季節ごとに楽しみたい!手ぬぐいアート

今回の日本への旅で、手ぬぐいをトータル4本もいただきました。タペストリーとして楽しめるよう、木製のハンガーまで!うれしい〜。

Tenugui3

まずは菊模様。
ブルーは夏のイメージが強く、菊は秋だから、この手ぬぐいは今頃から秋が深まる直前まで掛けておく予定。ブルーの菊って、夏が長いサンディエゴにぴったり!

Tenugui2

上の手ぬぐいは秋!初冬もいけそう。
栗、まつぼっくり、イチョウの葉、などなど、深い色合いが素敵。感謝祭シーズンにぴったりなイメージです。
ここ数日の南カリフォルニアは30℃を超える暑さでダラーっとしてるので、この手ぬぐいが似合う気候が待ち遠しい。

Tenugui1

これもカワイイ〜!器やしゃもじ(スプーン?)などのモチーフは、木工旋盤で同じようなものを作っている私のツボを刺激するデザインです。
これは季節を選ばないので1年中飾っていてもオッケーだと思うけど、春から初夏のシフトが空いてるので、そちらを割り当てます。ブルー加減がいい!

Tenugui4

そしてこちらは京都の祇園祭りで買ってくれたそう。
手ぬぐいを開いた時に孫悟空が頭に浮かんで、私には強烈すぎる?という印象があったのですが、こうして壁に掛けてみるとなかなかイイ!黒って空間がギュッとしまる感じがします。

この手ぬぐいには解説があり、「・・・中国戦国時代・斉の孟嘗君が鶏の声によって函谷関を脱出したシーン・・・」を表現しているそう。まったく意味の分からない解説の上、読めない漢字続きだったので検索しました。読めないと、漢字をひとつひとつタイプしての検索になり面倒なので、せめて読みたかった。
こちら→函谷関の鶏鳴
これはお節句の時期なんてどうかな?

以前から持っていた手ぬぐいが数枚あるはずなのですが、見当たりません。まだ12月から3月ぐらいが空いてるんだけどなぁ。
そこで思い出したのですが、姉にプレゼントした手ぬぐいは春っぽかった。その時の記事へのリンクはこちら→手ぬぐいアート
姉の手ぬぐいは関美穂子さんデザインなのですが、久しぶりに検索したら彼女の新作(?)がたくさん出てました。どれも素敵!

img57963075

*画像はこちらのお店から拝借。

ビンテージラグをタペストリーに&アートの移動

とーっても可愛い柄のビンテージ・キリムラグを見つけました。

DiningRoom_NewRug1

サイズが微妙なので、欲しいのに敷くスペースがなく悩んでいたところ、はっと思いついたのがタペストリーとして使うアイデア。ギャラリーウォールにしたいのに、なかなか好きな絵に出会えなくて足踏みしていたダイニングの大きな壁にいいかもと思ったのです。

DiningRoom_NewRug2

もっと大きなラグ(タペストリー)でも合いそうなほど大きな壁だけど、家が小さいのにここだけドドーンとしててもね。・・・という意味で、サイズ的にピッタリな気がします。

そして、上の壁にあったアートの一部は、先日付けたスコンスライトの横へ持っていきました(↓)。

DiningRoom1

なかなかシックリ。

ゴッホとカール・ラーションの絵は、暖炉の方へとりあえず移動。こちらは配置を考えてから写真を撮ってブログに書こうと思ってるのですが、今日(3月30日)はなぜか毎年必ず思い出すゴッホの誕生日なので、なんとなく「とりあえず」な写真でもアップしておきたかった。笑

LivingRoom_VanGogh

ゴッホの絵はプレゼントだったので悩んだのですが、フレームが気に入らなかったのでちょっと前に作り直したばかりでした。

Frame

手ぬぐいアート

クリスマスは姉ファミリーのところへ遊びに行ったのですが、その時に以前私が作ったフレームが飾られているのをやっと見ることができました。

sis_house1

フレームの中は以前私がプレゼントした関美穂子さんの手ぬぐい。手ぬぐいは飾り用にプレゼントしたわけではないのですが、姉が飾りたいというのでフレームを作ることになったというわけです。
マットはフレームと手ぬぐいをお店へ持って行き、ぴったりにカットしてもらったそうです。

余談。
今日は記事があまりに短いので、ブラックフライデーセールで工房に買った木工旋盤の延長ベッドを紹介します。これで長いもの(たとえばテーブルや椅子の足など)の製作も可能になりました。うれしい。

lathe

延長ベッドを付ける前の旋盤の画像はこちら
いつか延長ベッドを買うことを考えて旋盤の台を長く作ってあったのですが、横にあったグラインダーの置き場がなくなりました。今度はグラインダー用の台を作らないと。

かべ! 〜ウォールギャラリーのプラン〜

先月買ったカール・ラーションのアートポスターには、細めのシンプルなフレームを買いました。
色はゴールド。

Art Wall in Progress
(どうしたら自分のシルエットが写らないか、あれこれやったんですが避けられませんでした。笑)

隣りの「同心」は14年ぐらい前に母が書いて、私たち2人にプレゼントしてくれたもの。ちょうど引っ越しで日本を去る時期でした。意味を説明しながら手渡してくれて、私もそのメッセージを理解して受け取ったつもりだったけど、今思えばこれっぽっちも分かっていなかったような。笑
この絵はベッドルームにかけることが多かったのだけど、この家では1番天井が高いダイニングルームの壁を「ウォールギャラリー」なんて呼べるようなスポットにしたいので移動してきました。
どんなギャラリーをイメージしているかというと、

こんなのとか・・・

こんなのとか・・・

こんなのとか・・・

Source: lonnymag.com via Motoko on Pinterest

こんなのとか・・・

こんなの。

フレームを買い替えたい手持ちのアートもあるし、これから新しく買い足したいアートもあるのだけど、「好きな絵」だけにこだわって、ゆっくり少しずつウォールギャラリーを拡大していこうと思います。

ウォール(壁)絡みでもう1つ。
関美穂子さんのカレンダーがあまりにもカワイクて、今年ももう4ヶ月終ってしまっているというのに今さらカレンダーの購入(↓)。母に転送してもらいました。

Cloth Calender by Mihoko Seki

とりあえずパントリーの横のウォールに留めてみた。

Masking-Taped Thumb Tacks

この古いスタイルの画鋲(↑)が、最近好きです。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Hello April

ハロー4月♪

大学の教室の天井からぶら下がる古臭いテレビ。
1月、家具作りに入る前のレクチャーの日々、あまりの退屈さに鉛筆でスケッチ。

カリフォルニアの公立学校は、不景気で人件費も教育費もカットされている中、Palomar Collegeは数年前にビリオナーが数十億ドル寄付したとかで潤っています。
「寄付金は施設に使うこと」という条件付きで、古いビルがポンポンと新しく生まれ変わっていて、今年はCFT(キャビネット&家具)科の建物の番。
この昭和(?)の匂いがするテレビももうすぐさようなら。
子供のころのテレビもこんなんだったな。画像がクルクル回り出すとバンバン叩いて止めてたっけ。笑

以前描いた水彩画の花の絵と一緒にスキャンして、フォトショップでその花をパターン化したあとテレビの一部にマスク。さらに文字をアニメーションでチカチカさせて遊んでみました。
今月いっぱい、サイドバーにも入れておこっ。

Hello April.

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...