ビンテージミラー

etsy で買った小さなビンテージミラー。

前に自分で作ったパントリー件食器棚にしているキャビネットの横にかけました。
この壁には以前ハンドメイドした鏡をかけていたのですが、増築工事のために外し、他の物と山積みにしていたせいかヒビが。

私は賃貸に住んでいた頃からの習慣で、キッチン周辺の壁に必ず鏡を確保します。
と言うのはいきなりピンポーンと誰かが来た時に、ドアに出る前に顔をチェックしたいから。とてもじゃないけど人に見せられる姿じゃないときが多々あるので。笑

鏡の後ろにはフックも何も付いていなかったので、もしかしたらバニティとかお化粧台に置いておくトレーなのかも。壁にかけるのにどうしようかと解体しながら考えた末、ピクチャーフレーム用フックをエポキシ糊でくっつけることにしました。解体する必要がなかったことになります(笑)。せっかくなので解体しなければ拭けなかった部分とか綺麗に拭いてから戻しましたよ。

こういう小さなネイルを打つ時は、以前自分で作った小さなハンマーが役に立ちます。軽いし、小さな力が完璧なんです。

今年のサンディエゴの冬は寒くて雨が多く、ここ1週間なんて大雨、今日はひょうも降りました。
寒いの苦手だけど、初年度から薪ストーブが大活躍!今年は増築工事で出た材木や、私のガレージ工房の端材、そして近くのセブンイレブンで無料でもらえる大きな木のパレットで、薪は買わずに済みそうです。

スクラップ材でまな板/etsy/英語サイト

過去のいろいろなプロジェクトで出た端材が山のようにあるのですが、その中からある程度の長さがあるものを見繕ってまな板を作りました。

WalnutCuttingBoards

上の写真はウォルナット製で、約7X10インチ(17.5X25.5センチ)。以前友達からオーダーを受けて作ったまな板が使い易いサイズだと嬉しいメッセージをもらったので、近いサイズにしてみました。友達のには穴を入れましたが、今回のは穴なし。でも同じTongue & Groove スタイルです。
一緒にオーク製の一回り大きいまな板も作ったのですが、できあがってすぐにお嫁に行ったので、写真が撮れませんでした。

etsy

私の木工品なのですが、etsy でちみちみと売っています。
品数が少ないので、在庫をある程度に増やしてからブログでお知らせしようと思っていたのですが、ソーシャルメディアへ木工品をアップすると直接オファーをもらったり、ご近所さんや知り合いに買ってもらったり、単純に私の製作がスローだったり(笑)で、なかなか品数が増えません。でもいつかは自分のサイトにショップ機能を付けたいなんて思っているので、今年は夢へ向かってグングン前進できるようがんばります。
サイドバーにリンク画像を貼りましたが、上の写真もリンクしています。それとこちらも→ motokoworks.etsy.com
お時間あるときに覗いていただけるとウレシいです。
「こんな感じのこんな物が欲しい!」というカスタム注文も受け付けています!

motokosmith_English

それとプログラマー時代に取得したサイトがあり、そちらは英語サイトにしています→ motokosmith.com
ブログ形式ですがギャラリースタイルで、ホームページを開いた時に多くの作品画像を見てもらえる様にしています。パッと見渡せるピンタレストやタンブラーっぽいサイトは、見に来てくれた方にも面倒がないんじゃないかな〜?なんて思ったりもして。

先日このブログのテーマ(テンプレート)の新バージョンが出たのでアップデートしたら変になってしまったことがきっかけで、「とりあえず見苦しくない程度に・・・」と直している内に「etsy ショップと英語サイトもお知らせしちゃえ!」という勢いがついてしまいました。

可愛いビンテージマグと大好きなマフィンでお茶

ビンテージだと思われるマグカップのセットを買いました。栗原はるみのレシピで大好きなマフィンを作り、紅茶もいれてワクワクなティータイム。

My New Vintage Mugs

究極に美味しいマフィンは、すてきレシピの2000年春号(ナンバー15)の44ページより。すてきレシピは最後まで購読していましたが、写真と文章を読んで満足してしまうことが多く、実際にレシピを参考に作ったお料理は少なかったです。このマフィンは姉が最初にトライしてとても美味しいことを発見し、私も作るようになりました。中にはクリームチーズとジャムを入れる濃厚マフィンで、アメリカ人にも大人気!

マグカップはetsyで。無名ブランド品で、単純に柄が気に入って購入。
2個セットで14ドル。同じカリフォルニアのセラーだったので、前もって連絡したら送料を半額にしてくれました♪

My New Vintage Mugs

イラストもデザインもカワイクて、テンション上がるなぁ♪
Stacking(重ねれる)マグなんです。

My New Vintage Mugs

分かっているのは日本製ということのみ。あとはS.Iというマークが底に付いてます。
色違いとかデザイン違いがあったら欲しいのですが、どなたかこのマグを売っている(売っていた)会社名を知ってる方はいないでしょうか。

アンティーク、ビンテージ、ユーズドなどのいわゆる中古品はほんの数年前まで苦手だったのですが、最近は「カワイイ♪」と思う気持ちが勝って買うことがあります。
でもビンテージの食器など見つけて、「どうしよ〜。」とか「この値段は妥当なの?」なんて悩んだりしているうちに誰かに買われてしまうのがほとんどなので、なかなか増えないですけどね。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

etsyで購入したビンテージ布でトートバッグ作り/Mod Podgeでタグ作り

etsyでVintage 1950s 1960s Schwartz Liebman Textiles Geometric Hearts Fabric calicoという1950〜60年代のビンテージ布を購入しました。

Vintage Schwartz Liebman Textiles Geometric Hearts Fabric

Schwartz Liebman Textiles という生地の製造メーカーは初耳でしたが、検索したらetsy やebay で売られているビンテージ布がぞくぞく出てきました。この会社のウェブサイトが見つけられなかったので、もう閉ってしまった会社なのかな(?)。

もともとクッションを作るつもりで買ったのですが、春を感じると発色のいい春色クッションが欲しくなってしまったので予定変更。またまたトートバッグになりました。私の周りのアメリカ人は、こういうシンプルなトートを「ブックバッグ」と呼ぶ人が多いです。

Linen Tote Bag
(アイロンかけないと。笑)

マスタード色のリネンと合わせたら、秋を感じさせるバッグに。笑

布が1ヤード(約90センチ)だったので、バッグを2コ作ろうと思ったら自然とファイルや本類が入るちょうどいいサイズになりました。まさに「ブックバッグ」。
今回なんとなく型紙を作って挑んだら、出来上がりも気分もスッキリ。やっぱり準備って結果に出るな。

内ポケット付けました(↓)。

Linen Tote Bag

製作中の2コ目のバッグには、ひし形にカットしたビンテージ布アクセントを縫い付けたのですが、折り込んでいないの分かりますか?

Tag on Bag

布の周りを折って押さえ縫いをしないとポロポロとほどけてしまう心配をするところですが、Mod Podgeを使って処理したので、市販のタグのようにそのまま縫い付けてもほつれません。
私が使ったのはMod Podge Gloss。デコパージュ用で他のクラフトプロジェクトに必要で買ったのですが、ノリとフィニッシュ(クリアコート)の二役をこなす優れもので、何にくっつけてもオッケーという性質からタグ作りを思いつきました。PLAIDという会社が製造していて、クラフトストアなどで手に入ります。

Mod Podge

使い方は、期限切れのクレジットカードやメンバーズカードなどを使い、布の裏側にMod Podgeを適量まんべんなく伸ばし数時間乾かすだけ。布がパキッと固くなります。(布の表側にも塗ってさらに固くパリッとさせることも出来ますが、微妙に布の色が濃くなります。)

Tag Made with Vintage Fabric - front & back

布の裏側に薄い透明のフィルムがついているような光沢がでて、まさに市販のタグやアップリケのような仕上がり。
布は実際のサイズより少し大きめに切り、Mod Podgeを塗って固くなった後にピッタリのサイズに切ると、紙を切っているかのようにキレイに切れます。
これをバッグなどにそのまま縫い付けて、ほつれの心配なし。

もうすぐ子供達が春休みに入るので、本来のデコパージュ用としての使い方も一緒に試してみようかな。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

ビンテージ・リンカーン大統領のコロンボトルな置物

今年中学生になる息子が、リンカーン大統領のファンです。
オバマ大統領の話しをしていても、ワシントン大統領の話しをしていても、もしくはラッシュモア山の話しをしていても、
「どの大統領の話し?エイブラハム・リンカーンはね・・・」
とウンチクスイッチがオンになり語り出す息子。
小学校低学年の歴史の授業でリンカーン大統領のことを学んで以来すっかり虜になったらしく、ここ数年、私たちはリンカーン大統領ストーリーを幾度となく聞かされています。しかも学校の授業や図書館の本で新たなリンカーン情報をゲットすると、ウンチクが長くなるんです。熱心に語る姿は可愛いのですが、ちょっぴりウザイこともあるかな。笑

ただリンカーン大統領でもワシントン大統領でも、得意に語れることはおおいに応援したいのでリンカーングッズを探していたら、こんな物に出会いました。

Lincoln

1970年代にAVONから発売されていたリンカーン大統領型コロンボトルを、ピンクに塗りまくって置物に変身させたもの。またまたetsyでの買い物です。
こういうアイテムを英語ではUpcycle(アップサイクル)されたものと言います。

ファイアープレイスのタイル探し中記事を書いて以来ファイヤープレイスのプロジェクトは全く進んでいませんが、このリンカーンはいずれマントルの上に飾ろうかなと思っています。
玄関を入ると、ファイヤープレイスはすぐ目につく位置にあるので、これでお客さんが来るたびに「リンカーン!」となり、息子にリンカーンを語れる機会が増える狙いです。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...