ウォルナット製の器

ウォルナット製の器を作りました。私の中ではたらこスパゲッティ用。

bowl1

器の外側にはちょっぴり「?」っと思ってもらいたい、斜めなハードラインを入れてみました。
底は一般的な高台です。が、もうちょっと趣のある高台の形を目指したいというのが次回への課題。

bowl2

直径23センチ。

今年の夏は湿度が高く、毎日モワッとアワーズをやり過ごすのが大変。

ウッドターニングのこと/また息子の陸上

大学にシャープニング・ステーション(研ぎ専門エリア)が設けられていて何もかも揃っているので、ウッドターニングのツールはすべてそこを利用して研いでいました。でもよく使うツールは1コのボールを挽くのに何回か研がなくちゃならないし、夏の間は大学へ行かないので不便となり、やっと自分のグラインダーを買いました。

grinder

重くて箱から出せなかったので、ダーリンが単身赴任先から帰ってきたときに出してもらい、とりあえずガレージのフロアにドンッと。グラインダーを置く場所がないので、台を作らなくちゃ。ツールを研ぎ易くするためのアクセサリーなども揃えたい・・・。気持ち良く木工をする為に買わなくちゃいけないもの、作らなくちゃいけないもの、当分続きそうです。

2ヶ月ほど前に、エルトンさんから木材をダンボールいっぱいいただきました。ウッドターニングに良さそうな物ばかりで嬉しかったのですが、ヒビがいっぱい。しょうがないので危険なヒビだけ取り除き、練習と思って挽いています。

bowl

ウッドターニングで新しい物を作り出すとき、ある程度のアイデアを描いてみたり想像したりして挑んでますが、回し出してからアイデアが湧き出てくることもしばしば。写真の器もそうですが、元々のアイデアから方向転換して気に入る形に仕上がる確率も結構高いんですよ。
つくづく「とにかく手を動かしてみるものだ。」と感じる瞬間です。

bowl_bottom

この器には、今まで使ったことのない仕上げ剤を試しています。(写真は仕上げを塗る前。)

余談。

子供たちが夏休みに入りました。ほぼ同時にワールドカップも始まったので、毎日観戦で忙しい。

Association1

そしてもう2週間前ですが、アメリカ陸上競技連盟のサンディエゴ大会400メートル走(13&14歳の部)で息子が1位。次の大会(Regional)へ進出が決まりました。ホッ。

Association2

下の写真は同じクラブの写真係りママが撮ってくれていた物です。

SDAssociation_20140607_5

200メートル走も2位で次の大会の出場権をゲット。

今夜(金曜日の夕方)から日曜日までの3日間、南カリフォルニア、ハワイ、ネバダの3州のトップランナーと競います。この大会でトップ5に入ると、本人が目指すUS ジュニア・オリンピック・チャンピオンシップの出場権がもらえるという仕組みだそうです。
でもロスやラスベガスのトップランナーのタイムと比べると、2競技とも厳しそうだな。涙

余談の余談ですが、サンディエゴ大会にオリンピック金メダリストのMonique Henderson さんが来ていましたよ。

では行ってきまーす。

キャンドルスタンド/バレエ鑑賞

去年の11月に作ったキャンドルスタンド。
ホリデーシーズンのデコレーションに使いたくて作ったのに、すっかり忘れてました。

Candle1

これを作るのに旋盤を回している最中、突然1/5ぐらいがすっ飛んでビックリ。くっつけて挽き直したのですが、少し傷が残ってしまいました。でもちょっぴり変な形が、テーブルの上で存在感を出して気に入ってます。

・・・

またまたいつもの余談。

もう2週間ぐらい前の話しなのですが、末っ子の小学校のお友達に招待されて、California BalletSleeping Beauty (バレエの舞台)へ行ってきました。
ドレス・リハーサルの一般公開で、「これは本番前の最後のリハーサルで、失敗したらそのシーンをやり直す可能性があるので、承知しててくださいね。」と言って始まり〜。

Kateryna-Khaniukova

主役のプリンセス・オーロラはKateryna Khaniukova さん(写真上)というウクライナ人のバレリーナ。検索してみたら色々な賞をとっている方のようです。
完璧なバレエの世界もいいけど、間違えて恥ずかしそうにしたり、ふざけたりしているバレリーナ達が可愛くて、とっても楽しかったです。
末っ子も、お友達とオシャレをしての夜のお出かけに興奮状態でした。

ドレス・リハーサル、また行きたいな。

スカロップエッジボール/息子の夢

以前姉に作ったスカロップエッジボールの木のコンビで、またまた新たなボールを作っています。器部分がウォルナットでスカロップがメープル。サイズは姉に作ったのより大きいかな。上部の直径が8インチ(20センチです)。
同じウォルナット+メープルのコンビでも、位置を入れ替えただけで突然しっとりとした大人な雰囲気になるな〜。

bowl_side

今回はオンラインショップに出す物といくつかプレゼントしたい分などを考え、まとめて7つ作り出したのですが、早速1個ボツを出してます。涙
この器作りはプロセスが長いだけでなく、それぞれの段階で確実に決めていかないと最後がピシッと決まらないので油断禁物!だから完成まであと数歩で失敗してしまうと、本当にどんより悲しくなります。

bowl_top

写真の器は成功した物で、友達の誕生日プレゼントになりました。
久しぶりに会ってプレゼントを渡しがてらランチをし、場所を変えてお茶もして。楽しかった。

・・・

書きたいことはいっぱいあるのに、最近ブログの更新がスローダウンしています。息子の陸上シーズンが大詰めでハラハラドキドキな毎日のため、思うように物事が進まない状態なんです。
もともと6年目になるサッカーシーズン前のブレイク中に、体力が落ちないようにという理由で始めた陸上なのですが、思った以上に足が早いようで「レースで勝った」→「嬉しい」→「もっと頑張る」→「また勝った&タイム縮んだ」→「嬉しい」→「もっと頑張る」の繰り返しで、初年度にも関わらず、ある大会への出場権をゲットしたいと言い日々トレーニングに励んでいます。

先週末コーチに言われて知ったのですが、サンディエゴの13&14歳の部の400メートル走のランキングで、なんと1位に上がってるんです(↓)。今シーズン出場している全てのランナーのトータルランキングだそうです。(下の画像はトップ10の表です。)

SanDiegoImperial

ブログでは子供たちの名前を伏せてるのですが、興奮状態なので名前出しちゃったりして(↑)。

IZ_20140525

上は先週末。右が息子。左が100メートルと200メートルでサンディエゴのランキング1位のクラブ仲間です。彼はスピードもフォームの美しさも大人顔負けの14歳。本命はフットボールだそうです。

重要な大会を10日後に控えてるのですが、こんなに頑張ってるこの子達にどうにか夢を叶えさせてあげたい。でも同じ大会を目指す子を持つ全ての親が同じ気持ちなんだろうな。
私は毎日息子のタクシードライバー、週末はお弁当作り係り、頑張ります。

片口の器

片口の器ができました。

レースウッドで片口の器
レースウッドで片口の器

ウッドターニングはそれだけでとても楽しいのですが、ひと手間入れたくなるんですよね。
そこで今回は注ぎ口をカービングしてみました。余計なことをしたが為に失敗してしまうこともあるのですが、このひと手間が楽しい。

レースウッドで片口の器
レースウッドで片口の器

今回使ったのはレースウッドという木です。レースの様に見えるからレースウッド。

レースウッドで片口の器
レースウッドで片口の器

水やオイルをかけると木口部分が金色に輝いているように見えるゴージャスな木です。

レースウッドで片口の器
レースウッドで片口の器

今年初の記事の最後に、ガレージのホームショップ(工房)が完成したら個人的なニュースを発表したいと書いたことがあるのですが、それは小さい木工品を売るオンラインショップをオープンしたいということでした。(ホームショップはまだ手を加える必要があるのですが「完成!」したと思うことにして、近々写真をアップします。)

レースウッドで片口の器
レースウッドで片口の器

自分で作った物を売りたいと思うようになってから確実に2年は過ぎていると思うのですが、本気でとりかかろうと思いオンラインショップをオープンした途端に、利用していた木工所が閉鎖されてしまいました。それが理由で自分の工房を持つ決心をして作業開始。
一応3児の母なのであれこれ忙しく、なかなかショップに商品を入れられない日々ですが、とりあえず20品アップすることを目標にして、達したらリンクをお知らせできるように頑張ります!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...