生き返ったワイルドファイア

玄関前のワイルドファイア(バラ↓)。

増築の下水をつなげる際に邪魔になり、隣りにあったブラックマジックはサヨナラする羽目に。上の写真のワイルドファイアもダメージを受けたらしくボロボロになり、枯れちゃうんだろうな〜と思っていたのですが、2週間ほど前に新しい葉がつきだし、みるみるうちに元気を取り戻しました。雨のおかげかな?花もいくつか咲かせています。ウレシい〜!

上は今は亡きブラックマジックの写真で、以前の記事より。黒みがかった赤いバラって毒々しいけど好きだったんだよな〜。涙

今年の冬は寒いので薪ストーブが早速大活躍し嬉しいのですが、日中家に1人だけのときなどに薪ストーブを使うのはもったいないということで、この灯油ストーブをゲット。これも重宝しています。灯油は1ガロン2.5ドルぐらいで9〜12時間もつので、1日に1時間の使用で2週間近く。増築したスペースのフロアタイルが冷たいので、朝のキッチンにも大活躍です。

訂正:「灯油ストーブのキャパが2ガロンで、満タンにすると9〜12時間もつ」の間違いでした。

Save

突然現れたバラ

今春は玄関先のバラの真横に、見たことがないバラが咲きました。

rosa moyasii

かなりの量の花を咲かせて綺麗だったのですが、撮った写真(↑)は既に枯れだした時のもの。途中葉の裏にオレンジ色の粉がびっしりと付きだして、あっという間に黄色く枯れていきました。これはどうやらorange aecia(日本語ではサビ病かな?)という病気っぽいです。

このバラは植えていないので、なぜ突然咲き出したのか分からないのですが、Garden Answers Plant Identification というiPhoneアプリにバラの写真をアップロードしてみたところ、似たような花を咲かせる植物が8種類出てきました。その中から葉の特徴や説明が当てはまるのが3つ→Rosa Moyesii、Carolina Roses, Arkansas Rose、のどれかのようです。

BlackMagicRoses

上の写真は毎年楽しみにしているブラックマジックローズ。でも今春は去年の半分ぐらいしか咲きませんでした。突然咲いた上のバラの根っこがブラックマジックの根っこにギューギュー詰め状態で真横から出ているので、栄養を取られちゃったのかな?と思ったりしてます。

余談ですが、1年ぐらい前にどこかのお花屋さんからのEメールで、Craftsy の無料で見れるランドスケープのクラスのお知らせがありました。

Crafty_TransformYourGardenDesign

Transform Your Garden」というクラスで、最近になってやっと見たのですがとても良かったです。Rebecca Sweet さんという方が先生で、植物の色合い、テキスチャー、形、サイズなどの組み合わせ方をとても分かりやすく説明してくれています。
日々忙しいと、「無料」商品やサービスに対しても、それに時間を費やすことが高くつくような気がするのですが、これはコンピューターの前に1時間ちょっと座って聞く価値がありましたよ。学んだことをちゃんと使えるかと聞かれたら自信ないですが、ランドスケープ/ガーデニングに興味のある方にオススメです(英語です)。

物置小屋プロジェクト 〜後編〜

ペンキ塗りが億劫で、何ヶ月も放ったらかしたままの物置小屋にやっとペンキを!

StorageShed

数週間前に末っ子が「小屋にペンキ塗るときは、私にもやらせてね。」と突然。手伝ってもらえるならばと重い腰を上げ、先週の学校の春休みに一緒に塗りました。

StorageShed1

でも終わらないまま春休み終了、、、。
塗り終わったのは正面だけで、横や後ろはまだ中途半端な状態です。塗る面積が広いので、なかなか思いどおりに進みません。しかも明日から4日間の雨予報。もう我慢できなくなり、ブログ記事にしている次第です。

StorageShed2

ドアも安価な材料でざっくり作り、黒く塗りました。ドアノブやロックはまだ見つけていません。
このドアの上に小さいオーニング屋根かひさし屋根を付け足したいということになり、完成に近づいてきたと思った途端に、また作業が増えるしまつ。あとドアの手前に1段ぐらいステップがあったらいいねーなんてことも話したり。将来的には周辺の地面も整えていきたい。DIYって本当にキリがないのです。

StorageShed3

とりあえず正面のペンキを塗ったことで、やっとフックとソーラーパワーの瓶ライトを取り付けることができました。フックは去年のブラックフライデーセールで、Pottery Barnから購入。商品のリンクはこちら→Wall-Mounted Lantern Hooks。瓶のライトはHome Depot で買ったMalibu という会社のSolar Powered Mason Jarというものなのですが、今はもうリンクがなくなっています。売り切れか、取り扱いをしなくなってしまったのかな。残念。

StorageShed4

上は息子の部屋の網戸ごしに撮った写真です。
毎晩暗くなると同時に瓶ライトが光りだして、なかなかキレイなんですよ。夜になってから小屋に用があるときは、ひょいっと瓶ライトをフックから取り外して中へ持って行けば、十分に照らしてくれるので重宝しています。

物置小屋プロジェクトの記事へは、下のそれぞれのリンクからどうぞ。

物置小屋のDIY
物置小屋プロジェクト 〜前編〜
物置小屋プロジェクト 〜中編〜

今春のワイルドファイア

今年もワイルドファイア(バラ)が元気に咲いています。

WildFire1

第1弾(?)のバラたちはすでにほぼ咲ききっていて、枯れて落ちたか、落ちないのは切った状態。一部残りと、今は第2弾の蕾が少しずつ開きだしたところです。蕾を数えてみたら20コ以上あるので、近々もっと賑やかになりそうです。大した世話もしていないのに、去年より多く花がついてウレシい♬

WildFire2

過去記事を探してみたら、去年のアースデー(4月)にトレリスを設置していました。その時はこんなスカスカ状態(写真下↓)。

Roses_Trellis3

こうして成長を比べてみると、もっと愛着が湧いてきます。

WildFire3

物置小屋のDIY

ダーリンが子供達を呼んで、古くて汚くて今にも倒れそうな我が家の物置小屋を解体してました。

Shed_1

ビフォー写真を撮りたかったのに、私が気がついた時にはほとんどの壁がなくなっていてガッカリ。

book_sheds

早く新しい小屋が欲しくて、去年のクリスマスに写真上の本「Sheds」をダーリンにプレゼントしたのですが受け取ってもらえず・・・。そのわりにはやる気になると、私に「始めるぞー!」もなく始める人です。

ぐわんぐわんしていた床を取り払うと、丸いテーブルトップのようなものが(↓)。

Shed_3

この丸い物はじつは蓋で、開けたら地面にぽっかり穴があり、そこに見たくないものがあったら怖いね・・・と想像を膨らませてたのですが、ただの地面でした。

Shed_4

サンディエゴ市のウェブサイトによると、120スクエアフィートまでの小屋は無許可で建てていいとのこと。12x10フィートにしてしまうと家とのスペースが少し狭く感じると思うので、15x8フィートぐらいで長細いのを建てようと話してます。
解体した小屋の材料で利用できるものは再利用して、まずはプランと買い物!

余談:
友達親子と私と息子、そしてサンディエゴのサッカー専門店のオーナーさんと5人でFC Barcelona vs LA Galaxy の試合を観に行ってきました。

fcbarcelona_rosebowl

チケット代高かったのに、メッシとネイマールが来なくてガッカリ。でも「さすが!」なプレイを観れました。ソールドアウトのRose Bowl スタジアムのオーディエンスは93226人。クラっとするほどの人混みでした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...