製作中の小さな木箱

今年前半は建て直しのため閉鎖していた大学の家具科ですが、再開した今学期はデコレティブ・ボックス・メイキングというコースを取っています。ジュエリーボックスとかトレジャーボックスとか、小さめでちょっぴり小細工のある箱作りです。
早いもので今学期も残すところ1ヶ月半。大きな家具作りに比べると、分かってはいたけどみみっちい作業です。でもみみっちい事、物、工程、好き。

Decorative Box Making

四方から飛び出ている羽のような物はSpline(スプライン)とかSlip Feather(スリップフェザー)などと呼ばれるもので、45度同士でくっ付いている角を強化する接合方法です。(日本語での木工用語が分からずスミマセン。)
羽がクルクル回り出して、どこかへ飛んで行っちゃいそうな雰囲気。

Decorative Box Making

こちらは裏側。
この箱を何にするかはまだ決めてないのだけど、角を丸めて、足付けて、シャッキーンとした光沢のある仕上げが頭に浮かんでいるので、ジュエリーボックスあたりかな。

Decorative Box Making

またまたオリーブの木を使いました。キレイでドラマチックな木目が好きですが、避けられない部分に穴やヒビが多かったのでエポキシで埋めました。

話しはそれますが。
アメリカ政府が復活した後も私の通う軍の木工所は閉っていて、相変わらず木工ができない日々です。大学の作業場で、大学のプロジェクト以外の木工作業をやっちゃおうかと企んでいたら、すでに実行していたクラスメイトが叱られていました。良かった、やらなくて。
他の木工所の利用も考えたりするのですが、通うには遠過ぎるとか、私が必要な機械がないとかっていう障害があるので、いよいよ自宅に機械を買い揃える時期が来たのかも?なんて考える日々です。
そんなことをエルトンさん(椅子の先生)に話したら、「自宅のガレージで作業できるのが一番だよね。近所から許可もらったの?」って。「えー!近所の許可がいるの?」と驚いて聞いたら、どうやらタウンハウス、コンドミニアム、一戸建てでもマネージメント下にある敷地内で協会(自治体?)に属する家は許可が必要になることが多いということでした。良かった、関係なくて。
カリフォルニア生活7年半。まだまだ知らないことだらけだなーとつくづく思った瞬間でした。
そんな訳で、色々なメーカーの木工用機械やお値段を比べる日々です。

上は数日前の朝。裏のキャニオンの底が霧でまったく見えない状態で、それがまた神秘的というか、とってもキレイでした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...