リビングルームの床など/本「Bringing Nature Home」

今年はお正月早々から、リビングルームの床の張り替えなどやっておりました。

Living Room in Progress

1年半前に入居してすぐ、子供部屋のカーペットを剥がしてウッドフロアに替えたのですが、その3部屋が素晴らしく真っ平らでコンクリートを流す必要なく床の張り替えができたことがあり、「リビングルームもきっと平らでしょう。」と仮定して湿度チェックのみでスタートしちゃいました。
そして半分も敷かない内に、平らでないことが発覚。涙
実はリビングルームの前にマスターベッドルームにもウッドフロアを敷いてるのですが、そっちも「平らでしょ。」と思ったら平らじゃなかった。学べよ!って話しです。

Living Room in Progress

2月半ばにダーリンと息子がコンクリートを平らにする作業をしてくれたので、その後私も参加して床材を敷き終え、やっと先週末に暖炉前のタイルとウッドフロアの間の溝を埋める床材を自分でカスタムメイドしたところ。上の写真がそれ。
フィニッシングはMinwaxのオイルベースのウレタン。買ってきた床材の色とぴったりに仕上がりました。(Tung Oilなどのオイルを塗ってから、水性ウレタンでフィニッシングするのも色は同じになるはずですが、床だからオイルベースウレタンの方が耐久性があるかなと思い、こっちを選びました。)
すでに薄く5コートぐらい塗ったのですが光沢が少々足りない気がするので、あと2〜3コート塗って合わせようかな。そしたらシリコン糊ではめ込む予定。タイルとの間は目地入れした方がいいのか・・・ナゾ。

Living Room in Progress

それと、手作りしたマントルの下にモールディングを付けることにしたのですが、気に入るものがちょうどいい高さでなかったので、こちらもカスタムメイド。これから本体にくっ付けてペンキ塗りの予定。でもあえてここを無垢のままにするのもいいかも。「なんか微妙に間違ってないか?」ぐらいのユニークな見た目も好きなんです。でもだったらポプラじゃなくて、もっとまともな木で作ったかな。

Living Room in Progress

現在マントルトップはシンプルにこんな感じ(↑)。
小さな家にミスマッチの高い天井なので、大きな物置いてもスカスカに見える気がします。ここのデコレーションはこれからの課題。

以前描いた(フレームも自分で作った)娘の水彩ポートレートの前に立てかけてある本「Bringing Nature Home」は、1月にCrate & Barrelで半額ゲット。アマゾンのカートに入れておいた気になる本だったので、うれし〜。アマゾンより安いですよ。

Bringing Nature Home

お花もキレイだけど、家具を見るのも楽しい本です。
上の写真みたいに、我が家もインテリアのドアをウッドドアに替えるのが夢。

Bringing Nature Home

リビングルームは来年早々にでも、天井に届く大きな本棚(件エンターテイメントセンター)を作る予定です。暖炉とは反対側の壁になります。今すぐにでも取りかかりたいぐらい楽しみですが、やる事いっぱいなので我慢。

小さなお知らせ:
先日、ブログ村のWordPressユーザートーナメントに参加したところ優勝しました。(と言っても小さなトーナメントでしたが。)
いつも応援ありがとうございます。

本「modern vintage style」

先日久しぶりに Anthoropologie へ行ったら、セールのラックに modern vintage style が!

Book: modern vintage style

いつか買いたいと思って、アマゾンのアカウントのSave for Later(日本のアマゾンでは「カートに保存した商品」)に長いこと入れてあった本です。
「間違ってセールラックに入っちゃったんだろうな。」と思いながらも値段をチェックしたら、定価$29.95に$9.95の札。がっつり掴みました!

Book: modern vintage style

Emily Chalmers さんというスタイリストが買いたインテリア本で、「好きな物をなんでもミックスしちゃいましょ」という何でもありを勧める方です。そうだよね、好きな物や色に囲まれるのが一番ハッピー。

Book: modern vintage style

壁一面の本棚(↓)、うちもプランしています。ちょっとタイプがちがうけど。

Book: modern vintage style

ピンクの屋根裏部屋(↓)。柱まで鮮やかなピンクがカワイイ♪

Book: modern vintage style

イギリスの国旗が(↑)。
ちょうどオリンピックの開会式を観ながらタイプしているところでした。
普段テレビはほとんど見ないけど、むこう2週間は釘付けになりそうです。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

本「MARRAKESH BY DESIGN」(マラケシュ・バイ・デザイン)

先日、「Marrakesh by Design」という本を買いました。
(日本のアマゾンのMarrakesh by Designはこちらのリンク

Book: Marrakesh by Design

ブログ「My Marrakesh」のMaryam Montagueさんが今年出版したモロッカンデザインの本です。
モロッコの堂々とした色使い、柄使い、テキスチャーのレイヤー使いが楽しい!
モロッコ旅行貯金を始めたくなるほどステキな本で(笑)、夢中で読んだり眺めたりしています。

Book: Marrakesh by Design

Book: Marrakesh by Design

人権スペシャリストというお仕事柄、Maryamさんはあちこちの国を訪れることがあるそうなのですが、モロッコへの訪問で虜になってしまい家族でお引っ越し。建築家のご主人とマラケシュの外れにPeacock Pavilionというブティックホテルを建て経営されていて、インテリアやデコレーションはMaryamさんが担当しているということです。
よだれもののホテルのギャラリーはこちらから。

インテリアをメインにしたデザイン本ですが、モロッコの歴史、文化、言語など、Maryamさんがただのモロッカンインテリア好きに留まらず、深く勉強されているのがよく分かります。

Book: Marrakesh by Design

子供部屋(↓)、カラフルでカワイイ♪

Book: Marrakesh by Design

こんなに幼い子の部屋がタイルフロアーというのはちょっぴり怖いですが、色も柄も堂々と好きなだけ取り入れて上手にまとまっているのがスゴいです。

モロッカンスタイルを取り入れるショッピングの仕方なども載っていて、ラグやカーペットに使われる柄やモチーフの意味、用語の説明も嬉しい。

Book: Marrakesh by Design

最終章ではモロッカンホームグッズの調達先をもったいぶらずにリスト化してくれています。

そして所々に現れるHow To(ハウツー)ページでは、材料と説明付きでモロッカンプロジェクトを提案してくれています。モロッカンデザインのステンシルやモロッカンミントティーの入れ方も試してみたいですが、木工好きとしてはモロッカンスタイルの窓を使ったコーヒーテーブルのアイデアが特に気に入りました(↓)。作りたい!

Book: Marrakesh by Design

実は先日のミニソファの布張りに選んだ布もモロッカンスタイルからインスピレーションを受けています。パターンはもとより、色も控えめでなく発色のいい堂々としたものをと思い選びました。
一番上の本の表紙写真は、そこら辺の絡みをアピールするためにソファの上で撮ったのでした。笑

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...