのですが、なーんーとー、床のタイル面積が足りていないことが発覚。薪ストーブのフロントドアを開けた際に火花が飛び出したときのことを考慮し、うちのストーブの場合、奥行きのタイル面積が45インチなくてはいけないのだと。
ストーブの設置日を延期し、準備は続く、、、。

sunrise_20160928

昨日の朝、7時数分前の空。子供達を学校へ送って行く車中から見た、雲の向こうの朝日ビーム。扇状に広がる光線が、元気を運んできてくれました。

ファイヤープレイスの撤去とストーブ選び

業者さんにお願いして、ファイアープレイス(暖炉)の撤去とストーブの設置の見積もりに来てもらったのは去年の5月。もう1年が過ぎていました。

LivingRoom_

上の写真はその時ので、記事はこちら→ リビングルームの暖炉→ストーブ

「今年の冬こそはストーブで!」と思い、夏の終わりにファイヤープレイスの撤去作業をお願いしようと思っていたのですが、今の方が業者さんも忙しくないだろうし、ストーブ設置前のDIY作業に時間がかかるので、先日お願いしました。

FireplaceRemoved

撤去作業は2人がかりで1時間半。壁にぽっかり穴が空きました。ファイヤープレイスの後ろは埃や蜘蛛の巣だらけでしたが、業者さんによると鳥や小動物が死んでいることも多々あるそうなので、うちのは綺麗な方だったそう。

空っぽになった空間の壁面をドライウォールで埋めてるところ(↓)。手持ちの材料をパッチワークして間に合わせたいけど、微妙に足りないかも。

Fireplace_removed

そして床面にはタイルをはる予定です。
業者さんは9月ごろから徐々に忙しくなるそうなので、そのころまでには完成させてストーブを入れてもらいたい。

さてストーブですが、ファイヤープレイスがガスだったので、そのままガス栓を利用できるガスストーブがいいのではと思っていたら、ダーリンはウッドストーブ(薪ストーブ)がいいと言うんです。そこで色々調べてみたら、ガスストーブはウッドストーブに比べ、ストーブの天板に調理やお湯を沸かすための十分な熱が伝わってこないそうなのです。ストーブ上でお湯を沸かしてコーヒー注いだり、シチューを煮たりするのが夢なのに、、、。ガスストーブだと省エネにもならないので、ダーリンの希望通りウッドストーブにすることになりました。

素敵なストーブが多いヨーロッパ製のものは、当たり前だけど「輸入品価格」で高いので、アメリカ製のウッドストーブから選ぶことにして、現在の第一候補はバーモントキャスティングのアンコール(↓)。

new_encore_visual

上の写真は日本のファイヤーサイドという薪ストーブ屋さんから拝借。アメリカでのアンコールのサイトはこちらです。

最近は省エネのためにとウッドストーブにする人が多いと業者さんが語っていましたが、ストーブ自体がブームなこともあって、商売繁盛している様子でした。「薪やさんもウッドストーブが流行っているのを承知してるから、薪代を上げてきてるよ。」なんてことも言ってましたが、それでもガス代より安く済むみたいです。薪は夏のうちに買い備えておくと、冬場に買うよりも安いそうですよ。

アメリカでは2016年末までBiomass Federal Tax Creditと言って、バイオマスストーブに税額控除があるので、対象のウッドストーブを買うとタックスリターン時に$300の戻りがあります。アンコールのストーブも対象に入っています。

今から寒い季節が待ち遠しい!

リビングルームの暖炉 → ストーブ

季節外れですが、今日は暖炉の話題です。
数ヶ月前の写真ですが、うちのリビングルーム(↓)。もちろん普段はもーっと散らかってます。

LivingRoom_

オリジナルだったマントルピースの石を取り払い、自分で作ったマントルを引っ掛け、マントルの裾用にモールディングをカットしたあたりで薪ストーブが欲しくなり、せっかくカットしたモールディングも付けないまま早2年以上。

どういう風にしたいかというと、下の写真みたいな感じ。

beldi-rugs-creative-desks

my scandinavian home より(写真のラグ、可愛い〜!)

ストーブの上にコーヒーマグとかケトルとか置くのに憧れてます。

先日やっと重い腰を上げて暖炉専門の業者さんに連絡したら、早速見積もりを取りにきてくれました。作業は煙突へも及ぶようです。自分たちでDIYできないだろうかと一瞬思ったのですが、勉強するだけで数年かかりそうなので、これはやっぱりプロにお願いしましょう。

既存の暖炉はガスで燃えるタイプなのですでにガスパイプが通っていることもあり、ガスストーブがいいかなーと思っています。昔ながらのウッドストーブ(薪ストーブ)も憧れるのですが、薪を買いに行ったり収納したりする手間を考えると、私の場合使わなくなってしまう可能性があるかな〜と。

暖炉からストーブへ変更した様子のあるインスピレーション画像を数枚(↓)。

dwell

dwellより

WoodStove

amandajanejones さんのインスタグラムより

もちろん暖炉の跡形も何もないところにストーブを置くのも素敵です(↓)。

WoodStove2

Danielle de Lange さんのflickr より

dwell2

dwell より

先月(だったかな?)ダーリンがスリフトストアでこんなバスケットを買ってきました。お値段2.50ドル!

basket

使用目的があったようですが、もらっちゃいました。
薪ストーブを付けるんだったら、このバスケットに薪を収納したらぴったりだろうと思うのですが、ガスストーブの予定なので、偽の薪かブランケットの収納にいいかな。

手作りマントルでMerry Christmas!

今年はひさしぶりに姉家族と一緒のクリスマス。
姉たちがやって来る前日、やっと手作りマントルに白いラッカーを塗りました。

Handmade Mantle

ちんたらしていたせいで、マントルを取り付けたら時間切れ。
肝心のクリスマスデコレーションができなかったー。
あまりにも殺風景なので、姉たちが友達とディナーへ出かけている隙に、ちいさなクリスマスオーナメントをぶら下げてみました。

Handmade Mantle

マントルの全体写真はまた改めてアップしまーす。

たのしいクリスマスを!


にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...