クラスペディアと木のベース

トレーダージョーズで買ったクラスペディアというキク科の花を、以前作った一輪挿しに入れてみました。

木のベースとの相性がいい!(そして久しぶりにインスタグラムのアップしました。)
クラスペディアってたまに見かけるのだけど、名前を覚えておけません。見た目と名前が不釣り合いな感じがするからかな。レジの若いお姉さんは、「かわいい〜!何このボールみたいのぉ!」って興奮してました。とってもかわいい女性で、1本差し上げたかった。笑

トレーダージョーズではマカロンも買ってみました。
ん〜。色合いは好きなんだけどなぁ。

ナチュラルエッジのついた花器

先月買ったメープルの木から作った花器です。

MapleBowl_NaturalEdge

豪快な樹皮にインスパイアーされて、いつもとはちょっと違う器になりました。下の写真は、どんな形にしようか模索してるところ。

Woodturning_Lathe

ナチュラルエッジ付き器を作る工程は(あくまでも私の場合ですが)、上の写真の方向で大体の形を決め、右側の底になる部分にチャックにかませる部分を作ります。その後ひっ繰り返して底部をチャックにかませ、器の内側を削ります。

この器は「花器」と紹介してますが、直接お水を注げる仕上げにしていないので、中にガラスのコップなどを入れてお花を生ける、もしくは観賞用かな。でもお花をバフッとたくさん生けたら素敵だろうな〜なんて想像が膨らみます。

MapleBowl_NaturalEdge2

ちょっぴり付いていた苔も残りました(↑)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...