ブリックパティオプロジェクト 〜砂利と砂〜

このプロジェクトのタイトルを「ガーデンプロジェクト」から「ブリックパティオプロジェクト」に変えました。ブリックとはレンガのことです。
今はまだガーデニングの段階ではなくて、ブリックでパティオを作っている段階なので「ガーデンプロジェクト」と呼ぶのはおかしい、と今さら気がつきました。
このプロジェクトの過去記事も、数年後に自分で検索するときに混乱しないようタイトル変更しています。下のリンクからどうぞ。

1:ブリックパティオプロジェクト開始
2:ブリックパティオプロジェクト 〜掘る日々〜

さてさて〜、地面を10日間掘り続けたダーリン、お疲れ様。やっと掘り作業にサヨナラして、砂利を敷きました。

うちの地面はほんっとに石っころだらけで、地面というより石面を掘ったという感じでした。下の写真で分かると思いますが、ごりっごり。「二度とこの地面を見たくない。」とダーリン。

砂利を敷く作業は私と息子で、ダーリンがお出かけしていた間にがんばりました。ダーリン帰宅後、地面が砂利で隠れてたので大喜び。

そして今日はホームデポからタンパー(締固め機?)をレンタルしてきました。

タンパーを使ったところでどれだけの効果があるのかと半信半疑だったのですが、これを使って2〜3回締め固めた砂利は、歩いても靴の跡がほとんど残らないぐらいギュッと固まるんですね。感激。

砂利の次は砂!
配達された材料はすべて家の前なので、そこから砂利や砂を一輪車に積み、庭へ運ぶという繰り返し。重労働です。

砂もタンパーで歩いて締めると驚くほど固まります。

高すぎるところや低すぎるところを私が熊手で修正し、そこをまたダーリンがタンパーで歩きます。

写真だとコンクリートをうったかのようにちょっぴり見えませんか?サラサラな砂がここまでギュッと固まるとは。
本日の作業はここまで。
いよいよブリック(レンガ)を敷く作業に入りますが、他にやることがあるので、ブリックパティオプロジェクトは数日お休み予定です。

ちょっと話しがそれるのですが、昨日砂利を敷いた後に撮った写真を見て、背景に写っている枯れ木(ユーカリ)が目障りだなぁと思ったのです(↓)。ハロウィーンのシーズンならいいけど。

切ればどれだけスッキリするかをダーリンに見せるために、フォトショップで問題の木をざっくり消してみました(↓)。

いい感じ〜。早速ダーリンに見せたら、ジーーーーっと見てました(笑)。普通に「切って!」と言ってもすぐに動いてくれないのですが、フォトショップした写真を見せたことで、この枯れ木はサクッと切ってくれる予感がしてます。むふふ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...