長女の部屋にアートミラー

以前糸鋸で作ったアートミラーを長女が欲しいと言ってたのを思い出して、ひとつあげました。3枚ある中から彼女が選んだのは気球。

ArtMirror

7月のレネゲイドクラフトフェアに持って行ったのですが売れなくて、先週のフェアで再度チャレンジするつもりが、持っていくのをウッカリ忘れてしまったのです。でも長女にとってはラッキーでした。

ArtMirrors

残りの2枚は「多肉植物」と「キノコ」。てっきり長女はキノコを選ぶかと思ってたのですが・・・。

アートミラーには2つフックが付いているので、ネックレスやキーチェーンなどをかけれます。長女はネックレスをかけてます。
下の写真に写っている「AIR」のネックレスは、先日のクラフトフェアでお隣りさんだったジュエリー屋さん(Melting Sun Apparel)から買ったもの。初日から自分のエレメント(四元素)のネックレスが欲しいと言っていたので、お手伝いしてくれたご褒美に買ってあげました。

MeltingSunNecklace

長女は私が想像した通り「AIR(空気/風)」。私自身も想像してみたら当たりで「火」。ダーリンも予想通り「空気」。息子もぴったりかんかんで「火」。末っ子は散々悩んだ末「地球/土」にしてみたのですがハズレで、私と息子と同じく「火」でした。

四元素はここから調べれます→星座(サイン)の四元素。性格から予想してから見てみると楽しいかも。

糸鋸でスカロップエッジデザインの器

スカロップエッジデザインの器を作りました。
フィニッシングをしてしまおうか、脚をつけてキャンディーボールにしようか迷っているところ。まだヤスリがけも終ってないんだけど、この生の木な感じが好きなのでアップします。

Scalloped-Edge Bowl

スカロップ部分はマホガニー。白い部分はメープル材を使いました。
この器は旋盤でくるくる削ったのではなく、糸鋸で角度切りした輪っかを糊づけして作っています。

かれこれ2年ぐらい前に買った Wooden Bowls from Scroll Saw という本を見て作りました。著者のCarole Rothmanさん(ウェブサイトが見当たりません)は、旋盤だと出る無駄が多過ぎてイヤだというお考えで、糸鋸での器作りをしている方です。

Scalloped-Edge Bowl

この器もほんの20センチ四方の端材で出来てしまうんですよ。同じサイズの器を旋盤で作る場合、3倍の木が必要になります。

スカロップがカワイクてはまりそ〜。
フィニッシングを塗ったらまたアップします。・・・と言いたいところだけど、このままでいいかも。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...