ナンタケットバスケット製作 〜リムのモールド作り〜

自分で作ったモールドで編んでいたナンタケットバスケットが、まだ完成してないのですが編み上がっただけで興奮して、レザーのハンドルをクランプで付けたりして妄想を楽しんでいました。

ステーブが流されてしまっているのは早くに気がついたのだけど、とりあえずこれは進めて完成させて、次回へのバネにしようと思いながら編んでしまいました。

さて編み終わってモールドを抜こうと思ったら、キッツキツで抜けない!モールドがプライウッドなので、冷蔵庫に入れて冷やしたところで縮まないはずなので、ちょっぴり残念だったけど長めのネジを2本入れ、それを掴んで引っこ抜きました。

次はリムの作業。まずはこのバスケット用のリムを曲げるモールドを作らなければいけません。曲げ木と同じようなモールド作りです。今回はリードリムにする予定で、リードの幅が7/16インチなので、1/2インチのプライウッドでのモールド作りがちょうどいいです。
内側のリムのモールドはバスケットのモールドと同じサイズで。以前買った本には「内側のリムのモールドは3/8インチ小さく作りましょう。」と書いてあるのですが、どう考えてもそれはおかしい、、、ので、ここは自分の計算を信じて進めます。

糸鋸で中をカットし、スピンドルサンダーできれいにヤスリます。

外側のリムはステーブとケーンで編んだバスケットの厚み(1/8インチ弱)分大きくしたいので、モールドを1/8インチ大きく作ります。

本によって、リムはオーバラップが4インチとか5インチとか違いがあるのですが、今回作っているタッパーは小ぶりなので4インチでいこうと思います。

内側と外側両方のリムのモールドの周りを測ったら4インチ足した分のリードを切り、オーバーラップ部分がスカーフジョイント(まさに首に巻くスカーフのように、巻いた時に1つにまとまるよう)になるようカンナで削るのですが、スポークシェーブの方がコントロールして削りやすい感じがしました。

そしてリムのモールドにリードを巻きつけてクランプで留めます。これで最低1日は寝かし、やっとリムをバスケットに付ける作業にたどり着きます。

節約も兼ねてますが、できるだけ自分の手で作りたいと思うと、それぞれの段階で「作る」だけじゃなく「準備」も関わってくるので、とにかく時間がかかります。将来同じものを作る時は準備が済んでいるので楽になるのですが、改良版が必要になったりするので繰り返して同じような物を作ることもしばしば。面倒が分かっていても自分の手で作りたいんですよね〜。
末っ子も私に似てなんでもやりたがる・作りたがる派で、私がバスケットを編んでいるのを見て「私もやりたーい!」と毎日訴えていたので、すでに作ってあったミニのオーバルのモールドで挑戦させることに。

とは言えステイブとかの準備部分は10歳児には難しいと思うので、そこは私が準備しました。どんな感じに仕上がるかな。これも楽しみです。

長女の部屋にアートミラー

以前糸鋸で作ったアートミラーを長女が欲しいと言ってたのを思い出して、ひとつあげました。3枚ある中から彼女が選んだのは気球。

ArtMirror

7月のレネゲイドクラフトフェアに持って行ったのですが売れなくて、先週のフェアで再度チャレンジするつもりが、持っていくのをウッカリ忘れてしまったのです。でも長女にとってはラッキーでした。

ArtMirrors

残りの2枚は「多肉植物」と「キノコ」。てっきり長女はキノコを選ぶかと思ってたのですが・・・。

アートミラーには2つフックが付いているので、ネックレスやキーチェーンなどをかけれます。長女はネックレスをかけてます。
下の写真に写っている「AIR」のネックレスは、先日のクラフトフェアでお隣りさんだったジュエリー屋さん(Melting Sun Apparel)から買ったもの。初日から自分のエレメント(四元素)のネックレスが欲しいと言っていたので、お手伝いしてくれたご褒美に買ってあげました。

MeltingSunNecklace

長女は私が想像した通り「AIR(空気/風)」。私自身も想像してみたら当たりで「火」。ダーリンも予想通り「空気」。息子もぴったりかんかんで「火」。末っ子は散々悩んだ末「地球/土」にしてみたのですがハズレで、私と息子と同じく「火」でした。

四元素はここから調べれます→星座(サイン)の四元素。性格から予想してから見てみると楽しいかも。

糸鋸でスカロップエッジデザインの器

スカロップエッジデザインの器を作りました。
フィニッシングをしてしまおうか、脚をつけてキャンディーボールにしようか迷っているところ。まだヤスリがけも終ってないんだけど、この生の木な感じが好きなのでアップします。

Scalloped-Edge Bowl

スカロップ部分はマホガニー。白い部分はメープル材を使いました。
この器は旋盤でくるくる削ったのではなく、糸鋸で角度切りした輪っかを糊づけして作っています。

かれこれ2年ぐらい前に買った Wooden Bowls from Scroll Saw という本を見て作りました。著者のCarole Rothmanさん(ウェブサイトが見当たりません)は、旋盤だと出る無駄が多過ぎてイヤだというお考えで、糸鋸での器作りをしている方です。

Scalloped-Edge Bowl

この器もほんの20センチ四方の端材で出来てしまうんですよ。同じサイズの器を旋盤で作る場合、3倍の木が必要になります。

スカロップがカワイクてはまりそ〜。
フィニッシングを塗ったらまたアップします。・・・と言いたいところだけど、このままでいいかも。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...