造り付け本棚兼メディアセンター

先週のサンディエゴは33℃〜36℃間をさまよう暑さでキツかった。でもダーリンが単身赴任している先(カリフォルニア内)は43℃ですって!温度計の証拠写真まで送ってきました。
43℃に比べたら30℃台なんて大した事ないんでしょうが、サンディエゴではあちこちで山火事が起き大騒ぎだったんです。我が家は避難警告が出た地区からは離れていますが、それでも子供たちの学校は木曜日と金曜日の2日間閉鎖。裏から見える煙や炎が恐ろしかったです。

SanDiegoFires

さて、今学期も引き続き大学へ通っていて、受けているコースやプロジェクトのことをブログに書こうと思っていたらアッと言う間に4ヶ月が過ぎ、先週で春学期が終わってしまいました。
そして気が付いたら、Palomar College のCFT(キャビネット&家具テクノロジー)科に通いだして、丸々3年が過ぎていました。早いなぁ。

今回勉強しているのは「住宅向けカスタムキャビネタリー」の上級コース。初級コースは1年半前に取り、その時はパントリーを作りました。
今回はリビングルームに造り付けの「本棚兼メディアセンター」作りに挑んでいるのですが、寸法を測ってデザインを考え、材料の計算をするだけで1学期終了。それなりの決断力と行動力は持っていたはずなんだけど、衰えるどころか近年は優柔不断気味。

しかも。上部になる本棚は天井まで届くタイプのを作りたいのに、最後の最後までデザインが定まらず。いくつかアイデアはあるのだけどコミットできないので、下部ができ上がってから考えるということにしました。
そんなんじゃこのコース落第しちゃったんじゃないの?って話しですが、初級コースを取って以来様々なキャビネットを作っているので、先生には証拠写真を見せて、私を落第させない約束済みなのです。笑
この時ばかりは「リモデルが必要なボロ屋で良かった。」なんて。

今回は見ているだけで惚れ惚れしてしまうホワイトオークを使います。
ホワイトオークって木目が強烈な部分もあるんだけど、どことなく静かで品があるように見えます。色も同様。でも木のぬくもり感はしっかり備えていて大好きです。

bookshelves1

お値段ですが、べらぼうに高いと言う訳じゃないけどそれなりに高いので、カットするのにドキドキでした。しかもガリガリに硬いので、テーブルソーから飛んでくる木屑が痛いんです。

bookshelves2

ドアや引き出しで隠れてしまう部分はメープルで作り、組み立てが終わった2箱はこんな感じ(↓)。

bookshelves3

高さ調整可能な足を付けるのですが入荷に時間がかかっているので、上の写真の2箱は置いてあるだけでインストレーションはできていません。

左にずらしておいてあるのが、10年ぐらい使っている日本製のテレビ台。数日前にCraigs list に載せてみたんだけど売れない〜。9万円だったんだけど、$50ぐらいにしなきゃ買ってもらえないのかな。まだまだいい状態なんだけど。

そしてその裏に見えるのが玄関。アメリカにありがちな「ドアを開けたらババーンとリビングやダイニングが丸見え!」なレイアウトなので、今回作っている造り付けの本棚兼メディアセンターは壁から出っ張るようにデザインし、目隠し効果も備えております。

ビルトイン用引き出し作り/陸上大会の記録

先週はビルトイン(造り付け)用キャビネットの引き出しを作りました。

Hall Bath(子供たちのバスルーム)のバニティー(洗面台)に3コ。リネンクローゼットに3コ。そしてMaster Bath (マスターバス)のバニティーに1コ。全部で7コの引き出しを一気に製作です。

リネンクローゼットの引き出し
リネンクローゼットの引き出し

廊下の突き当たり(末っ子の部屋の目の前)にある小さなリネンクローゼットに、早速作った引き出しを入れてみました(↑)。

去年5月の家のプロジェクトなどという記事にも載せましたが、古いクローゼットを壊し、新しいクローゼットの本体を入れた時はこんなでした(↓)。

今回はメープルのプライウッドで作った引き出しに、わざとウォルナットのダボを入れてコントラストを付けてみました(↓)。

リネンクローゼットの引き出し
リネンクローゼットの引き出し

さて次は引き出しのフェイスと、このクローゼットの上部用ドアを製作予定です。
近い内に完成図をアップできるよう頑張ります。

余談。
今週末は息子の陸上大会でした。
サッカーのオフシーズンの体力作りとして陸上クラブに入ったのですが、毎日の厳しいトレーニングにもめげず、一生懸命頑張っています。

陸上大会
陸上大会

ちゃんとした陸上大会は初めてだったのですが、サッカーの試合と違って会場にいる時間が長い!トータル10時間いたので、7歳児の末っ子は文句タレタレでした。暇つぶし対策を練らなくちゃ。

陸上大会
陸上大会

クラブの先輩と(↑)。

400メートル走での息子(写真下右↓)。

陸上大会
陸上大会

コーチのお陰で、運動音痴な私でも一目見て分かるほど、走るフォームがキレイになってきました。でもカーブではもっと内側に倒れろとか、レーンの内側の線に沿って走れとか・・・反省点がいっぱいだったそう。
が、結果は400メートル走年齢別で1位。
200メートル走は2位。

陸上大会
陸上大会

200メートル走の後(↑)。コーチに指示を受けるの図。

1600メートルリレーにも出場予定だったのだけど、大会が長引き過ぎてキャンセルになってしまいました。上の写真、薄暗いでしょう?日が落ちて、ほとんどの人がいなくなった頃にやっと200メートル走だったんです。息子本人は朝7:30にチェックインしてからなんと12時間!
夏まで続く陸上シーズン。私たち応援組もエネルギー付けないと。

マスターバスの壁紙

マスターバスの壁紙。
や〜っとステキで気に入るウォールペーパーを見つけました。

つばめと雲がモチーフの「Daydream」という壁紙です。

上は1週間ほど前にインスタグラムへアップした画像で、夜に電気を付けて撮影したので色が正確じゃありませんが、とりあえず。

バニティを手作りして設置し、マーブルのトップをインストールしてもらったのが去年の3月。
なかなか気に入る壁紙が見つからなかったのですが、とりあえずドライウォール屋さんに壁を壁紙用に整えてもらったのが7月。
ずいぶん時間かけてしまったけど、頬を壁にスリスリしちゃいたいほど気に入ってるので探し続けた甲斐がありました。

実は去年の夏頃、この壁紙を使ったインテリアの画像がPinterest で流れてきてピンをしたのです。その時もカワイイと思ったのですが、我が家に使おうとは考えもせず・・・。
その画像がこれ(↓)。

bird wallpaper
Bird Wallpaper

Boston マガジンの「Let There Be Space」より

今年になり同じ画像をまた見かけ「これだ!」と思ったので、ひとめ惚れじゃなくてふため惚れってところでしょうか。

壁紙はイラストレーターのJulia Rothmanさんデザイン。
Hygge & West のJulia Rothman さんのページから購入できます。

ちなみに、うちのマスターバスに使ったシンプルなライト(一番上の写真)はLamps Plus のGold 20″ Wide Bathroom Light Fixture by George Kovacs
リンクを貼るのに探したら、私が買った時よりも20ドルぐらい安くなっててガッカリ。

マスターバス、完成までまだまだ続きそうです・・・。

クローゼットの修理

ダイニング横にあるクローゼット。

fixed closet after water leak
水漏れでダメージをうけたクローゼットの修理

何事もなかったように見えますが、何事もなかったような状態になるまで時間がかかったので記録に残します。

入居してすぐ(2年4ヶ月前)、水漏れでこのクローゼット周辺の壁が濡れてしまい、下から60センチぐらいのドライウォールを取り替える羽目になりました。
クローゼットの外側の壁は大分前に直したのですが、内側は反対側にあるバスルームのリモデルのために開けておいた方が便利だろうということで、しばらくそのまま。やっと修正作業に取りかかったのが去年の10月。

fixing closet
水漏れでダメージを受けたクローゼットの修理

上の写真がその時のもの。末っ子におせっかいな指示を受けながら壁をはめ込むダーリン。現場監督気取りはママの真似でしょう。笑

チャチャチャッとテキスチャー付けてペンキ塗って終了かと思ったら、ダーリンまさかの放置。テキスチャー(joint compound)が上手くいかなくて息子を使ったりしてましたけど、その後また放置。待てど暮らせど進める様子がなかったので、しょうがなく私が毎日チミチミと進めて仕上げました。
ドアまわりのフレームも、ベッドルームのドアフレームに合わせて取り替えましたよ。
家中の壁にノックダウンというテキスチャーが付いているので、新しくした壁部分のテキスチャーがマッチしないのが正直ひっかかるのだけど、とりあえずクローゼットが完成してホッとしています。

話し飛びます。
先週末は息子のサッカーのシーズンフィナーレ的なトーナメントで、車で2時間半北上するApple Valley(アップルバレー)というタウンへ行きました。

apple valley, ca
Apple Valley, CA

High Desert と言って標高が高い砂漠エリアで、慣れるまでは耳が痛い。
上の写真はサッカーフィールドのちょっと先で、モコモコの後ろにコヨーテ家族が潜んでますよ。

apple valley, ca
Apple Valley, CA

ホテルを取らなかったので2日間通うのがキツかったけど、初めて行く土地というのは景色が楽しい。昔観た映画「バグダッドカフェ」の I am calling you ♬ がリプレイで頭の中を流れ、砂漠気分に浸りました。

これにてサッカーシーズン終了。息子はクラブサッカーは今年初めてで(過去4年間はAYSO = American Youth Soccer Organization)、目の回るスケジュールに嫌気がさした時期もありましたが、終ってしまうと何だか寂しいかな。
サッカーのオフシーズン中は本人希望で陸上クラブに入り、すでに練習の日々が始まっています。

ホームショップ作りの続き 〜パート2〜

先週は体調を崩して予定が全滅でした。
今週も引き続き鼻をかみ続ける日々だけど、ブログ復活。

もう先々週の話しですが、ガレージの木工作業場専用にサブパネルブレーカーボックスを足してもらいました。今までのパワーだと使用中の機械が止まってしまったりしていたので、パワーアップ。

写真右側の壁に写っているのが、そのブレーカーボックス。
ブレーカーボックスカバーが付いていないのは、壁材のインスタレーションで邪魔になり一時的に外しているため。この壁が以前の記事「ペグボード・インスピレーション」に書いた、一面ペグボードでど〜んよりだった壁です。普通はガレージの壁もドライウォールでできていることが多いと思うのですが、そうするとコストも時間も大幅に上回るので、パイン材パネルにしました。風邪で作業お休み中ですが、私がサイズを測って切り、ダーリンがはめ込んでネイルガンで留めていくという簡単なDIY作業です。(息子はいつも通り、一番大変な雑用係り。)

それと木材用の収納ラックを付けました(写真上の壁左半分)。
これを付けるまでは、長い木材をまとめてガレージのフロアに横にしておいたので何度つまずいたことか。収納を壁に付けることで作業エリアが広くなったことは言うまでもないですが、一目瞭然で手持ちの木材が分かるようになりました。スッキリしたスペースが何だか嬉しくて、収納ラックを見てニタニタしています。整理整頓ってやっぱり気持ちいい。(この気持ち、すぐ忘れてまたすぐゴチャゴチャになっちゃうんですけどね。笑)

lathe in my home studio/woodshop
Lathe in my home studio/woodshop

上の写真はキャビネット側の壁です。ここにも1枚だけペグボードが貼られていたので、それも外してパイン材パネルに。ここにもコンセントを足してもらい、とりあえず旋盤エリアとしました。機械の配置は使い易さを考えながら変えて行くかもしれないけど、とりあえずいい感じですよ。

次にやらなくちゃいけないのは、パイン材パネルの端の始末など。天井とのすき間にはモールディングのような物を作って埋めようと思っています。壁内へのアクセスが必要で、パイン材を付けれなかった部分もいくつかあるので、それらのカバーなども作って設置しないと。

下の写真はThe Design Chaser より。パイン材パネルのインテリア。

パイン材パネルのインテリア
パイン材パネルのインテリア

パネルと白い壁のバランス、憧れの梁、そして調和の取れたスタイリングがホッとするせいか(?)、初めてこの写真を見た時は釘付けでした。うちのガレージの壁も、時と供にパイン材の色に深みが出てくれるといいな〜。
*この方のインテリアをくまなく見たいという方は、上のリンクからどうぞ。

余談ですが、我が家はランドリーがガレージにあると言う絡みで、洗濯洗剤の話しをちょっと。
この間Made in Canada のランドリーソーダを買ってみたんです。

LaundrySoda

Nellie’s All Natural という会社のもので、評判が良かったので安心して買ったのですが本当に汚れがキレイに落ちる!
オール・ナチュラル洗濯洗剤で、缶のパッケージはリサイクル。「動物実験もしません。」と書いてあります。
いつも使っている洗濯洗剤より少々高くなるのだけど、子供たちの服の襟や袖口がスッキリして、これだけ世の中のことを考えてくれる洗剤なら安いもんです。しかもこのおばさん(Nellieさん?)のパッケージがかわいい♪
この会社の他の商品も近々試してみようと思います。ちなみに私はCrate and Barrel で買いました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...