Merry Christmas!

メリークリスマス!

Merry Christmas  メリークリスマス   #christmas #merrychristmas #woodworking #woodturning #art #saltcellar #クリスマス #メリークリスマス #木工 #ウッドターニング #アート #ソルトセラー #ハンドメイド

こちらはクリスマスイブです。
招待されている「Rock Your Ugly Sweater」パーティーの開始時刻を間違えてちょっぴり時間があまったので、先日作ったソルトセラーのコラージュでクリスマスのご挨拶を。ゼブラ材で作った小皿に、塩で文字を書いて遊びました。

「Rock Your Ugly Sweater」パーティーはダサいセーターを競うクリスマスパーティーです。醜ければ醜いほどいい=勝ち=プレゼントがもらえるというイベント。この為にわざわざダサいセーターを買う人もいるらしいですが、我が家はそれほどダサいセーターがないし(笑)、作る時間も買う時間もなかったので、見て楽しむ側で。

それでは行ってきます。みなさま、楽しいクリスマスを。

手作りスプーン 〜大さじ4〜

久しぶりのスプーン作り。今回はメジャースプーンです。

Spoon!

コーヒー豆で撮影したかったのだけど、ちょうど昨日切れたんでした。
代わりにRed Hot。クリスマスの赤というよりバレンタインの赤な感じですが。

けっこう深くて大さじ4ぐらい。

Spoon!

外はナイフで削っていますが、内側はウッドターニングで削っています。比較的削るのが簡単なマホガニー材ですが、ここまで深いと内側をナイフで削るのが大変!
でもナイフで削るとしたら、スプーン作り用のフックナイフを使います。キャプテンフックの手のようなナイフです。

上の写真は外側を削っているところ。

今回のスプーン作りで何が重宝したかって、Time Shaver Tools で売られているPreppin’ Weapon。サンディング・ブロック(ヤスリ用ブロック)です。(アマゾンでも売られてるみたいです。)
大学のボックスメイキングのクラスの先生が持っていて、数名のクラスメイトが「それいいなー。」って話しからまとめて注文してもらう事になったので、私も「皆が買うなら〜。」ぐらいな気持ちで買ってみたんです。
他社から出ているサンディング・ブロックより持ち易く、先生が交渉したから40%引きになったということ以外は特別な感じはしなかったのですが、スプーンの外側を一か八かヤスってみたら早い!ザックザクとヤスれちゃうんです。
ツールの持ち易さとか使い易さって重要っていうけど、こんなに能率が上がるものなんですね。

Spoon!

クリスマスツリーの枝をちょんぎって、インスタグラムにはこんな感じ(↓)でアップしてみました。

子供達の学校が昨日で終わり、2週間のクリスマスブレイクに入りました。
年々忙しさが増していくような師走、毎年「今年こそは季節を味わうようにゆっくり過ごすぞ。」と心に決めるのだけど、記憶すらあまり残らないほどヒドい。で、今年は「せめて余裕のあるフリでもしよう。」と挑んでみたら、意外といい感じ。

爪楊枝入れ

母のリクエストで爪楊枝入れ。

コーヒーテーブル製作で出た端材のスポルテッドメープルで作りました。

Toothpick Container

こんなに小さくカットされた木に、いったい何色詰まっているんだろう?
そして、あちこちに走り回る木目。
それだけで十分キレイなので、形はシンプルに。

母のリクエストはフタ付き爪楊枝入れ。
端材の大きさが足りなくて、フタなしになってしまいました。笑
とりあえずこれを使っててね。

ウッドターニングで器。

Bowl

木は以前エルトンさんからいただいたもの。
ナッツやお菓子を入れるような器を想像して作りました。

Bowl

夕方の撮影で、器の横にレインボー♪

ガレージのホームショップですが、買った機械を組み立てたり、作業も片付けもし易いように機械に足を付けたりしています。ガレージの壁にペンキも塗りたいし、取り付けたキャビネットのドアも作らなきゃいけないし・・・。環境が整っていないので、できる木工作業もなかなか没頭してできない気分の日々です。
そうそう日本ではフロアに座って旋盤を回す方が多いみたい(?)なのですが、私は座った状態だと姿勢が悪くなるようで、肩こりがいつも以上にヒドくなってしまいました。そんな訳で旋盤を乗せる台も作りました。これでやっと姿勢のいいウッドターニングができます。笑

上は昨日の裏庭から見た夕焼け。

コーヒーテーブル/25年後の新たな誓い

9月に買ったスポルテッドメープルの厚切り


*上の写真はinstagram にアップした、購入時の状態。

これでライブエッジのコーヒーテーブルを作っています。
虫に食われた穴をエポキシで埋めるのですが、どうやら穴の数は中もすごかったようで。エポキシで「埋める」とか「塗る」というよりも、「注ぐ」と言った方がふさわしい状態です。
とは言ってもエポキシを糊としてでなく穴埋めに使うのが初めてなので、こんなに時間がかかっているのがオカしいのかフツーなのか?よく分かりません。

Brass butterfly on slab I'm epoxy-ing.

木の上に乗っているのはバタフライです。
このブログにも以前ちょっぴり書いたジョージ・ナカシマさんが、木のヒビや裂け目をつなげるのにデザインしたあれです。ボウタイとかダッチマンとも呼ばれます。
これを木工家たちがこぞってデザインに取り入れるのですが、私は木ではなくブラス(真ちゅう)で作ってみました。

brass butterfly

これをもうちょっとキレイにヤスってから木に埋め込みます。テーブル自体は単純な作りなので、年内の完成を目指してがんばりたいと思います。

余談。
先日、友人カップルの25周年アニバーサリーの式とパーティーへ招待されました。

Friend Couple's 25th Anniversary

ハワイに住んでいた頃からの長い付き合いで、4人の子供たちもすっかり大人。その内の3人の息子さんたちがお揃いのスーツで現れただけでウルッときてしまいそうだったのに、式の始まりにそれぞれが1/3分のバージンロード(25周年なのでバージンロードとは呼ばなそうですね)を、お母さんの手を取り歩いてきた時には、どーっと涙。式では25年後の新たな誓いを交わしたり、お互いに書いた手紙を読んだりするので、私はノンストップで泣いてました。笑
この日はうちの息子の13歳の誕生日だったので出かけてしまってちょっぴり可哀想だったのだけど、愛情オーラに浸って私たちまでラブラブ気分になれたので、結果オーライ。
・・・なんて言いながら、翌日必要以上に息子に優しくしてしまったのでした。愛の連鎖反応ってすごい(?)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...