イギリスのハンドメイド雑誌「Mollie Makes」

このブログの右側サイドバー「♡ハッピーになれるビデオ」欄にもある(3月現在)、「Mollie Makes: For people who love the crafty life」のビデオ(↓)。

去年tumblrで見つけて以来、あまりの可愛いさにハマってしまい繰り返し見たビデオなのですが、しばらくしてからイギリスのハンドメイド雑誌「Mollie Makes」の宣伝用ビデオだということに気が付きました。(最後に雑誌と供に “On Sale Now Subscribe Today” と出るのに、目に入っていませんでした。恥)
この雑誌、ヨーロッパの人たちのブログにちょくちょく現れたり、etsyのブログで紹介されたりして気になっていたのです。
そうと分かったら早速オーダー!
注文して5日後に発送されたようなのですが、それからカリフォルニアまで2週間もかかり・・・。楽しみにし過ぎたのか、メールボックスを見に行った時のガッカリ感が毎日激しく、やっと届いた日には嬉しいやら疲れたやら。笑

私が買ったのは、フェルトクラフトが特集されていたバックナンバーのIssue 4と注文の時点で最新版だったIssue 10。
毎号表紙は「手」の写真と決まっているようです。

Mollie Makes Issue 4 and 10

まずはIssue 4。フェルトで作るネックレスキットの付録付きでした♪

表紙のフェルトスイーツの作り方はもちろん、手芸アイデアや物作り好きさんストーリー、インテリア写真、商品情報などが盛りだくさん。

Mollie Makes Issue 4

この号は偶然にも、デザイナーのCatherine Hammertonさんが載っていました。
去年大学でインテリアのクラスを取った時にネットで彼女のインテリア&仕事スペースの写真を見つけたのですが、白ベースにカラフルなアイテムが散らばる空間が気に入って、インテリアの分析プロジェクトにリフェレンス画像として使ったほどだったのです。

Catherine Hammerton @ Elle-Decoration-April-2010-2
(Catherine HammertonさんのウェブサイトのPressから、彼女のMollie Makesページが見れます。)

毎号最後のページはクリエイティブ系のお仕事をしている人たちのスタジオを取りあげる My Spaceセクションになっているようです。人のデスク周りや作業場って気になるので、こういうページ大好き!
Issue 4の My Spaceはファブリック・デザイナーのAnna Maria Hornerさんのスタジオでした。ちょうど数週間前にキーストラップを縫うとき、トリム探しで彼女の存在をしったのでした。またまた偶然。

Mollie Makes Issue 4

そしてIssue 10。編み物やクリエイティブカップルのビジネスストーリーがメイン。
下の写真はホームツアーからのページ。左のデンマークチックな家具が欲しい。

Mollie Makes Issue 10

可愛いタトュー風刺繍(↓)。もちろんテンプレートと刺し方も載っています。

Mollie Make Issue 10

結論 → Mollie Makesおススメです!
作り方、アイデア、クリエイティブな人たちのストーリー、インテリア、商品&お店情報が程良いバランスで載っていて楽しい雑誌です。自称Pickyな(好みがうるさい)私でもハナマルをあげたいバランス。強いて言うなら「あっと言う間に読み終わっちゃうから、もうちょっと厚くして。」なんて思いますが、広告ばかりで厚くなっている雑誌は勘弁だし、年12回でなく13回発行しているのでちょうどいいのかも。
ハンドメイド派でない人も、眺めているだけで楽しいアイキャンディー雑誌だと思います。
私は購読決定!次号が届くのが楽しみです。
お気に入りのAnthologyですらまだ購読してないのに・・・。

私は手に取って読みたい派なので購読しましたが、デジタル版も出てますよ。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

感謝祭/雑誌「Better Homes and Gardens」/オンラインマガジン「Sweet Paul」

今日アメリカはThanksgiving Day(感謝祭)です。
我が家では朝からちょっとしたドラマがありましたが、なんとか乗り越えてまったりとしたランチタイムを迎えております。

感謝祭近くになると「What are you thankful for?」なんていう文章をよく目にするのですが、毎年やっぱり感謝することは、ありきたりだけど家族みんなが健康でいるということ。
でも今日は特にダーリンに感謝。
毎年ホリデー料理担当のダーリンが感謝祭に勤務になってしまったので、「じゃ、今年はファーストフードでランチして、適当に過ごす。」なんて冗談半分で言った私の発言を真に受けたのか(?)、出勤前に感謝祭のご飯を作り、手があいた隙間にはグリーンルームのペンキ塗りを進めて、朝の家族のドラマもサラッと対応してくれたことです。
マイホームに入居してから家のプロジェクトでイライラしていた私だけど、常に家族の為に頑張ってくれるダーリンには頭が上がらない。(←「この発言撤回!」なんていうイライラがまたすぐ起きたりするんだけどね。笑)

さてやっと本題。
好きな雑誌の一つ、Better Homes and Gardens
その名の通り、家と庭がメインの雑誌です。
どっぷりアメリカンスタイルなので、私好みのインテリアってわけではないですが、情報満載で「試してみたいな〜」と思うアイデアが雑誌のあちこちに潜んでるんです。

12月号は、ホリデーシーズンのデコレーションアイデアがメインでした。

Better Homes and Gardens

私がとくに気に入ったのは、Paul Loweさんのブルーをテーマにしたデコレーションアイデア。

Better Homes and Gardens

我が家のデコレーションもしたくて、ムズムズしてきちゃいました。
でも、リモデル中の我が家は物がごった返していて、デコレーションのスペースがないし、飾ったところでホコリをかぶるだけ。

さてこのPaulさんという方ですが、ノルウェー出身のニューヨーカーで、スタイリスト兼クラフター。Sweet Paulというブログを書いてるのですが、彼はブログだけにとどまらず、無料のオンラインマガジンも発行しているんです。今回のホリデー号はなんと172ページ!
画像クリックで、Sweet Paulマガジンのそれぞれのページにジャンプします。

Sweet Paul Magazine

Sweet Paul Magazine

すごいボリュームでしょ。とても個人が作っているとは思えない。
Paulさん出身の北欧の匂いがプンプンして(行ったことないですが。笑)、夢見心地気分でページをめくるんです。
画像を見てるだけでも楽しいのに、クラフトアイデアも満載で、もうそれはワクワクドキドキなマガジンなんです。
「いつか作るぞ!」と勝手に誓ったのが、ドイリーで作るランプシェード(下の画像)。こちらは秋号でした。

Sweet Paul Magazine

雑誌は手に取って楽しみたい派なのでプリント版を買いたいのですが、26.55ドル。うー、結構高いのね。涙
デジタルで楽しみます。
よろしかったらどうぞ♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...