手作りベッド完成

長女のために作ったベッドが完成しました。

Handmade Bed for My Child

ベッドにペンキを塗る前の画像は、先月の記事(いただきもの手作り木工風鈴/手作りベッド)でアップしています。

4つ角はBed Rail Fastner(ベッドレールファスナー)というハードウェアで組み立てるタイプのベッドにしたので、木工作業はあっと言う間でした。
問題はその後。タイル屋さんにガレージを陣取られてフィニッシング作業ができなかったり、忙しかったり、気がそれたり、かったるかったり・・・で、ペンキ塗りをするまでに1ヶ月もかかってしまいました。

ペンキの色ですが、くすんだグリーンを長女に提案したところあっさり了解。なかなか難しい年頃で、好みとかも親が知らないうちに変わっていたりするので、どんな返事がくるかと思っていました。今回は「I love this green!」だそうです。良かった。

Floetrol

ペンキにはFloetrol を足してます。(ホコリだらけボトルの写真でスミマセン。)ペンキの10%ぐらいの量を入れてよく混ぜます。ブラシの線などが残らないようにする優れもので、薄め液の仲間です。もちろんスプレーしたペンキのキレイさには勝てませんが、Floetrol を使ったときの違いは一目瞭然。

全体的に角張ったベッドなので、足だけちょっぴり斜めにカットして柔らかみを付けてみました。分かるかな?

Handmade Bed for My Child

ベッドの内部が上の写真にちょっぴり写ってますが、マットレスを支えているのはパイン材12本。ダーリンが「寝てる間に折れて落っこちそう。」って言うんです。私は大丈夫だと思うのですが、まぁ落ちたところで床まで20センチ。長女は頑丈にできてるので、サバイブするでしょう。
万が一壊れたら、ご報告しますね。笑

長女が赤チャンのころから使っている家具セットのナイトスタンドを横に置いてみたら、大きくてヘッドボードが隠れちゃいました↓

Handmade Bed for My Child

でもナイトスタンドが大きいんじゃなくて、ベッドが小さいんです。窓枠にヘッドボードがぶつからないようにとか、腰が掛け易い高さがいいなとか、いろいろ考えて小さめ(低め)にしました。部屋も小さいのでちょうどいいのですが、ナイトスタンドとの兼ね合いは考えなかったー!次は小さめのナイトスタンド作り?笑

Handmade Bed for My Child

マットレスはIKEA。IKEAのマットレスってどんなものかと思ったのですが、本人は「気持ちいい♪」って。一番硬いのを選んだのですが、それでも柔らかいです。どんなマットレスでも体が痛くならない子供が羨ましい。
シーツセットもIKEAです。

次は壁にステンシルで色づけして華やかにしたいなと思っています。壁にテキスチャーがあるので、壁紙はちょっと難しいかなと思うんです。
入居した時に一番酷い状態だったブルールーム。スローだけど少しづつ見違えってきたでしょう?過去のブルールーム関連の記事はこちらからどうぞ。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...