木工で出る端材の活用法 〜バスケット編〜

手作りに材料の残りはつきものです。お裁縫で出る端切れのように、木工でも端材が山積みになります。去年の秋に薪ストーブを入れたので、どうしようもないほどの細かい端材は、燃やして暖をとるのに役立たせることができるようになったのがとても嬉しいです。

何かに使えそうだけど、なかなか出番がやってこないだろうな、というような中途半端な大きさの木材もたくさん残ります。 そんな端材がバスケット作りに役立つんですよ〜。
キッチンの造り付けベンチに使った端材では、ナンタケットバスケットの10インチオーバル型を作りました。

スプレー塗装中。
大きめの型は重くなりがちですが、軽い木なのでちょうど良かったです。

細長く残っている材はウッドステイブに。まだケーンステイブでしかバスケットを編んだことがないので、これでウッドステイブに初挑戦できます。

上はテーブルソーで大雑把にスライスしたウォルナット。
ウッドステイブは底の方を曲げなきゃいけないので、曲木の木を選ぶ時と同じように木目がまっすぐなものだけを使います。

その後ドラムサンダーにかけて均一の厚みに整えます。

ホワイトオークも細長いのがいっぱい残っていたので、ウッドステイブにしました。

ホワイトオークはいろんな形とサイズの端材がいっぱいあるので、新しく作った10インチオーバル型用にウッドベースも作りましたよ。

長女がタッパーズのバスケットが欲しいというので、ついでにチェリーのタッパーズ用ベースも(写真上左)。

こうして端材を役に立たせることができると、ガレージ工房も気分もスッキリです。

末っ子作の小さなナンタケットバスケット完成

サンディエゴは久しぶりに雨です。恵の雨ですが、風付きなのがイヤだな。

去年の夏休みの終わりに末っ子が編んだ、小さなオーバルのナンタケットバスケットが仕上がりました。

これ用に木のハンドルを作ったのですが、フライパンや鍋に入る短さなので、スチーマーは使わず、手っ取り早いフライパンで煮て曲げました。
曲木には木目がまっすぐなものを選ぶのが成功への第1歩(↓)。

メープルを曲げましたが、曲がらなかった時のことを考えてチェリーもいくつか用意しておきました。

ドラムサンダーに120番のヤスりを付けて厚さを整えたので、手でのヤスリは150から220番まで。どっちにしても濡らすと毛羽立つので、曲げて乾燥してからまたヤスる必要があります。

作ったハンドルの厚みは1/8インチ。3ミリちょっとです。長さが10インチ近くあるので、直径が足りるフライパンにお湯を沸かし、沸騰してからハンドル投入。10分強で曲がりました。あらかじめ作っておいたハンドル用のシェーパー(型)にクランプで留めるのですが、ハンドルが折れないように慎重に曲げます。

曲がりました。
2〜3時間してシェーパーから外すとスプリングバックで両端1インチほど広がりましたが、クランプで希望の幅まで両端を絞めて留めておいたら、数時間ですぼまりました。でもこれはあくまでも薄いからできたのだと思います。普通だったらスプリングバックを計算に入れて、シェーパーを作り直さないといけないと思います。

バスケットの仕上げのクリアコートには、お気に入りのDEFT を使いました。ウッドターナーの間で人気のスプレーラッカーなのですが、30分で乾いて重ね塗りができるし、とにかくとっても綺麗につきます。どこのブランドもSelf-Leveling(自ら均一の厚みに塗られる)フォーミュラで作られていますと書いてはあるのですがイマイチで、でもDEFTは本当にキレイですよ〜。私はサテンの光沢が一番好き。オススメです。

バスケットが出来上がりに近ずいて、ハンドルを付けるのに必要なノブとワッシャーがないことに気がつきました。ノブはメープルのスクラップを使って旋盤で自作しましたが、ワッシャーは買いに行かないと。なのでハンドルは今のところ仮止め状態です。

末っ子はお兄ちゃんのサッカーの試合で毎回退屈するので、これからはこのバスケットにレゴや小さなお人形を入れて持っていくのだそう。
少々編み目が荒いですが、10歳児には上出来なファーストナンタケットバスケットではないかと思います。

末っ子のバスケット用ノブを作ったついでに、Aさんに頼まれていたノブも作りました。思いがけないことに小さなスクラップが役に立ちます。

息子のビルトインベッド作り 〜引き出し〜

息子の部屋のビルトイン(造り付け)ベッド作り 〜まずはフレーム〜 の続きです。

本人を写真にいれたくなかったのですが、めずらしく読書をしているので「どいて」とは言えず、、、。

さて、まずは引き出しのレールを設置。上の写真で見えるでしょうか?いつものBlumというブランドのものを使います。信頼のブランドです。

そして作った引き出しの底には、Blum のジグで穴を開けてロッキングデバイスをインストール。

引き出し3つだけだったので、1日で作ってインストールできました。ちなみに引き出しはFestool のDominoジョイントです。

次はフェイスフレームを作る予定です。これで見た目がガラッとキレイに変わるはず。

余談。
先月息子がサッカーの活躍で学校新聞に取り上げられました。去年陸上で学校の記録を塗り替えた時以来です。

これだけでも嬉しいのに、バスケットボール部のベストフレンドと偶然一緒に取り上げられたのです。2人とも新聞を見るまで知らなかったというサプライズがいい♪ とってもいい思い出に残る新聞となりました。
このベストフレンド君なのですが、196センチ。182センチの息子がとーーーっても小さく見えるんですよ。

そんな息子がサッカーのトレーニングで足首を捻挫。

今までは痛みが長引くとフィジカルセラピーなどに通っていましたが、元プロのサッカープレーヤー兼トレーナーからのおススメで行ってみたレーザーの治療が驚くほどの効き目なので、去年からは「怪我や痛みにはレーザー!」となりました。Phoenix Thera-Lase therapeutic laser systemというテクノロジーで、急性だけでなく慢性の痛みも取れるという優れもの。さらには即効性も。そのためプロのアスリートがこぞって通ってくるようです。この日、息子の後にはサンディエゴのプロのフットサル選手が入ってきて、ダーリンと話していました。「ちょっと足が硬いからレーザーの予約いれたんだ。」と言ってたそうです。今はシーズン的にフットボール選手が多いようです。
保険が利かないのが難点ですが、私も肩こりが酷くなったりしたら試してみようと思っています。
サンディエゴ周辺の方は West Coast Laser Therapy へどうぞ。残念ですが、まだ海外には進出していないそうです。

息子のビルトインベッド作り 〜まずはフレーム〜

新年明けましておめでとうございます。

今日は息子の部屋のビルトイン(造り付け)ベッド作りを始めました。去年の9月にマットレスを買ってあげてから早4ヶ月。いつベッド造ってくれるの?と催促されてしまいました。
ビルトインベッドは2x4材でフレーム作りをするのが主流らしいのですが、2x4でピシッと仕上げれるのかという心配があり、先送りしちゃっていたのです。慣れたプライウッドでなら気軽に作れるのですが、ベッドにするには十分な強さがないんだと思います。
そこで、ネットで見つけたMother Earth News と言うサイトのプランを参考にすることにしました。

プランにある棚のようなものは必要ないので、ベッドの部分だけ作ります。サイズは息子のマットレスと部屋を測りながら決めました。
まずはなるべくまっすぐな2x4を選んで買い、必要なサイズにぴーったり切ります。

ガレージ工房で全部を組み立ててしまうと部屋のドアを通れるか分からなかったので、ベッド両サイドのハシゴ状の部分まで組み立て、残りは部屋で。

部屋での組み立て作業風景を撮り忘れてしまいましたが、「ビルトイン」と言うからには組み立てたら壁に固定します。その前にベースモールディングをはずしました。これを機会に、この部屋も家中に新しく取り付けたモールディングに揃えて新調します。

カットは私がしましたが、組み立ては息子が頑張ったんですよ〜。今日1日(ぴったり6時間)で、頑丈なベッドフレームのできあがり!びくともしませんよっ。

通常より5インチ長いマットレスですが、本人の希望でさらに5インチ長いベッドにしました。クッションか何かを詰めるんだそうです。
ベッド下には引き出しを3個入れるので、次は引き出しとフェイスフレーム作りです。

10x10フィート(3.05x3.05メートル)の6畳欠けるぐらいの部屋なので、ベッドを入れたら、こんなどうしようもないスペースが残ってしまいました。ここに収まるブックシェルフでも作ってあげようかな〜。

私と息子がベッド作りに励んでいる間、ダーリンはずーっと前に切ったパームツリーの根元を切ってました。ほぐしてました、と言ったほうがいいかも?パームツリーの中身は太い繊維みたいなものが入り組んでいます。

最近庭のプロジェクトに取り掛かる話しが進んでいるので、ダーリンがすこーしずつですが外掃除をしてくれています。ガーデンパーティーとかできちゃう日が待ちきれないな。

キッチン片側のキャビネット完成!

白くペンキで塗った引き出しの前板を全てインストールして、キッチンの(片側だけですが)キャビネットが完成しました。

前板なしでもキャビネットは機能するのですが、やっぱりキャビネットというのは引き出しの前板やドアが雰囲気を決めるので、できあがってウレシ〜です♪
こちら(↓)が前板をつける前の状態のキャビネット(今年の5月)。

前板に使ったプルはRejuvenation のMassey Bin Pull。20%オフのクーポンをもらった時に買っておきました。
添付の説明にあるパイロットホール(ネジ用に前もって開ける穴)のサイズが間違っていて四苦八苦しました。説明書ってブランドによってはあてにならないので、まずは端材を使ってテストしないとダメですね(自分へのリマインダー)。

ディッシュウォッシャー右横の浅いオープンシェルフ(↑)は窓から遠くて直接陽があたらないので、上段にはバスケットを置いてジャガイモや玉ねぎの保管場所にしています。デザインの段階で、この余った小さな面積をどう利用しようかと頭を絞って出したアイデアだったのですが、とっても気に入っている部分です。

上はクリスマス当日の朝の写真。
翌日にはツリーを片付け、掃除機をかけてスッキリしました。枝はグリーンリサイクルへ。木は薪木の足しにします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...