カスタムレンジフード作り 〜中編〜

カスタムレンジフード作りの続きです。前編からまっすぐ後編へ飛びたかったのですが、完成していないのでこの記事は中編です。

今回はアクセントになるバーンウッドの取り付け。無駄を出さずにほとんどぴったり使いきれる長さのを見つけました。$20ぐらいだったかな。(カリフォルニア州は他州に比べてバーンウッドが高いそうです。)
それを片方の端からレンジフードのサイズに合わせて切ります。コーナーは45度で。

木目が流れるように合わせなくてはいけないので、カットの失敗は許されません。

取り付ける前にクリアのウレタンを塗りました。バーンウッドにブラシで塗るのは難しいので、今回はスプレー塗装。艶感を出したくなかったので、光沢は「サテン」。トータルで3〜4回スプレーしています。

後ろ側(オフィスにしている部屋)から見るとこ〜んな感じ(↑)。
クラウンモールディングを付ければ完成なのですが、どんなクラウンモールディングにするか決めてない上、同時に進めているキッチンキャビネットのカットが終了している(↓)ので、組み立てと取付作業に専念します。

来週カウンタートップ屋さんに来てもらってキャビネットを測ってもらえば、再来週にはカウンタートップもシンクもディッシュウォッシャーも付いて、不便なお料理の生活から脱出できるかな〜と期待しています。

カスタムレンジフード作り 〜前編〜

カスタムのレンジフード(換気扇)作りに初挑戦しています。
作るのは換気扇を覆う部分で、好きなようにデザインすることができます。まずはインスピレーションにカスタムレンジフードの写真を数枚集めてみました。

上の画像はBetter Homes & Gardensより。白いキャビネットに木製のレンジフードが素敵♪

こちらはChris Loves Juliaから。シンプルな箱の作りにモールディングを付けるだけでもカワイイ。

Hooked on Houses
こちらはコッテコテであまり好みではないのですが、棚のデコレーションを季節でアレンジできるのは楽しいかも。

Light Farm-Kitchen

そしてこのバーンウッドがアクセントになっているレンジフードはHouzzより。素朴な感じがたまらな〜い!と〜っても気に入ったので、我が家はこれを真似て作ることにしました。

うちのレンジは増築した部分が始まるところになるのですが、ちょうどその部分の天井(レンジフードを取り付けるところ)に、もともとあったキッチンの天井の梁の終わり目があります(↓)。

家の反対側まで繋がっている梁で、取り除くのは大事(高額)になると言われ、しょうがなくドライウォールでカバーして綺麗にしてもらったものの、梁がブチっと終わっているのが何とも見苦しい。カスタムレンジフードのアイデアは、梁の終わりを隠す方法を考えた末に生まれたというわけです。
ちなみにビルダーさん、レンジフード用コンセントの電気の線をビヨーンと出したまま去って行きました。ありえない(怒)。ダーリンに繋げてもらったからいいけど、最後までしっかり仕事して欲しかった、、、。

さて。カスタムのレンジフード作りをするにあたって、まずはレンジフード・インサートを選んで購入します。カスタム用なので、要するに外の仕上げが綺麗でない露骨な換気扇です。私たちが買ったのはBroan という会社のPM390という製品。

それとレンジフード・ライナーも買いました(↓)。

四角い穴にレンジフード・インサートがはまる仕組み。
説明書によると、レンジフードの高さがレンジ上30インチ以内の場合にライナーが必要になるということなので我が家には必要なかったのですが、レンジフード周りにあるものを熱から守る役目や、レンジのお掃除が楽になるなどの利点があるとも買いてあったので買う事にしました。
ライナーがぴったり収まるように、キャビネットを作る要領で箱を作ったら、下のように壁に取り付けます。

写真では見えませんが、すでにレンジフード(換気扇)が入っています。
カスタムレンジフードの土台になる箱は隠れてしまうので、わざわざ材料を買いに行く必要はありません。余り物のプライウッドで組み立てました。
ダクトをダーリンに繋げてもらったら、次はビードボード。エアコンプレッサーを使って、小さなネイルでビードボードを取り付けます。

その後、壁とビードボードの隙間にコーキングを塗ります。ビードボードにはあらかじめペンキを2コート塗っておいたので、コーキングが乾いたらもう1コート塗って終了。

少しずつ形になってきました。
が、、、。レンジフードを正面から見ると(↓)何か気になりませんか?

もともとあったキッチンの天井が、増築部分のキッチンの天井(現在のスタンダード)より1インチ低いので、レンジフードと天井の隙間が左右均等じゃないのです。ビルダーさんが出来るだけなだらかにしてくれたものの、こうしてレンジフードを付けると不均等がよく分かります。これをクラウンモールディングでごまかします。そのあとにバーンウッドを付けるのですが、長くなってしまったので後編に続く。

息子の部屋のビルトインクローゼット 〜引き出し完成〜

息子の部屋のビルトインクローゼットに、引き出しの前板が付きました。

builtincloset_iz

前板は1枚でもダメにしてしまうと木目が合わなくなるし、前板と前板や前板とフレームとの隙間合わせが大変で、毎回緊張します。

今回は引き出しのプルをメープル材を使って手作り。

drawerpulls

さぁ〜、一番上の収納部分にドアを付けて完了!と思ったら、ドアのカットに大失敗。何を考えていたのか、1インチ短く切ってしまったのです。ムカムカするけど誰のせいでもない自分のせいなので、どんよりムードに突入。材料を再度買いにいく気力が出てくるまで保留です。

builtincloset_iz2

中央のオープン棚と右側のハンガー部分は、部屋のドアを開けたときにドアがぶつかるクローゼットという妙な位置関係が理由で、ドアは付けずにオープンのままにします。

本やピカチュウが置いてあるオープン棚の部分は、私がたたんだ洗濯物を持って行って、息子が引き出しにしまうまでの一時的に置くスペースとしてちょうどいいのですが、ピカチュウも本も埋もれて見えなくなるほど服を引き出しに入れません。何も言わないと1週間分ぐらいの服が山積み。こんなに整理整頓しやすくしてあげてもこの様です。

息子の部屋が白くなりました

あっと言う間に夏休みも終わり。我が家は今週から一人すでに登校しています。他2人はあと1週間ちょっとで開始。

夏休み中に(もう1ヶ月ぐらい前ですが)、息子がグリーンだったベッドルームを白く塗りました。気が長いと言うか、要領が悪いと言うか、、、こんな小さな部屋のペンキ塗りに4〜5日かけてました。

whiteroom_iz

私もグリーン好きだけど、息子が選んだグリーンは好きじゃなかったので、白に塗りたいと言ってくれて内心ほっ。どんなグリーンだったかはこちらからどうぞ

*ベッドを末っ子にあげて以来、床にお布団で寝ています。作らなくちゃいけないものがたくさんあるので、ベッド作りに着手するのは先になりそうです。それと、ベースモールディングの上がまだグリーンなのは、モールディングをもっと背の高いものに変えるからです。

drawerpulls

上の写真はここ数日かけて作った引き出しのプル(取っ手)。息子の部屋のビルトインクローゼットに取り付けるものです。あともう少しきれいにヤスったらオイルを塗って、クローゼットがいよいよ(やっと)完成です。

快適なガレージ工房を目指して、最近改善したこと

子供達が順番に夏休みに突入しました。休み中は朝夕の慌ただしい送り迎えがないのはいいけど、子供達の「お腹空いた〜」を満たすのが大変!

さて今日は最近のガレージ工房の様子を。昨日記事にしたドリルプレスのテーブル作りに続き、直したり、作り足したりする作業が続いていたので、まとめて記録しておきます。

LatheArea

今さらですが、旋盤台の引き出しに前板をつけました。付けるつもりがなかったのだけど、白のメラミン材が余っていたので。(前板がなかった今までの状態はこちらから見てね。)
古い引き出しのプル(取っ手)をいくつか持っているのでここに付けようと思ったら、付属のネジが短すぎたー。買いに行かないと。

WoodturningArea2

上の写真の右側に見えるのは、数ヶ月前に取り付けたローキャビネットの引き出し。こちらにも白のメラミン材で前板を1枚だけ付けることができました。あと1枚分は、いつかまた余りが出たときに。機械類にお金をたくさん使うので、収納関係は材料に余りがでたときに進めるようにしています。

***

細かい材料がワークベンチを占領していて不便だったので、棚を作りました。

LumberShelf1

リビングルームを薪ストーブにするにあたって、必要のなくなったファイアープレイスのマントルを撤去し解体したので、それを適当な幅に糊付けして組み立てた箱を棚にしました。

LumberShelf3

マントルの☆印が付いていた部分も再利用(↓)。見えるかな?

LumberShelf2

***

ワークベンチ(作業台)付近にコンセントがないので延長コードを使っているのですが、床にコードがだら〜んといくつも伸びている状態に嫌気がさし、延長コードのコンセント部分がぴったりハマる小さな箱を作って壁に取り付けてみました。

DIY_ExtentionCordBox

壁にある通常のコンセントと同じぐらい使い勝手が良くなりました。
コードを差し替えるときにしゃがまなくて済むようになったのが何よりもウレシい。

***

ベンチグラインダーが動かなくなってしまったので修理に持って行ったら、なんと4週間もかかりました。でも保証内で直してもらえたのはよかった♪

SharpeningSystem1

修理へ持って行く前にシャープニングシステムのVアームという部分を取り外したのですが、グラインダーが戻って来てVアームを取り付けようと思ったら置いておいたはずのVアームがない。ガレージ工房中、探しても探しても出てこないのです。しょうがないので見つかるまでと思って木製のを作りました。探し物ってあきらめて次のを買ったり作ったりした途端に見つかるものなので、それを期待して作ったのですが、未だに見つかりません。

SharpeningSystem2

下の写真のように、このVアームにツールを掴ませた治具を乗せて研ぎます。このシステムがないと、角度調整を度々することになって大変なのです。

SharpeningSystem3

Save

、、、と最近改善したガレージ工房の小さなあれこれをまとめてみました。
「これもこうしたら気持ち良くなるだろうなぁ〜。」と思うことがまだまだいっぱいあるので、使いやすい工房を目指して、少しずつ改善作業していこうと思っています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...