ドアヒンジの穴開けジグ

先日シェーカースタイルの前板とドアを製作中の写真をアップしましたが、背の高いドアはパントリー用ドアです。
ドアに付けるヒンジの穴開けは、計算してテープメジャーで測ったところに開けるという方法なのですが、今回はヒンジ用の穴開けジグ(治具)を作ってみました。

こんなのです(↑)。
私はいつもユーロシステムでキャビネットを作っているので、システムホールの穴の間隔は32ミリ。上のジグにも32ミリ間隔の穴を2つ作り、ぴったり真ん中に線を引きました。 棚を乗せる用の金具を使って、このジグをキャビネット本体側面のシステムホールでヒンジを入れたい位置にはめ込みます(↓)。

ドアのテンプレートとなるMDF材を立てかけ、引いた線のたどり着いたところにマークを入れます。

こーんな感じ(↑)。

テンプレートになっているMDF材の下部は、この様にしてキャビネットに対して直角を保たせます(↑)。

このテンプレートにつけたマークに従ってドアに線を転写し、そこへヒンジの穴を開けます。

ヒンジ用の穴開けジグはRockler のヒンジドリルシステム

さていよいよドアをキャビネット本体に付けてみると、、、

ぴったり!手間をかけただけの甲斐があり、キレ〜に納まりましたよ。これからのヒンジの穴開けは、このジグ方法でいきます。
ドアの内側の写真を撮り忘れてしまいましたが、背の高いドアなのでヒンジは3コ付けました。

まだペンキを塗っていないので、ドアノブを付けてもすぐ外す羽目になるのですが、どんな感じかな〜と気になって付けてみました。Rejuvenation のMassey Round ノブです。

先月の里帰りで買って帰ってきたGrande Riviereの季節限定品。ラズベリーと抹茶のチョコレートでカバーされたラスク。この間気がついたら翌日が賞味期限だったので、急いでみんなで食べました。おいしかった〜♪

息子の部屋のビルトインクローゼット 〜ドア〜

息子の部屋のビルトイン(造り付け)クローゼットにドアをインストールしました。

実は1年以上前に出来上がっていたのですが、ドアノブを作って取り付けるまでインストレーションを保留にしたため、ずーっとガレージ工房に置いたままだったのです。 ちょっと前このドアが邪魔になった際、動かしながら「これなんだっけ?」となったのがきっかけで思いだしました。未だにノブが付いてないのですが、ガレージにあると邪魔なのでインストール。ブルーのテープはとりあえず開け閉めができるように付けておきました。

前回このプロジェクトのことを書いたときの写真(↓)。

去年はランドリールームの増築工事が10月に始まったので、それでこのクローゼットのことを忘れちゃったのかな。息子の部屋にはほとんど入らないし、クローゼットは部屋のドアが開いたときの後ろに位置するので、視野に入らないんですよね。

家の外にもサッカーボールがいくつも転がってるのですが、部屋の中もサッカーボールだらけ。写真に写っている汚いボールは、明らかに外で蹴ってたのを中に持ってきたのだろうと、、、許されません。

余談。
ブラックフライデー/サイバーマンデーで買った物が届きました(↓)。

ダイソンの手持ち掃除機。想像していたよりも小さいので、持ちやすい!
普通サイズの掃除機とは別に、ササッと済ませたい小さいエリアのお掃除用に買いました。

引き出しの前板作り in キッチン

キッチンの引き出しの前板やキャビネットのドアを製作中です。

今回作っているのは全て白く塗るものなのでフレームにはポプラー、パネルにはMDFを使用しています。ほとんどがキッチンのシンク側に取り付けるものです。

上の写真で見えるレンジの両サイドの引き出しの表を飾る部分です。最終的にはプル(取っ手)が付きます。
シェーカースタイルと呼ばれる飽きのこないシンプルさが人気を集めるスタイルです。

上のビットのセットを使ってドアを組みます。

あけぼのの姫栗もなか(↓)。栗の形をしたもなかがカワイイ。そしておいしいー。

造り付けメディアセンター上の棚作り 〜取り付け直前〜

リビングルームの造り付けメディアセンターの上の棚を製作中です。

この4段の棚を、この間できあがったリビングルームと玄関の間の仕切り壁に取り付けます。

棚のひとつには、ガラスのスライドドアを入れるトラック(ドアレール)を埋め込みました。スライドドア使用の家具作りは初めてかも。ドアを入れるのが楽しみです!

明日か明後日には取り付け作業に入れる予定ですが、プランでは先週取り付け作業を開始しているつもりだったんですよ。仕上げの塗り作業を軽く見ていました。

この程度の大きさの棚でも、うちの小さなガレージ工房では大変なサイズなのです。テーブルソーや作業台の上は元より、旋盤やちょっとした物の上にまでパーツを広げて仕上げ剤を塗ります。本当だったら乾くのを待つ間に他の作業ができるのですが、機械類が埋もれてしまっているので、なーんにもできない状態に。あー、もうちょっと大きい工房ならなぁ。

あともう一息。がんばります。

余談。
先週家族みんなでThe Big Sick という映画を観に行きました。公開の数週間前にプレビューを見て以来、とっても楽しみにしていたのです。

主役のパキスタン人の男性が奥さんとの馴れ初めをストーリーにした映画で、「自分」を演じています。
ラブコメディなのですが、こうして映画などを通して、あまり交流のない国や宗教の人たちの人間らしさを垣間見ると、一気に愛情が湧いてきます。こういうのもっと作って欲しいな。

ファームハウスシンクの下にカーテンを

キッチンのファームハウスシンク下にあるキャビネットにドアを取り付けるまで、つっぱり棒に布をかけて中身を隠していたら、ダーリンがその布の感じがいいというので、ドアではなくカーテンにすることにしました。

シンクが取り付けられた後、キャビネットとの間にはこんなギャップがありました(↓)。

このギャップを埋めるFiller (フィラー)をシンクの形に沿って作り、それにカーテンのポールを通すフックになる部分を取り付けました。

今もつっぱり棒を使っているのですが、フィラーと同じホワイトオークでポールを作る予定。

ポールができあがったら通せるよう、左側のポールフックは穴を貫通させておきました。

シンク右側のポールフックの穴は半分で止めています。

とりあえず手持ちの布でカーテンを縫ったのですが、いつかはリネンのカーテンにしたいな〜。、、、久しぶりのソーイングで、ミシンが新鮮に感じました。カーテンの使い易さですが、さっと開ける作業ひとつでキャビネット内の物に手が届くので、思った以上に使い易いです。

キッチン内のキャビネットの作業がたくさん残っているのですが、夏休みで慌ただしく、シンク下のカーテンが完成した以外はな〜んにも進んでいません。アプライアンスガレージのハードウェアもとっくに届いているのですが、理解することに数時間かかりそうな説明書にクラっとして以来ほうったらかし。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...